Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.06.18 02:51
記者会見
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」

セルヒオ・ラモスが17日の退団セレモニー後、レアル・マドリードの選手として最後の記者会見を実施した。

期限切れ
様々なことがあったし、それは人生で起こり得る状況だ。僕は全くマドリーを離れたくなかったし、それが僕の希望だった。僕たちが優勝したロックダウン下のリーガに遡らなければならない。あの後、クラブが僕に契約延長のオファーを提示してきたが、新型コロナウイルスの影響で立ち消えたんだ。その後、クラブは1年延長および減俸というオファーを新たに提示してきたが、僕は2年延長を求めた。金銭面は問題ではなかったし、オファーを受け入れることにしたが、クラブにもうオファーがない、有効期限があったと言われたんだ。でも僕は何も聞いていなかった。

再びマドリーと契約したいと思うか?
もちろん。僕の人生で最も素晴らしい時代だったからね。本当に多くのタイトルを獲得した。1,000回でもサインするだろう。マドリー移籍は僕の人生で最高の決断だったよ。

有効期限
なぜ僕の契約延長に有効期限があったのか、僕には分からない。

フロレンティーノ・ペレス会長との会談
それはプライベートなものなので、私的なものにしておきたい。非常に個人的なものがあった。代理人を通じて契約延長オファーが期限切れだと伝えられたので驚いたよ。最後のオファーを受け入れることを伝えたけど手遅れだった。でも何の恨みもない。僕はこの家族のことを心に留めているし、この別れは“またね”(※永遠の別れではなく、またすぐに会えるという軽い挨拶)といった感じのものだ。彼らはずっと僕の心の中にいるだろう。

クラブにとってラモスとの契約延長は優先事項ではなかった?
僕には分からない。答えることができない質問だ。クラブには彼らの優先事項があるし、クラブの上にいる選手など存在しない。クラブの優先事項が何なのか僕には分からない。

来季の去就
そのことについて何も考えていなかった。僕は1月に入り自由に交渉できるようになり、僕に興味を持つクラブから連絡を受けたことがあったが、レアル・マドリードを退団しようなんて考えたことはなかった。今から自分にとってベストの選択肢を探すつもりだよ。セビージャはもうひとつの僕の心のクラブだけど、彼らが考えていないように、僕もその選択肢を検討していない。バルセロナに関しても断定的に“ノー”だ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.06.18 02:51
記者会見
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」

セルヒオ・ラモスが17日の退団セレモニー後、レアル・マドリードの選手として最後の記者会見を実施した。

期限切れ
様々なことがあったし、それは人生で起こり得る状況だ。僕は全くマドリーを離れたくなかったし、それが僕の希望だった。僕たちが優勝したロックダウン下のリーガに遡らなければならない。あの後、クラブが僕に契約延長のオファーを提示してきたが、新型コロナウイルスの影響で立ち消えたんだ。その後、クラブは1年延長および減俸というオファーを新たに提示してきたが、僕は2年延長を求めた。金銭面は問題ではなかったし、オファーを受け入れることにしたが、クラブにもうオファーがない、有効期限があったと言われたんだ。でも僕は何も聞いていなかった。

再びマドリーと契約したいと思うか?
もちろん。僕の人生で最も素晴らしい時代だったからね。本当に多くのタイトルを獲得した。1,000回でもサインするだろう。マドリー移籍は僕の人生で最高の決断だったよ。

有効期限
なぜ僕の契約延長に有効期限があったのか、僕には分からない。

フロレンティーノ・ペレス会長との会談
それはプライベートなものなので、私的なものにしておきたい。非常に個人的なものがあった。代理人を通じて契約延長オファーが期限切れだと伝えられたので驚いたよ。最後のオファーを受け入れることを伝えたけど手遅れだった。でも何の恨みもない。僕はこの家族のことを心に留めているし、この別れは“またね”(※永遠の別れではなく、またすぐに会えるという軽い挨拶)といった感じのものだ。彼らはずっと僕の心の中にいるだろう。

クラブにとってラモスとの契約延長は優先事項ではなかった?
僕には分からない。答えることができない質問だ。クラブには彼らの優先事項があるし、クラブの上にいる選手など存在しない。クラブの優先事項が何なのか僕には分からない。

来季の去就
そのことについて何も考えていなかった。僕は1月に入り自由に交渉できるようになり、僕に興味を持つクラブから連絡を受けたことがあったが、レアル・マドリードを退団しようなんて考えたことはなかった。今から自分にとってベストの選択肢を探すつもりだよ。セビージャはもうひとつの僕の心のクラブだけど、彼らが考えていないように、僕もその選択肢を検討していない。バルセロナに関しても断定的に“ノー”だ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.06.18 02:51
記者会見
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」
セルヒオ・ラモス:「オファーを受け入れたが期限切れだった」

セルヒオ・ラモスが17日の退団セレモニー後、レアル・マドリードの選手として最後の記者会見を実施した。

期限切れ
様々なことがあったし、それは人生で起こり得る状況だ。僕は全くマドリーを離れたくなかったし、それが僕の希望だった。僕たちが優勝したロックダウン下のリーガに遡らなければならない。あの後、クラブが僕に契約延長のオファーを提示してきたが、新型コロナウイルスの影響で立ち消えたんだ。その後、クラブは1年延長および減俸というオファーを新たに提示してきたが、僕は2年延長を求めた。金銭面は問題ではなかったし、オファーを受け入れることにしたが、クラブにもうオファーがない、有効期限があったと言われたんだ。でも僕は何も聞いていなかった。

再びマドリーと契約したいと思うか?
もちろん。僕の人生で最も素晴らしい時代だったからね。本当に多くのタイトルを獲得した。1,000回でもサインするだろう。マドリー移籍は僕の人生で最高の決断だったよ。

有効期限
なぜ僕の契約延長に有効期限があったのか、僕には分からない。

フロレンティーノ・ペレス会長との会談
それはプライベートなものなので、私的なものにしておきたい。非常に個人的なものがあった。代理人を通じて契約延長オファーが期限切れだと伝えられたので驚いたよ。最後のオファーを受け入れることを伝えたけど手遅れだった。でも何の恨みもない。僕はこの家族のことを心に留めているし、この別れは“またね”(※永遠の別れではなく、またすぐに会えるという軽い挨拶)といった感じのものだ。彼らはずっと僕の心の中にいるだろう。

クラブにとってラモスとの契約延長は優先事項ではなかった?
僕には分からない。答えることができない質問だ。クラブには彼らの優先事項があるし、クラブの上にいる選手など存在しない。クラブの優先事項が何なのか僕には分からない。

来季の去就
そのことについて何も考えていなかった。僕は1月に入り自由に交渉できるようになり、僕に興味を持つクラブから連絡を受けたことがあったが、レアル・マドリードを退団しようなんて考えたことはなかった。今から自分にとってベストの選択肢を探すつもりだよ。セビージャはもうひとつの僕の心のクラブだけど、彼らが考えていないように、僕もその選択肢を検討していない。バルセロナに関しても断定的に“ノー”だ。

  • LINEで送る