Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.12.28 18:35
マドリード通信
公式戦6連勝の裏でアザール、オドリオソラなど9選手に出番なし
07・アザール

現在、レアル・マドリードが公式戦6連勝を成し遂げ、チャンピオンズリーグ・グループリーグを首位通過し、リーガではアトレティコ・マドリードに次ぐ2位につけ、危機的状況を脱して好調を維持する中、ジダンはほとんどローテーションすることなく、偏った選手起用を行なっている。

実際、クルトゥワ、ヴァラン、メンディ、クロース、ベンゼマの5選手が全6試合にフル出場している他、クロースとルーカス・バスケスが6試合、セルヒオ・ラモス、モドリッチ、カゼミーロが5試合に先発出場している。

一方、ルニン、アルトゥーベ、アザール、オドリオソラ、ミリトン、マルセロ、ウーデゴール、アザール、ヨヴィッチ、マリアーノの9選手に1分間も出番がなかった。この中で控えGK2選手は今季1度も試合に出場していない。

アザールは6試合負傷欠場した後、前節グラナダ戦でベンチ入りするも、ジダンはリスクを冒すことを避け出番が与えられなかった。最後にプレーしたのは11月28日のリーガのアラベス戦。

オドリオソラは怪我から復帰した後、ジダンが右サイドバックでルーカス・バスケスに信頼を寄せたため、6試合ベンチが続いている。今季唯一の試合出場は9月30日のリーガのバジャドリード戦だった。

ミリトンは新型コロナウイルス感染からの回復後、8試合控えが続き、最後の試合出場は10月31日のリーガのウエスカ戦。

マルセロは現在、メンディにポジション争いで負けており、11月28日に敗北を喫したアラベス戦の先発出場を最後に、約1ヶ月間、7試合ベンチが続き出番がない。

ウーデゴールは3試合の負傷欠場後、2試合続けてベンチが続いている。最後に出場したのは12月1日にアウェーで行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦。

ヨヴィッチは新型コロナウイルス感染、右足内転筋負傷と欠場期間が続いた後、ここ2試合控えが続く。11月8日のバレンシア戦終盤の7分間が最後の試合出場となっている。

マリアーノは4試合連続出場を果たした後に4試合欠場し、ここ2試合ベンチという状況が続いている。最後にプレーしたのは12月1日のシャフタール・ドネツク戦だった。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.12.28 18:35
マドリード通信
公式戦6連勝の裏でアザール、オドリオソラなど9選手に出番なし
07・アザール

現在、レアル・マドリードが公式戦6連勝を成し遂げ、チャンピオンズリーグ・グループリーグを首位通過し、リーガではアトレティコ・マドリードに次ぐ2位につけ、危機的状況を脱して好調を維持する中、ジダンはほとんどローテーションすることなく、偏った選手起用を行なっている。

実際、クルトゥワ、ヴァラン、メンディ、クロース、ベンゼマの5選手が全6試合にフル出場している他、クロースとルーカス・バスケスが6試合、セルヒオ・ラモス、モドリッチ、カゼミーロが5試合に先発出場している。

一方、ルニン、アルトゥーベ、アザール、オドリオソラ、ミリトン、マルセロ、ウーデゴール、アザール、ヨヴィッチ、マリアーノの9選手に1分間も出番がなかった。この中で控えGK2選手は今季1度も試合に出場していない。

アザールは6試合負傷欠場した後、前節グラナダ戦でベンチ入りするも、ジダンはリスクを冒すことを避け出番が与えられなかった。最後にプレーしたのは11月28日のリーガのアラベス戦。

オドリオソラは怪我から復帰した後、ジダンが右サイドバックでルーカス・バスケスに信頼を寄せたため、6試合ベンチが続いている。今季唯一の試合出場は9月30日のリーガのバジャドリード戦だった。

ミリトンは新型コロナウイルス感染からの回復後、8試合控えが続き、最後の試合出場は10月31日のリーガのウエスカ戦。

マルセロは現在、メンディにポジション争いで負けており、11月28日に敗北を喫したアラベス戦の先発出場を最後に、約1ヶ月間、7試合ベンチが続き出番がない。

ウーデゴールは3試合の負傷欠場後、2試合続けてベンチが続いている。最後に出場したのは12月1日にアウェーで行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦。

ヨヴィッチは新型コロナウイルス感染、右足内転筋負傷と欠場期間が続いた後、ここ2試合控えが続く。11月8日のバレンシア戦終盤の7分間が最後の試合出場となっている。

マリアーノは4試合連続出場を果たした後に4試合欠場し、ここ2試合ベンチという状況が続いている。最後にプレーしたのは12月1日のシャフタール・ドネツク戦だった。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.12.28 18:35
マドリード通信
公式戦6連勝の裏でアザール、オドリオソラなど9選手に出番なし
07・アザール

現在、レアル・マドリードが公式戦6連勝を成し遂げ、チャンピオンズリーグ・グループリーグを首位通過し、リーガではアトレティコ・マドリードに次ぐ2位につけ、危機的状況を脱して好調を維持する中、ジダンはほとんどローテーションすることなく、偏った選手起用を行なっている。

実際、クルトゥワ、ヴァラン、メンディ、クロース、ベンゼマの5選手が全6試合にフル出場している他、クロースとルーカス・バスケスが6試合、セルヒオ・ラモス、モドリッチ、カゼミーロが5試合に先発出場している。

一方、ルニン、アルトゥーベ、アザール、オドリオソラ、ミリトン、マルセロ、ウーデゴール、アザール、ヨヴィッチ、マリアーノの9選手に1分間も出番がなかった。この中で控えGK2選手は今季1度も試合に出場していない。

アザールは6試合負傷欠場した後、前節グラナダ戦でベンチ入りするも、ジダンはリスクを冒すことを避け出番が与えられなかった。最後にプレーしたのは11月28日のリーガのアラベス戦。

オドリオソラは怪我から復帰した後、ジダンが右サイドバックでルーカス・バスケスに信頼を寄せたため、6試合ベンチが続いている。今季唯一の試合出場は9月30日のリーガのバジャドリード戦だった。

ミリトンは新型コロナウイルス感染からの回復後、8試合控えが続き、最後の試合出場は10月31日のリーガのウエスカ戦。

マルセロは現在、メンディにポジション争いで負けており、11月28日に敗北を喫したアラベス戦の先発出場を最後に、約1ヶ月間、7試合ベンチが続き出番がない。

ウーデゴールは3試合の負傷欠場後、2試合続けてベンチが続いている。最後に出場したのは12月1日にアウェーで行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦。

ヨヴィッチは新型コロナウイルス感染、右足内転筋負傷と欠場期間が続いた後、ここ2試合控えが続く。11月8日のバレンシア戦終盤の7分間が最後の試合出場となっている。

マリアーノは4試合連続出場を果たした後に4試合欠場し、ここ2試合ベンチという状況が続いている。最後にプレーしたのは12月1日のシャフタール・ドネツク戦だった。

  • LINEで送る