Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.10.10 23:15
マドリード通信
レアル・マドリード 今季の負傷者数がプリメーラワーストに
カルバハル

レアル・マドリードが今季、例年同様の悪い習慣に陥り、今季の負傷者数が再びプリメーラワーストになっていることをスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは昨季、怪我人のあまりの多さにクラブの医療チームが大いに批判されていた。実際、昨季の負傷者数は延べ60人でプリメーラワースト。これはワースト2位のグラナダよりも10人も多い数字だった。一方、その他のチームの負傷者数平均は30〜40人、ライバルのバルセロナは38人、アトレティコ29人となっている。

そのためマドリーは今季、フィジカルコーチにアントニオ・ピントゥスを再び迎えたが、多くの選手たちが欧州選手権や南米選手権、オリンピックに参加したため満足いくプレシーズンを送れず、ほとんど体を休めないままシーズンを開始したこともあり再び怪我人が続出している。

マドリーは今季戦った公式戦10試合中、14人が延べ19回怪我し、1試合平均の負傷者数は6.2人で、再びプリメーラで最も負傷者を出しているチームになっている。特にカルバハルとメンディの欠場がアンチェロッティの戦術面に大きな影響を与えている。

特に怪我人の多かった今年1月30日のレバンテ戦から今季のエスパニョール戦までの公式戦35試合(昨季25試合、今季10試合)の負傷者数の1試合平均は約6人。その間、昨季のバジャドリード戦(ホーム)とアタランタ戦(アウェー)で最多9人が負傷欠場した。これに続き昨季のウエスカ戦(アウェー)、ヘタフェ戦(ホーム)、今季のベティス戦(アウェー)、エスパニョール戦(アウェー)が8人だった。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.10.10 23:15
マドリード通信
レアル・マドリード 今季の負傷者数がプリメーラワーストに
カルバハル

レアル・マドリードが今季、例年同様の悪い習慣に陥り、今季の負傷者数が再びプリメーラワーストになっていることをスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは昨季、怪我人のあまりの多さにクラブの医療チームが大いに批判されていた。実際、昨季の負傷者数は延べ60人でプリメーラワースト。これはワースト2位のグラナダよりも10人も多い数字だった。一方、その他のチームの負傷者数平均は30〜40人、ライバルのバルセロナは38人、アトレティコ29人となっている。

そのためマドリーは今季、フィジカルコーチにアントニオ・ピントゥスを再び迎えたが、多くの選手たちが欧州選手権や南米選手権、オリンピックに参加したため満足いくプレシーズンを送れず、ほとんど体を休めないままシーズンを開始したこともあり再び怪我人が続出している。

マドリーは今季戦った公式戦10試合中、14人が延べ19回怪我し、1試合平均の負傷者数は6.2人で、再びプリメーラで最も負傷者を出しているチームになっている。特にカルバハルとメンディの欠場がアンチェロッティの戦術面に大きな影響を与えている。

特に怪我人の多かった今年1月30日のレバンテ戦から今季のエスパニョール戦までの公式戦35試合(昨季25試合、今季10試合)の負傷者数の1試合平均は約6人。その間、昨季のバジャドリード戦(ホーム)とアタランタ戦(アウェー)で最多9人が負傷欠場した。これに続き昨季のウエスカ戦(アウェー)、ヘタフェ戦(ホーム)、今季のベティス戦(アウェー)、エスパニョール戦(アウェー)が8人だった。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.10.10 23:15
マドリード通信
レアル・マドリード 今季の負傷者数がプリメーラワーストに
カルバハル

レアル・マドリードが今季、例年同様の悪い習慣に陥り、今季の負傷者数が再びプリメーラワーストになっていることをスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは昨季、怪我人のあまりの多さにクラブの医療チームが大いに批判されていた。実際、昨季の負傷者数は延べ60人でプリメーラワースト。これはワースト2位のグラナダよりも10人も多い数字だった。一方、その他のチームの負傷者数平均は30〜40人、ライバルのバルセロナは38人、アトレティコ29人となっている。

そのためマドリーは今季、フィジカルコーチにアントニオ・ピントゥスを再び迎えたが、多くの選手たちが欧州選手権や南米選手権、オリンピックに参加したため満足いくプレシーズンを送れず、ほとんど体を休めないままシーズンを開始したこともあり再び怪我人が続出している。

マドリーは今季戦った公式戦10試合中、14人が延べ19回怪我し、1試合平均の負傷者数は6.2人で、再びプリメーラで最も負傷者を出しているチームになっている。特にカルバハルとメンディの欠場がアンチェロッティの戦術面に大きな影響を与えている。

特に怪我人の多かった今年1月30日のレバンテ戦から今季のエスパニョール戦までの公式戦35試合(昨季25試合、今季10試合)の負傷者数の1試合平均は約6人。その間、昨季のバジャドリード戦(ホーム)とアタランタ戦(アウェー)で最多9人が負傷欠場した。これに続き昨季のウエスカ戦(アウェー)、ヘタフェ戦(ホーム)、今季のベティス戦(アウェー)、エスパニョール戦(アウェー)が8人だった。

  • LINEで送る