Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2022.01.25 17:32
マドリード通信
国王杯準々決勝に向けたW杯予選参加のブラジル4選手に対するプラン
ヴィニシウス

今月の代表Aマッチ週間でレアル・マドリードからワールドカップ南米予選を戦うブラジルのカゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス、ロドリゴ、ウルグアイのバルベルデのみ、各国代表に招集されている。

ブラジル代表は今月27日にアウェーでエクアドル、来月1日にホームでパラグアイ、ウルグアイは1月28日にアウェーでパラグアイ、来月1日にホームでベネズエラとそれぞれ対戦する。

そこで問題となるのが来月3日21時30分に組まれている重要な国王杯準々決勝アスレティック戦。スペイン紙ASによると、ブラジルはすでにW杯出場権を手にしているため、レアル・マドリードはブラジルサッカー連盟と何日にも渡り、1戦目が終わった後、4人を解放してもらえるように交渉をしてきたものの、チッチ監督に拒否されたとのこと。しかしブラジルサッカー連盟と2戦目のパラグアイ戦直後にチャーター機で4人を連れ戻す許可をもらったため、アスレティック戦前日2日の17時30分から18時にマドリードに到着でき、翌日のビルバオ遠征に間に合うと同紙は伝えている。

4人の中、ヴィニシウスは先週末のエルチェ戦でイエローカードをもらい累積警告でグラナダ戦には出場できないため、アンチェロッティは他の選手に比べアスレティック戦に少し無理をさせた状態で起用できるとのことだ。

一方、バルベルデはウルグアイ代表がW杯出場をかけた戦いの最中であるため、アスレティック戦に間に確実に合わないと同紙は伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2022.01.25 17:32
マドリード通信
国王杯準々決勝に向けたW杯予選参加のブラジル4選手に対するプラン
ヴィニシウス

今月の代表Aマッチ週間でレアル・マドリードからワールドカップ南米予選を戦うブラジルのカゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス、ロドリゴ、ウルグアイのバルベルデのみ、各国代表に招集されている。

ブラジル代表は今月27日にアウェーでエクアドル、来月1日にホームでパラグアイ、ウルグアイは1月28日にアウェーでパラグアイ、来月1日にホームでベネズエラとそれぞれ対戦する。

そこで問題となるのが来月3日21時30分に組まれている重要な国王杯準々決勝アスレティック戦。スペイン紙ASによると、ブラジルはすでにW杯出場権を手にしているため、レアル・マドリードはブラジルサッカー連盟と何日にも渡り、1戦目が終わった後、4人を解放してもらえるように交渉をしてきたものの、チッチ監督に拒否されたとのこと。しかしブラジルサッカー連盟と2戦目のパラグアイ戦直後にチャーター機で4人を連れ戻す許可をもらったため、アスレティック戦前日2日の17時30分から18時にマドリードに到着でき、翌日のビルバオ遠征に間に合うと同紙は伝えている。

4人の中、ヴィニシウスは先週末のエルチェ戦でイエローカードをもらい累積警告でグラナダ戦には出場できないため、アンチェロッティは他の選手に比べアスレティック戦に少し無理をさせた状態で起用できるとのことだ。

一方、バルベルデはウルグアイ代表がW杯出場をかけた戦いの最中であるため、アスレティック戦に間に確実に合わないと同紙は伝えている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2022.01.25 17:32
マドリード通信
国王杯準々決勝に向けたW杯予選参加のブラジル4選手に対するプラン
ヴィニシウス

今月の代表Aマッチ週間でレアル・マドリードからワールドカップ南米予選を戦うブラジルのカゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス、ロドリゴ、ウルグアイのバルベルデのみ、各国代表に招集されている。

ブラジル代表は今月27日にアウェーでエクアドル、来月1日にホームでパラグアイ、ウルグアイは1月28日にアウェーでパラグアイ、来月1日にホームでベネズエラとそれぞれ対戦する。

そこで問題となるのが来月3日21時30分に組まれている重要な国王杯準々決勝アスレティック戦。スペイン紙ASによると、ブラジルはすでにW杯出場権を手にしているため、レアル・マドリードはブラジルサッカー連盟と何日にも渡り、1戦目が終わった後、4人を解放してもらえるように交渉をしてきたものの、チッチ監督に拒否されたとのこと。しかしブラジルサッカー連盟と2戦目のパラグアイ戦直後にチャーター機で4人を連れ戻す許可をもらったため、アスレティック戦前日2日の17時30分から18時にマドリードに到着でき、翌日のビルバオ遠征に間に合うと同紙は伝えている。

4人の中、ヴィニシウスは先週末のエルチェ戦でイエローカードをもらい累積警告でグラナダ戦には出場できないため、アンチェロッティは他の選手に比べアスレティック戦に少し無理をさせた状態で起用できるとのことだ。

一方、バルベルデはウルグアイ代表がW杯出場をかけた戦いの最中であるため、アスレティック戦に間に確実に合わないと同紙は伝えている。

  • LINEで送る