Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.10.16 06:21
マドリード通信
体力の限界迫るバルベルデ 今季開幕からの2ヶ月で全16試合に先発出場
バルベルデ

今季開幕から全ての公式戦に先発出場し続けているバルベルデが体力の限界に達しているとスペイン紙MARCAが強く訴えている。

バルベルデは8月半ばからのわずか2ヶ月間、休むことなく公式戦全16試合に出場してきた(クラブ10試合、代表6試合)。これは3.8日に1試合のペースでプレーしている計算となる。そのため同紙は足に蓄積されている疲労を考慮すると、プレーを停止せざるを得なくなるような怪我に見舞われる可能性があると指摘。実際、16試合のうちピッチに立っていなかったのはわずか30分のみで、出場時間は間もなく1,500分に達するところである。

レアル・マドリードでバルベルデよりも長くプレーしている選手は存在しない。クルトゥワとベンゼマがバルベルデと同じように代表戦含めた全試合に先発出場しているが、両者とも今月の代表ウィークでは2試合しか戦わなかったため、3試合にフル出場したバルベルデに差をつけられている。

そのため同紙はバルベルデに休みが与えられる必要があると指摘しているが、この後、アウェーで19日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦、そして24日にリーガ第10節バルセロナ戦というチームにとって非常に重要な2試合を控えているため、おそらくアンチェロッティに主力に成長しているバルベルデを休ませられるような余裕はないと分析している。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.10.16 06:21
マドリード通信
体力の限界迫るバルベルデ 今季開幕からの2ヶ月で全16試合に先発出場
バルベルデ

今季開幕から全ての公式戦に先発出場し続けているバルベルデが体力の限界に達しているとスペイン紙MARCAが強く訴えている。

バルベルデは8月半ばからのわずか2ヶ月間、休むことなく公式戦全16試合に出場してきた(クラブ10試合、代表6試合)。これは3.8日に1試合のペースでプレーしている計算となる。そのため同紙は足に蓄積されている疲労を考慮すると、プレーを停止せざるを得なくなるような怪我に見舞われる可能性があると指摘。実際、16試合のうちピッチに立っていなかったのはわずか30分のみで、出場時間は間もなく1,500分に達するところである。

レアル・マドリードでバルベルデよりも長くプレーしている選手は存在しない。クルトゥワとベンゼマがバルベルデと同じように代表戦含めた全試合に先発出場しているが、両者とも今月の代表ウィークでは2試合しか戦わなかったため、3試合にフル出場したバルベルデに差をつけられている。

そのため同紙はバルベルデに休みが与えられる必要があると指摘しているが、この後、アウェーで19日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦、そして24日にリーガ第10節バルセロナ戦というチームにとって非常に重要な2試合を控えているため、おそらくアンチェロッティに主力に成長しているバルベルデを休ませられるような余裕はないと分析している。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.10.16 06:21
マドリード通信
体力の限界迫るバルベルデ 今季開幕からの2ヶ月で全16試合に先発出場
バルベルデ

今季開幕から全ての公式戦に先発出場し続けているバルベルデが体力の限界に達しているとスペイン紙MARCAが強く訴えている。

バルベルデは8月半ばからのわずか2ヶ月間、休むことなく公式戦全16試合に出場してきた(クラブ10試合、代表6試合)。これは3.8日に1試合のペースでプレーしている計算となる。そのため同紙は足に蓄積されている疲労を考慮すると、プレーを停止せざるを得なくなるような怪我に見舞われる可能性があると指摘。実際、16試合のうちピッチに立っていなかったのはわずか30分のみで、出場時間は間もなく1,500分に達するところである。

レアル・マドリードでバルベルデよりも長くプレーしている選手は存在しない。クルトゥワとベンゼマがバルベルデと同じように代表戦含めた全試合に先発出場しているが、両者とも今月の代表ウィークでは2試合しか戦わなかったため、3試合にフル出場したバルベルデに差をつけられている。

そのため同紙はバルベルデに休みが与えられる必要があると指摘しているが、この後、アウェーで19日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦、そして24日にリーガ第10節バルセロナ戦というチームにとって非常に重要な2試合を控えているため、おそらくアンチェロッティに主力に成長しているバルベルデを休ませられるような余裕はないと分析している。

  • LINEで送る