Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.08.04 09:36
マドリード通信
レアル・マドリードが人員整理を敢行 現在のメンバーは25人に
アンチェロッティ

レアル・マドリードが今夏、人員整理を順調に進めている。ここまで、昨季で契約が満了したマルセロ、イスコ、ベイルが退団したことに加え、ヨヴィッチ、久保、マジョラルを立て続けに放出してきた。

これにより現時点でメンバーが25人にまで絞られている。さらにこのうち、昨シーズンまでの2年間をドルトムントで過ごしたヘイニエルはEU圏外枠の問題もあり、今シーズンも他のチームにレンタルされることが確実視されており、チーム探しのためアメリカツアーに参加しなかった。

ヘイニエルを除いたメンバーに目を向けると、全てのポジションが2人以上でうまくカバーされており、右サイドバック(カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ)と右ウイング(バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ)のみ3人いる状態になっている。

しかしアンチェロッティは少数精鋭を好むため、さらなる人員整理を続ける可能性があり、オドリオソラやマリアーノが放出候補に挙がっている。またCFが手薄であることを考慮し、すでにアザールを偽9番としてテスト済みだ。一方、クラブには新たなFWを獲得するオプションもあるという。

マドリーの今シーズン最初の公式戦は今月10日のUEFAスーパーカップのフランクフルト戦。すでに1週間を切っているが、アメリカツアー最終戦でユベントス相手に快勝したことが示すように、6冠目指して順調に仕上がっている。

●現時点での2022/23シーズンに向けたメンバー(システム:4-3-3
GK
クルトゥワ、ルニン

・右サイドバック
カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ

・右CB
ミリトン、ナチョ

・左CB
アラバ、バジェホ

・左サイドバック
メンディ、リュディガー

・右インサイドハーフ
モドリッチ、セバージョス

・アンカー
カゼミーロ、チュアメニ

・左インサイドハーフ
クロース、カマヴィンガ

・右ウイング
バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ

CF
ベンゼマ、マリアーノ

・左ウイング
ヴィニシウス、アザール

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.08.04 09:36
マドリード通信
レアル・マドリードが人員整理を敢行 現在のメンバーは25人に
アンチェロッティ

レアル・マドリードが今夏、人員整理を順調に進めている。ここまで、昨季で契約が満了したマルセロ、イスコ、ベイルが退団したことに加え、ヨヴィッチ、久保、マジョラルを立て続けに放出してきた。

これにより現時点でメンバーが25人にまで絞られている。さらにこのうち、昨シーズンまでの2年間をドルトムントで過ごしたヘイニエルはEU圏外枠の問題もあり、今シーズンも他のチームにレンタルされることが確実視されており、チーム探しのためアメリカツアーに参加しなかった。

ヘイニエルを除いたメンバーに目を向けると、全てのポジションが2人以上でうまくカバーされており、右サイドバック(カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ)と右ウイング(バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ)のみ3人いる状態になっている。

しかしアンチェロッティは少数精鋭を好むため、さらなる人員整理を続ける可能性があり、オドリオソラやマリアーノが放出候補に挙がっている。またCFが手薄であることを考慮し、すでにアザールを偽9番としてテスト済みだ。一方、クラブには新たなFWを獲得するオプションもあるという。

マドリーの今シーズン最初の公式戦は今月10日のUEFAスーパーカップのフランクフルト戦。すでに1週間を切っているが、アメリカツアー最終戦でユベントス相手に快勝したことが示すように、6冠目指して順調に仕上がっている。

●現時点での2022/23シーズンに向けたメンバー(システム:4-3-3
GK
クルトゥワ、ルニン

・右サイドバック
カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ

・右CB
ミリトン、ナチョ

・左CB
アラバ、バジェホ

・左サイドバック
メンディ、リュディガー

・右インサイドハーフ
モドリッチ、セバージョス

・アンカー
カゼミーロ、チュアメニ

・左インサイドハーフ
クロース、カマヴィンガ

・右ウイング
バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ

CF
ベンゼマ、マリアーノ

・左ウイング
ヴィニシウス、アザール

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.08.04 09:36
マドリード通信
レアル・マドリードが人員整理を敢行 現在のメンバーは25人に
アンチェロッティ

レアル・マドリードが今夏、人員整理を順調に進めている。ここまで、昨季で契約が満了したマルセロ、イスコ、ベイルが退団したことに加え、ヨヴィッチ、久保、マジョラルを立て続けに放出してきた。

これにより現時点でメンバーが25人にまで絞られている。さらにこのうち、昨シーズンまでの2年間をドルトムントで過ごしたヘイニエルはEU圏外枠の問題もあり、今シーズンも他のチームにレンタルされることが確実視されており、チーム探しのためアメリカツアーに参加しなかった。

ヘイニエルを除いたメンバーに目を向けると、全てのポジションが2人以上でうまくカバーされており、右サイドバック(カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ)と右ウイング(バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ)のみ3人いる状態になっている。

しかしアンチェロッティは少数精鋭を好むため、さらなる人員整理を続ける可能性があり、オドリオソラやマリアーノが放出候補に挙がっている。またCFが手薄であることを考慮し、すでにアザールを偽9番としてテスト済みだ。一方、クラブには新たなFWを獲得するオプションもあるという。

マドリーの今シーズン最初の公式戦は今月10日のUEFAスーパーカップのフランクフルト戦。すでに1週間を切っているが、アメリカツアー最終戦でユベントス相手に快勝したことが示すように、6冠目指して順調に仕上がっている。

●現時点での2022/23シーズンに向けたメンバー(システム:4-3-3
GK
クルトゥワ、ルニン

・右サイドバック
カルバハル、ルーカス・バスケス、オドリオソラ

・右CB
ミリトン、ナチョ

・左CB
アラバ、バジェホ

・左サイドバック
メンディ、リュディガー

・右インサイドハーフ
モドリッチ、セバージョス

・アンカー
カゼミーロ、チュアメニ

・左インサイドハーフ
クロース、カマヴィンガ

・右ウイング
バルベルデ、ロドリゴ、アセンシオ

CF
ベンゼマ、マリアーノ

・左ウイング
ヴィニシウス、アザール

  • LINEで送る