Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.03.27 23:05
マドリード通信
ヨヴィッチが出場機会求めて退団検討 しかし高額な年俸がハンディキャップに
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが今夏、出場機会を求めてレアル・マドリードを退団することを考えているとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチはレアル・マドリード加入後、公式戦49試合に出場するも、プレー時間はわずか1,490分のみで3ゴールしか決めておらず、全く期待に応えられていない。さらにベンゼマが負傷欠場した先のクラシコでは、アンチェロッティがシステム変更したため、チーム2番目のCFにもかかわらず全く出番なく終わり、戦力に計算されていなのが明白となった。

その状況下、ヨヴィッチは今夏、パリ・サンジェルマンのエムバペやドルトムントのハーランド加入の可能性も考慮し、今夏、移籍先を探すことを検討しているとのことだ。

一方、マドリーも、もしヨヴィッチが退団を望んだ場合、快く受け入れると見られている。しかしクラブは2019年夏に移籍金6,000万ユーロ(約78億円)の6年契約で獲得したため、財政面での損出を回避できるように、最低でも3,000万ユーロ(約39億円)での売却を望んでいるとのことだ。

さらに同紙は、年俸が手取り450万ユーロ(約58,500万円)と高額であることが、他クラブに移籍する上で大きなハンディキャップになると伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.03.27 23:05
マドリード通信
ヨヴィッチが出場機会求めて退団検討 しかし高額な年俸がハンディキャップに
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが今夏、出場機会を求めてレアル・マドリードを退団することを考えているとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチはレアル・マドリード加入後、公式戦49試合に出場するも、プレー時間はわずか1,490分のみで3ゴールしか決めておらず、全く期待に応えられていない。さらにベンゼマが負傷欠場した先のクラシコでは、アンチェロッティがシステム変更したため、チーム2番目のCFにもかかわらず全く出番なく終わり、戦力に計算されていなのが明白となった。

その状況下、ヨヴィッチは今夏、パリ・サンジェルマンのエムバペやドルトムントのハーランド加入の可能性も考慮し、今夏、移籍先を探すことを検討しているとのことだ。

一方、マドリーも、もしヨヴィッチが退団を望んだ場合、快く受け入れると見られている。しかしクラブは2019年夏に移籍金6,000万ユーロ(約78億円)の6年契約で獲得したため、財政面での損出を回避できるように、最低でも3,000万ユーロ(約39億円)での売却を望んでいるとのことだ。

さらに同紙は、年俸が手取り450万ユーロ(約58,500万円)と高額であることが、他クラブに移籍する上で大きなハンディキャップになると伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.03.27 23:05
マドリード通信
ヨヴィッチが出場機会求めて退団検討 しかし高額な年俸がハンディキャップに
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが今夏、出場機会を求めてレアル・マドリードを退団することを考えているとスペイン紙ASが伝えている。

ヨヴィッチはレアル・マドリード加入後、公式戦49試合に出場するも、プレー時間はわずか1,490分のみで3ゴールしか決めておらず、全く期待に応えられていない。さらにベンゼマが負傷欠場した先のクラシコでは、アンチェロッティがシステム変更したため、チーム2番目のCFにもかかわらず全く出番なく終わり、戦力に計算されていなのが明白となった。

その状況下、ヨヴィッチは今夏、パリ・サンジェルマンのエムバペやドルトムントのハーランド加入の可能性も考慮し、今夏、移籍先を探すことを検討しているとのことだ。

一方、マドリーも、もしヨヴィッチが退団を望んだ場合、快く受け入れると見られている。しかしクラブは2019年夏に移籍金6,000万ユーロ(約78億円)の6年契約で獲得したため、財政面での損出を回避できるように、最低でも3,000万ユーロ(約39億円)での売却を望んでいるとのことだ。

さらに同紙は、年俸が手取り450万ユーロ(約58,500万円)と高額であることが、他クラブに移籍する上で大きなハンディキャップになると伝えている。

  • LINEで送る