Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.08.02 21:44
マドリード通信
レアル・マドリードが新たなCF獲得を検討 候補に挙がるラウール・デ・トマース加入を67%が希望
ライブレアルマドリード

アンチェロッティが先日、今夏の補強終了宣言をしたものの、レアル・マドリードがCF獲得に動く可能性があるとスペイン紙ASが報じた。

同紙によると、ヨヴィッチ、マジョラルと立て続けに放出したマドリーは現在、ベンゼマを休ませ、得点できるストライカーの獲得を検討しており、エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トマースを候補に挙げているとのことだ。

ラウール・デ・トマースは2004年、マドリーのカンテラに入団。その後、順調にステップアップしてカスティージャまで辿り着き、20141029日に行われた国王杯ラウンド321戦コルネジャ戦で、アンチェロッティ指揮の下、トップチームデビューを果たした。

しかしトップチームに昇格することはできず、コルドバ、バジャドリード、ラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍を繰り返した。そして2019年夏に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)でベンフィカへ完全移籍。さらに20201月に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)+出来高ボーナス200万ユーロ(約26,000万円)でエスパニョールに加入した。

今夏、アーセナルやバイエルンなど、さまざまなクラブが興味を示しているが、ラウール・デ・トマース自身はもしチャンスがある場合、マドリー復帰を優先すると近しい人たちに明言しているという。

「レアル・マドリードがラウール・デ・トマースを獲得してほしいか?」というアンケートをAS紙がウェブサイト上で実施したところ、67%がイエスと回答(全回答約37,000人)。これはすなわち、マドリディスタがベンゼマのバックアップとしてラウール・デ・トマース入団を待ちわびていることを示すものである。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.08.02 21:44
マドリード通信
レアル・マドリードが新たなCF獲得を検討 候補に挙がるラウール・デ・トマース加入を67%が希望
ライブレアルマドリード

アンチェロッティが先日、今夏の補強終了宣言をしたものの、レアル・マドリードがCF獲得に動く可能性があるとスペイン紙ASが報じた。

同紙によると、ヨヴィッチ、マジョラルと立て続けに放出したマドリーは現在、ベンゼマを休ませ、得点できるストライカーの獲得を検討しており、エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トマースを候補に挙げているとのことだ。

ラウール・デ・トマースは2004年、マドリーのカンテラに入団。その後、順調にステップアップしてカスティージャまで辿り着き、20141029日に行われた国王杯ラウンド321戦コルネジャ戦で、アンチェロッティ指揮の下、トップチームデビューを果たした。

しかしトップチームに昇格することはできず、コルドバ、バジャドリード、ラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍を繰り返した。そして2019年夏に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)でベンフィカへ完全移籍。さらに20201月に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)+出来高ボーナス200万ユーロ(約26,000万円)でエスパニョールに加入した。

今夏、アーセナルやバイエルンなど、さまざまなクラブが興味を示しているが、ラウール・デ・トマース自身はもしチャンスがある場合、マドリー復帰を優先すると近しい人たちに明言しているという。

「レアル・マドリードがラウール・デ・トマースを獲得してほしいか?」というアンケートをAS紙がウェブサイト上で実施したところ、67%がイエスと回答(全回答約37,000人)。これはすなわち、マドリディスタがベンゼマのバックアップとしてラウール・デ・トマース入団を待ちわびていることを示すものである。

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.08.02 21:44
マドリード通信
レアル・マドリードが新たなCF獲得を検討 候補に挙がるラウール・デ・トマース加入を67%が希望
ライブレアルマドリード

アンチェロッティが先日、今夏の補強終了宣言をしたものの、レアル・マドリードがCF獲得に動く可能性があるとスペイン紙ASが報じた。

同紙によると、ヨヴィッチ、マジョラルと立て続けに放出したマドリーは現在、ベンゼマを休ませ、得点できるストライカーの獲得を検討しており、エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トマースを候補に挙げているとのことだ。

ラウール・デ・トマースは2004年、マドリーのカンテラに入団。その後、順調にステップアップしてカスティージャまで辿り着き、20141029日に行われた国王杯ラウンド321戦コルネジャ戦で、アンチェロッティ指揮の下、トップチームデビューを果たした。

しかしトップチームに昇格することはできず、コルドバ、バジャドリード、ラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍を繰り返した。そして2019年夏に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)でベンフィカへ完全移籍。さらに20201月に移籍金2,000万ユーロ(約26億円)+出来高ボーナス200万ユーロ(約26,000万円)でエスパニョールに加入した。

今夏、アーセナルやバイエルンなど、さまざまなクラブが興味を示しているが、ラウール・デ・トマース自身はもしチャンスがある場合、マドリー復帰を優先すると近しい人たちに明言しているという。

「レアル・マドリードがラウール・デ・トマースを獲得してほしいか?」というアンケートをAS紙がウェブサイト上で実施したところ、67%がイエスと回答(全回答約37,000人)。これはすなわち、マドリディスタがベンゼマのバックアップとしてラウール・デ・トマース入団を待ちわびていることを示すものである。

  • LINEで送る