Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.07.21 00:55
マドリード通信
人員整理続けるレアル・マドリード 5選手放出目指すも困難な状況に
ヨヴィッチ

レアル・マドリードは今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペの動向を見つつ、人員整理を行なっており、ブラヒムをミランにレンタルに再び出したものの、ベイルや久保などレンタル戻ってきた選手を含めるとまだ総勢28選手がいるとスペイン紙MARCAが報じている。

リーガ登録できるのは25選手までだが、アンチェロッティは登録枠が全て埋まるのを嫌い、必要な時にカンテラから選手を呼んでカバーするため、あと5選手を削減し23選手で新シーズンに臨むことを望んでいるとのことだ。

しかし同紙はその理由について、スポーツ面の問題だけでなく、主に経済面の問題だと説明している。クラブは昨夏に続き新型コロナウイルスの影響を財政面に受けているため、選手の総年俸を削減する必要があり、特にアンチェロッティのプランには入っていない久保とオドリオソラのメンバー入りの可能性はないと同紙は判断している。

その他、放出候補にヨヴィッチ、ベイル、イスコ、セバージョス、マリアーノ、バジェホ、アザールが挙がるが、年俸の高さや昨季のパフォーマンスの悪さがネックとなりオファーがほとんど届いていないため、放出は困難だと推測されている。

ヨヴィッチに関して、クラブは高額な移籍金を入手することを目指しており、ミランがレンタルに興味を持っているとのことだが、選手本人は残留を望んでいるという。

今シーズンが契約最終年のベイルは、契約を全うし引退する意図を持っているとのこと。さらにアンチェロッティがベイルに意欲がある場合、戦力に計算すると発言していたため、規制が変わらなければイギリスのEU離脱によりEU圏外枠をひとつ占めることになるものの、マドリー残留が決定的となっている。

イスコは当初、退団濃厚だったが、今夏のプレシーズンで最も際立つパフォーマンスを見せるひとりとなっており、アンチェロッティの信頼を勝ち取っていると同紙は伝えている。

セバージョスは今季チームに戻れない場合、再びのレンタルではなく完全移籍を希望しているため、東京五輪終了後にアンチェロッティと将来について話すことになる。

マリアーノについてクラブは毎夏、放出を目論んでいるが、高額な年俸とパフォーマンスが釣り合わないため本気で獲得を狙うクラブが存在せず、今夏も放出が難しいと見られている。

東京五輪に参加するバジェホは当初、残留の可能性が低かったが、現在ヴァラン退団が濃厚のため、状況次第で今季、アラバ、ミリトン、ナチョに次ぐ第4のCBしてメンバー復帰を果たすことになりそうだ。

ここ2年間、怪我に見舞われ低調なパフォーマンスに終わり、絶対的な地位を失っているアザールは、素晴らしいオファーが届いた場合に限り、退団の可能性があると同紙は伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.07.21 00:55
マドリード通信
人員整理続けるレアル・マドリード 5選手放出目指すも困難な状況に
ヨヴィッチ

レアル・マドリードは今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペの動向を見つつ、人員整理を行なっており、ブラヒムをミランにレンタルに再び出したものの、ベイルや久保などレンタル戻ってきた選手を含めるとまだ総勢28選手がいるとスペイン紙MARCAが報じている。

リーガ登録できるのは25選手までだが、アンチェロッティは登録枠が全て埋まるのを嫌い、必要な時にカンテラから選手を呼んでカバーするため、あと5選手を削減し23選手で新シーズンに臨むことを望んでいるとのことだ。

しかし同紙はその理由について、スポーツ面の問題だけでなく、主に経済面の問題だと説明している。クラブは昨夏に続き新型コロナウイルスの影響を財政面に受けているため、選手の総年俸を削減する必要があり、特にアンチェロッティのプランには入っていない久保とオドリオソラのメンバー入りの可能性はないと同紙は判断している。

その他、放出候補にヨヴィッチ、ベイル、イスコ、セバージョス、マリアーノ、バジェホ、アザールが挙がるが、年俸の高さや昨季のパフォーマンスの悪さがネックとなりオファーがほとんど届いていないため、放出は困難だと推測されている。

