Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.11.26 18:56
マドリード通信
今季で契約切れのイスコにイタリアとイングランドのビッグクラブが興味
イスコ

今シーズンほとんど出番のないイスコに対し、スーパーリーグ設立プロジェクトに参加したイタリアとイングランドの2つのビッグクラブが興味を持っているとスペインのラジオ局Cadena SERのサッカー番組El Largueroが伝えた。

しかし同メディアによると、両クラブが受け取っているイスコに関する情報がひどいため、正式なオファーは届いておらずそれ以上の進展がないとのこと。またイスコの代理人も明確なオファーがあったかどうかを認めていないとのことである。

実際、イスコは今シーズン、バルベルデの台頭やカマヴィンガの加入、そしてモドリッチやクロースが例年以上の高水準のパフォーマンスを維持していることが影響し、アンチェロッティにほとんど起用されておらず、公式戦の成績は7試合、176分出場、1得点と非常に厳しい状況に陥っている。今月21日のグラナダ戦が実に9月25日のビジャレアル戦以来となる公式戦10試合ぶりの出場だった。

イスコのレアル・マドリードとの契約は来年6月30日までとなっているものの、クラブ側に契約延長の意思がない。これにより来月1日より来シーズンに向けて他のクラブと自由に交渉することが可能となっており、現時点では今季終了後の退団が決定的だと言わざるを得ないだろう。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.11.26 18:56
マドリード通信
今季で契約切れのイスコにイタリアとイングランドのビッグクラブが興味
イスコ

今シーズンほとんど出番のないイスコに対し、スーパーリーグ設立プロジェクトに参加したイタリアとイングランドの2つのビッグクラブが興味を持っているとスペインのラジオ局Cadena SERのサッカー番組El Largueroが伝えた。

しかし同メディアによると、両クラブが受け取っているイスコに関する情報がひどいため、正式なオファーは届いておらずそれ以上の進展がないとのこと。またイスコの代理人も明確なオファーがあったかどうかを認めていないとのことである。

実際、イスコは今シーズン、バルベルデの台頭やカマヴィンガの加入、そしてモドリッチやクロースが例年以上の高水準のパフォーマンスを維持していることが影響し、アンチェロッティにほとんど起用されておらず、公式戦の成績は7試合、176分出場、1得点と非常に厳しい状況に陥っている。今月21日のグラナダ戦が実に9月25日のビジャレアル戦以来となる公式戦10試合ぶりの出場だった。

イスコのレアル・マドリードとの契約は来年6月30日までとなっているものの、クラブ側に契約延長の意思がない。これにより来月1日より来シーズンに向けて他のクラブと自由に交渉することが可能となっており、現時点では今季終了後の退団が決定的だと言わざるを得ないだろう。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.11.26 18:56
マドリード通信
今季で契約切れのイスコにイタリアとイングランドのビッグクラブが興味
イスコ

今シーズンほとんど出番のないイスコに対し、スーパーリーグ設立プロジェクトに参加したイタリアとイングランドの2つのビッグクラブが興味を持っているとスペインのラジオ局Cadena SERのサッカー番組El Largueroが伝えた。

しかし同メディアによると、両クラブが受け取っているイスコに関する情報がひどいため、正式なオファーは届いておらずそれ以上の進展がないとのこと。またイスコの代理人も明確なオファーがあったかどうかを認めていないとのことである。

実際、イスコは今シーズン、バルベルデの台頭やカマヴィンガの加入、そしてモドリッチやクロースが例年以上の高水準のパフォーマンスを維持していることが影響し、アンチェロッティにほとんど起用されておらず、公式戦の成績は7試合、176分出場、1得点と非常に厳しい状況に陥っている。今月21日のグラナダ戦が実に9月25日のビジャレアル戦以来となる公式戦10試合ぶりの出場だった。

イスコのレアル・マドリードとの契約は来年6月30日までとなっているものの、クラブ側に契約延長の意思がない。これにより来月1日より来シーズンに向けて他のクラブと自由に交渉することが可能となっており、現時点では今季終了後の退団が決定的だと言わざるを得ないだろう。

  • LINEで送る