Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.06.23 04:39
マドリード通信
ヨヴィッチ退団の場合、マジョラルにレアル・マドリード復帰の扉開く
ヨヴィッチ

ヨヴィッチのフィオレンティーナ移籍交渉が順調に進む中、カンテラ出身のマジョラルに復帰の扉が開くとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチの2019年夏のマドリー加入以降の成績は、昨シーズン後半のフランクフルトへのレンタルを除いた場合、出場時間約1,500分、3得点5アシスト。移籍金が6,000ユーロ(約84億円)と非常に高額だったことを考慮した場合、散々な出来である。また今シーズン、アンチェロッティ指揮下でほぼ戦力外だった。

これによりクラブは放出に動いているが、現時点で税込み1,000万ユーロ(約14億円)という年俸がネックとなっている。そのため現時点ではレンタルになるのか、売却になるのかは不透明だが、来シーズンのメンバーリストに名を連ねない可能性は非常に高くなっている。

一方、ヨヴィッチがチームを離れることで恩恵を受けそうな選手が存在する。それは昨シーズン後半、ヘタフェで素晴らしい結果を出し、チームの残留に貢献したマジョラル。しかしすでに25歳になり十分な経験を積んでいることもあり、ヨヴィッチやマリアーノのように出番のない時間を過ごすことを望んでおらず、今後、アンチェロッティと面談し、チームに戻った場合の起用法や役割を確認して最終的な判断を下すことになるという。

クラブはマジョラルをベンゼマに似た選手とポジティブに捉え、そのバックアップに考えているが、全てはイタリア人指揮官のプラン次第となりそうだ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.06.23 04:39
マドリード通信
ヨヴィッチ退団の場合、マジョラルにレアル・マドリード復帰の扉開く
ヨヴィッチ

ヨヴィッチのフィオレンティーナ移籍交渉が順調に進む中、カンテラ出身のマジョラルに復帰の扉が開くとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチの2019年夏のマドリー加入以降の成績は、昨シーズン後半のフランクフルトへのレンタルを除いた場合、出場時間約1,500分、3得点5アシスト。移籍金が6,000ユーロ(約84億円)と非常に高額だったことを考慮した場合、散々な出来である。また今シーズン、アンチェロッティ指揮下でほぼ戦力外だった。

これによりクラブは放出に動いているが、現時点で税込み1,000万ユーロ(約14億円)という年俸がネックとなっている。そのため現時点ではレンタルになるのか、売却になるのかは不透明だが、来シーズンのメンバーリストに名を連ねない可能性は非常に高くなっている。

一方、ヨヴィッチがチームを離れることで恩恵を受けそうな選手が存在する。それは昨シーズン後半、ヘタフェで素晴らしい結果を出し、チームの残留に貢献したマジョラル。しかしすでに25歳になり十分な経験を積んでいることもあり、ヨヴィッチやマリアーノのように出番のない時間を過ごすことを望んでおらず、今後、アンチェロッティと面談し、チームに戻った場合の起用法や役割を確認して最終的な判断を下すことになるという。

クラブはマジョラルをベンゼマに似た選手とポジティブに捉え、そのバックアップに考えているが、全てはイタリア人指揮官のプラン次第となりそうだ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.06.23 04:39
マドリード通信
ヨヴィッチ退団の場合、マジョラルにレアル・マドリード復帰の扉開く
ヨヴィッチ

ヨヴィッチのフィオレンティーナ移籍交渉が順調に進む中、カンテラ出身のマジョラルに復帰の扉が開くとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチの2019年夏のマドリー加入以降の成績は、昨シーズン後半のフランクフルトへのレンタルを除いた場合、出場時間約1,500分、3得点5アシスト。移籍金が6,000ユーロ(約84億円)と非常に高額だったことを考慮した場合、散々な出来である。また今シーズン、アンチェロッティ指揮下でほぼ戦力外だった。

これによりクラブは放出に動いているが、現時点で税込み1,000万ユーロ(約14億円)という年俸がネックとなっている。そのため現時点ではレンタルになるのか、売却になるのかは不透明だが、来シーズンのメンバーリストに名を連ねない可能性は非常に高くなっている。

一方、ヨヴィッチがチームを離れることで恩恵を受けそうな選手が存在する。それは昨シーズン後半、ヘタフェで素晴らしい結果を出し、チームの残留に貢献したマジョラル。しかしすでに25歳になり十分な経験を積んでいることもあり、ヨヴィッチやマリアーノのように出番のない時間を過ごすことを望んでおらず、今後、アンチェロッティと面談し、チームに戻った場合の起用法や役割を確認して最終的な判断を下すことになるという。

クラブはマジョラルをベンゼマに似た選手とポジティブに捉え、そのバックアップに考えているが、全てはイタリア人指揮官のプラン次第となりそうだ。

  • LINEで送る