Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.03.08 00:14
マドリード通信
レアル・マドリードの17歳カンテラMFニコラス・パス アルゼンチン代表のプレリスト入り
ライブレアルマドリード

アルゼンチン代表のスカローニ監督が6日、今月末に行われるカタールワールドカップ予選2試合に向け、総勢44名の招集メンバーのプレリストを発表した。メッシやディ・マリア、ディバラなどの錚々たるメンバーが揃う中、レアル・マドリードのBチーム、カスティージャでデビューしたばかりのMFニコラス・パスなど、将来有望な10代の若手選手たちが6人選出されている。

ニコは2004年9月8日にカナリア諸島のサンタ・クルス・デ・テネリフェ(スペイン)で生まれた17歳。父親のパブロ・パスはかつてテネリフェやバジャドリードで活躍した元アルゼンチン代表CB。プリメーラ通算成績は82試合5得点。代表で25試合に出場し、1996年のアトランタオリンピックで銀メダルを獲得している。

ニコは2017年夏にレアル・マドリードのカンテラに入団。突破力やラストパス、強力なシュート力などで際立っている。今季所属するフベニールB(高校年代の2番目のカテゴリー)で9試合に出場して7ゴールを決めている他、フベニールA6試合に出場し、今年1月8日に行われたプリメーラRFEFのアンドラ戦でカスティージャデビューを果たした。これまで3試合に出場しているが、スタメン入りは一度もない。

すでにワールドカップ本戦出場を決めているアルゼンチンはこの後、現地時間で25日にホームでベネズエラ、29日にアウェーでエクアドルと対戦する。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.03.08 00:14
マドリード通信
レアル・マドリードの17歳カンテラMFニコラス・パス アルゼンチン代表のプレリスト入り
ライブレアルマドリード

アルゼンチン代表のスカローニ監督が6日、今月末に行われるカタールワールドカップ予選2試合に向け、総勢44名の招集メンバーのプレリストを発表した。メッシやディ・マリア、ディバラなどの錚々たるメンバーが揃う中、レアル・マドリードのBチーム、カスティージャでデビューしたばかりのMFニコラス・パスなど、将来有望な10代の若手選手たちが6人選出されている。

ニコは2004年9月8日にカナリア諸島のサンタ・クルス・デ・テネリフェ(スペイン)で生まれた17歳。父親のパブロ・パスはかつてテネリフェやバジャドリードで活躍した元アルゼンチン代表CB。プリメーラ通算成績は82試合5得点。代表で25試合に出場し、1996年のアトランタオリンピックで銀メダルを獲得している。

ニコは2017年夏にレアル・マドリードのカンテラに入団。突破力やラストパス、強力なシュート力などで際立っている。今季所属するフベニールB(高校年代の2番目のカテゴリー)で9試合に出場して7ゴールを決めている他、フベニールA6試合に出場し、今年1月8日に行われたプリメーラRFEFのアンドラ戦でカスティージャデビューを果たした。これまで3試合に出場しているが、スタメン入りは一度もない。

すでにワールドカップ本戦出場を決めているアルゼンチンはこの後、現地時間で25日にホームでベネズエラ、29日にアウェーでエクアドルと対戦する。

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.03.08 00:14
マドリード通信
レアル・マドリードの17歳カンテラMFニコラス・パス アルゼンチン代表のプレリスト入り
ライブレアルマドリード

アルゼンチン代表のスカローニ監督が6日、今月末に行われるカタールワールドカップ予選2試合に向け、総勢44名の招集メンバーのプレリストを発表した。メッシやディ・マリア、ディバラなどの錚々たるメンバーが揃う中、レアル・マドリードのBチーム、カスティージャでデビューしたばかりのMFニコラス・パスなど、将来有望な10代の若手選手たちが6人選出されている。

ニコは2004年9月8日にカナリア諸島のサンタ・クルス・デ・テネリフェ(スペイン)で生まれた17歳。父親のパブロ・パスはかつてテネリフェやバジャドリードで活躍した元アルゼンチン代表CB。プリメーラ通算成績は82試合5得点。代表で25試合に出場し、1996年のアトランタオリンピックで銀メダルを獲得している。

ニコは2017年夏にレアル・マドリードのカンテラに入団。突破力やラストパス、強力なシュート力などで際立っている。今季所属するフベニールB(高校年代の2番目のカテゴリー)で9試合に出場して7ゴールを決めている他、フベニールA6試合に出場し、今年1月8日に行われたプリメーラRFEFのアンドラ戦でカスティージャデビューを果たした。これまで3試合に出場しているが、スタメン入りは一度もない。

すでにワールドカップ本戦出場を決めているアルゼンチンはこの後、現地時間で25日にホームでベネズエラ、29日にアウェーでエクアドルと対戦する。

  • LINEで送る