ヨヴィッチに関して、クラブは高額な移籍金を入手することを目指しており、ミランがレンタルに興味を持っているとのことだが、選手本人は残留を望んでいるという。

今シーズンが契約最終年のベイルは、契約を全うし引退する意図を持っているとのこと。さらにアンチェロッティがベイルに意欲がある場合、戦力に計算すると発言していたため、規制が変わらなければイギリスのEU離脱によりEU圏外枠をひとつ占めることになるものの、マドリー残留が決定的となっている。

イスコは当初、退団濃厚だったが、今夏のプレシーズンで最も際立つパフォーマンスを見せるひとりとなっており、アンチェロッティの信頼を勝ち取っていると同紙は伝えている。

セバージョスは今季チームに戻れない場合、再びのレンタルではなく完全移籍を希望しているため、東京五輪終了後にアンチェロッティと将来について話すことになる。

マリアーノについてクラブは毎夏、放出を目論んでいるが、高額な年俸とパフォーマンスが釣り合わないため本気で獲得を狙うクラブが存在せず、今夏も放出が難しいと見られている。

東京五輪に参加するバジェホは当初、残留の可能性が低かったが、現在ヴァラン退団が濃厚のため、状況次第で今季、アラバ、ミリトン、ナチョに次ぐ第4のCBしてメンバー復帰を果たすことになりそうだ。

ここ2年間、怪我に見舞われ低調なパフォーマンスに終わり、絶対的な地位を失っているアザールは、素晴らしいオファーが届いた場合に限り、退団の可能性があると同紙は伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.07.21 00:55
マドリード通信
人員整理続けるレアル・マドリード 5選手放出目指すも困難な状況に
ヨヴィッチ

レアル・マドリードは今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペの動向を見つつ、人員整理を行なっており、ブラヒムをミランにレンタルに再び出したものの、ベイルや久保などレンタル戻ってきた選手を含めるとまだ総勢28選手がいるとスペイン紙MARCAが報じている。

リーガ登録できるのは25選手までだが、アンチェロッティは登録枠が全て埋まるのを嫌い、必要な時にカンテラから選手を呼んでカバーするため、あと5選手を削減し23選手で新シーズンに臨むことを望んでいるとのことだ。

しかし同紙はその理由について、スポーツ面の問題だけでなく、主に経済面の問題だと説明している。クラブは昨夏に続き新型コロナウイルスの影響を財政面に受けているため、選手の総年俸を削減する必要があり、特にアンチェロッティのプランには入っていない久保とオドリオソラのメンバー入りの可能性はないと同紙は判断している。

その他、放出候補にヨヴィッチ、ベイル、イスコ、セバージョス、マリアーノ、バジェホ、アザールが挙がるが、年俸の高さや昨季のパフォーマンスの悪さがネックとなりオファーがほとんど届いていないため、放出は困難だと推測されている。

ヨヴィッチに関して、クラブは高額な移籍金を入手することを目指しており、ミランがレンタルに興味を持っているとのことだが、選手本人は残留を望んでいるという。

今シーズンが契約最終年のベイルは、契約を全うし引退する意図を持っているとのこと。さらにアンチェロッティがベイルに意欲がある場合、戦力に計算すると発言していたため、規制が変わらなければイギリスのEU離脱によりEU圏外枠をひとつ占めることになるものの、マドリー残留が決定的となっている。

イスコは当初、退団濃厚だったが、今夏のプレシーズンで最も際立つパフォーマンスを見せるひとりとなっており、アンチェロッティの信頼を勝ち取っていると同紙は伝えている。

セバージョスは今季チームに戻れない場合、再びのレンタルではなく完全移籍を希望しているため、東京五輪終了後にアンチェロッティと将来について話すことになる。

マリアーノについてクラブは毎夏、放出を目論んでいるが、高額な年俸とパフォーマンスが釣り合わないため本気で獲得を狙うクラブが存在せず、今夏も放出が難しいと見られている。

東京五輪に参加するバジェホは当初、残留の可能性が低かったが、現在ヴァラン退団が濃厚のため、状況次第で今季、アラバ、ミリトン、ナチョに次ぐ第4のCBしてメンバー復帰を果たすことになりそうだ。

ここ2年間、怪我に見舞われ低調なパフォーマンスに終わり、絶対的な地位を失っているアザールは、素晴らしいオファーが届いた場合に限り、退団の可能性があると同紙は伝えている。

  • LINEで送る