Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.03.05 00:56
マドリード通信
マドリーの今夏獲得プラン エムバペからハーランドに変更の可能性あり
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表キリアン・エムバペとドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを補強候補に挙げていると様々なメディアで報じられている。

しかしエムバペとの契約が困難を極めると予想されるため、獲得プランをハーランドに変更する可能性があるとスペイン紙ASが伝えている。

同紙によるとマドリーは当初、2022年にハーランド獲得に動く予定だったという。その理由としてドルトムントが2022年以降に届いたオファーに対して話を聞く約束をハーランドとしていることが挙げられている。

一方、マドリーはクリスティアーノ・ロナウド退団以降、ずっと続いている慢性的な得点力不足という問題を抱えており(公式戦34試合57得点、1試合わずか1.7得点)、それを解消できるFW獲得が義務となっている。

そのため第一候補のエムバペの今夏獲得が非常に難しい場合、予定を1年早めハーランド獲得に動くと見られている。そしてドイツ紙Sport Bildが先日、ハーランド自身がマドリードからの興味を好意的に受け止めていると伝えているため、オファー内容に耳を傾けると推測されている。

またハーランド獲得に向けてマドリーにはいくつもの利点がある。1番目はハーランドの希望する年俸がエムバペの3分の1であること。ハーランドの年俸が手取り1,200万ユーロ(約15億6,000万円)になるのに対し、エムバペが3,600万ユーロ(約46億8,000万円)とコストを大幅に抑えることが可能となる。

2番目はハーランドの代理人ミノ・ライオラ氏がマドリーと持続的なビジネス開始を望んでいること、そして3番目はフロレンティーノ・ペレス会長とドルトムント会長が何年にも渡り素晴らしい関係性を築いていることである(両者間でシャヒン、アクラフ、ヘイニエルなどのオペレーションあり)。

しかしライオラ氏がハーランドを獲得できるのは多くても10クラブのみ」と最近発言したのに対し、ドルトムントのスポーツディレクターが先日、「彼は移籍を望んでいないし、移籍することはできない。クラブを変えることはないだろう」と否定的なコメントを出していた。そして獲得の最大のライバルにマンチェスター・シティがいるため、すでにマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーがハーランドの関係者とコンタクトを取っているため、今後の動向を追う必要があるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.03.05 00:56
マドリード通信
マドリーの今夏獲得プラン エムバペからハーランドに変更の可能性あり
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表キリアン・エムバペとドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを補強候補に挙げていると様々なメディアで報じられている。

しかしエムバペとの契約が困難を極めると予想されるため、獲得プランをハーランドに変更する可能性があるとスペイン紙ASが伝えている。

同紙によるとマドリーは当初、2022年にハーランド獲得に動く予定だったという。その理由としてドルトムントが2022年以降に届いたオファーに対して話を聞く約束をハーランドとしていることが挙げられている。

一方、マドリーはクリスティアーノ・ロナウド退団以降、ずっと続いている慢性的な得点力不足という問題を抱えており(公式戦34試合57得点、1試合わずか1.7得点)、それを解消できるFW獲得が義務となっている。

そのため第一候補のエムバペの今夏獲得が非常に難しい場合、予定を1年早めハーランド獲得に動くと見られている。そしてドイツ紙Sport Bildが先日、ハーランド自身がマドリードからの興味を好意的に受け止めていると伝えているため、オファー内容に耳を傾けると推測されている。

またハーランド獲得に向けてマドリーにはいくつもの利点がある。1番目はハーランドの希望する年俸がエムバペの3分の1であること。ハーランドの年俸が手取り1,200万ユーロ(約15億6,000万円)になるのに対し、エムバペが3,600万ユーロ(約46億8,000万円)とコストを大幅に抑えることが可能となる。

2番目はハーランドの代理人ミノ・ライオラ氏がマドリーと持続的なビジネス開始を望んでいること、そして3番目はフロレンティーノ・ペレス会長とドルトムント会長が何年にも渡り素晴らしい関係性を築いていることである(両者間でシャヒン、アクラフ、ヘイニエルなどのオペレーションあり)。

しかしライオラ氏がハーランドを獲得できるのは多くても10クラブのみ」と最近発言したのに対し、ドルトムントのスポーツディレクターが先日、「彼は移籍を望んでいないし、移籍することはできない。クラブを変えることはないだろう」と否定的なコメントを出していた。そして獲得の最大のライバルにマンチェスター・シティがいるため、すでにマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーがハーランドの関係者とコンタクトを取っているため、今後の動向を追う必要があるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.03.05 00:56
マドリード通信
マドリーの今夏獲得プラン エムバペからハーランドに変更の可能性あり
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表キリアン・エムバペとドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを補強候補に挙げていると様々なメディアで報じられている。

しかしエムバペとの契約が困難を極めると予想されるため、獲得プランをハーランドに変更する可能性があるとスペイン紙ASが伝えている。

同紙によるとマドリーは当初、2022年にハーランド獲得に動く予定だったという。その理由としてドルトムントが2022年以降に届いたオファーに対して話を聞く約束をハーランドとしていることが挙げられている。

一方、マドリーはクリスティアーノ・ロナウド退団以降、ずっと続いている慢性的な得点力不足という問題を抱えており(公式戦34試合57得点、1試合わずか1.7得点)、それを解消できるFW獲得が義務となっている。

そのため第一候補のエムバペの今夏獲得が非常に難しい場合、予定を1年早めハーランド獲得に動くと見られている。そしてドイツ紙Sport Bildが先日、ハーランド自身がマドリードからの興味を好意的に受け止めていると伝えているため、オファー内容に耳を傾けると推測されている。

またハーランド獲得に向けてマドリーにはいくつもの利点がある。1番目はハーランドの希望する年俸がエムバペの3分の1であること。ハーランドの年俸が手取り1,200万ユーロ(約15億6,000万円)になるのに対し、エムバペが3,600万ユーロ(約46億8,000万円)とコストを大幅に抑えることが可能となる。

2番目はハーランドの代理人ミノ・ライオラ氏がマドリーと持続的なビジネス開始を望んでいること、そして3番目はフロレンティーノ・ペレス会長とドルトムント会長が何年にも渡り素晴らしい関係性を築いていることである(両者間でシャヒン、アクラフ、ヘイニエルなどのオペレーションあり)。

しかしライオラ氏がハーランドを獲得できるのは多くても10クラブのみ」と最近発言したのに対し、ドルトムントのスポーツディレクターが先日、「彼は移籍を望んでいないし、移籍することはできない。クラブを変えることはないだろう」と否定的なコメントを出していた。そして獲得の最大のライバルにマンチェスター・シティがいるため、すでにマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーがハーランドの関係者とコンタクトを取っているため、今後の動向を追う必要があるだろう。

  • LINEで送る