Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.10.05 06:57
マドリード通信
アンチェロッティ 選手たちに4日間の休暇を与えることを決定
アンチェロッティ

レアル・マドリードはここ3試合未勝利が続き2連敗を喫した悪い状況の中、今月の代表ウィークを迎えている。クルトゥワ、アザール、アラバ、ベンゼマ、モドリッチ、ヨヴィッチ、カゼミーロ、ヴィニシウスJr、ミリトン、バルベルデ、カマヴィンガの11人がそれぞれ、ネーションズリーグ・ファイナルフォー、ワールドカップ予選、U-21欧州選手権予選を戦うため各国代表に招集されている。

その状況下、アンチェロッティは現在の悪い流れを変え、チームをリフレッシュさせる目的で、マドリードに残る選手たちに通常よりも長い休暇を与えることを決定。3日16時15分よりエスパニョール戦を戦ったチームは約4日間の休暇を過ごした後、7日16時に練習を再開する予定である。

マドリーは先月の代表ウィーク後の22日間で7試合、平均3日に1試合というハードな連戦を消化し、エスパニョール戦ではメンディ、カルバハル、マルセロ、セバージョス、ベイル、イスコ、アセンシオ、マリアーノの8人が負傷欠場するという厳しい事態に陥った。その成績は4勝1分2敗となっている。

代表ウィーク直後のリーガ第9節アスレティック戦はワールドカップ南米予選の影響により、カゼミーロ、ヴィニシウス、ミリトン、バルベルデの復帰が遅くなることが考慮され延期される予定。そのため19日にアウェーで行われるチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦で戦いを再開する。

その後、バルセロナ(アウェー)、オサスナ(ホーム)、エルチェ(アウェー)、シャフタール・ドネツク(ホーム)、ラージョ・バジェカーノ(ホーム)相手の5試合を戦い、来月の代表ウィークを迎えることになる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.10.05 06:57
マドリード通信
アンチェロッティ 選手たちに4日間の休暇を与えることを決定
アンチェロッティ

レアル・マドリードはここ3試合未勝利が続き2連敗を喫した悪い状況の中、今月の代表ウィークを迎えている。クルトゥワ、アザール、アラバ、ベンゼマ、モドリッチ、ヨヴィッチ、カゼミーロ、ヴィニシウスJr、ミリトン、バルベルデ、カマヴィンガの11人がそれぞれ、ネーションズリーグ・ファイナルフォー、ワールドカップ予選、U-21欧州選手権予選を戦うため各国代表に招集されている。

その状況下、アンチェロッティは現在の悪い流れを変え、チームをリフレッシュさせる目的で、マドリードに残る選手たちに通常よりも長い休暇を与えることを決定。3日16時15分よりエスパニョール戦を戦ったチームは約4日間の休暇を過ごした後、7日16時に練習を再開する予定である。

マドリーは先月の代表ウィーク後の22日間で7試合、平均3日に1試合というハードな連戦を消化し、エスパニョール戦ではメンディ、カルバハル、マルセロ、セバージョス、ベイル、イスコ、アセンシオ、マリアーノの8人が負傷欠場するという厳しい事態に陥った。その成績は4勝1分2敗となっている。

代表ウィーク直後のリーガ第9節アスレティック戦はワールドカップ南米予選の影響により、カゼミーロ、ヴィニシウス、ミリトン、バルベルデの復帰が遅くなることが考慮され延期される予定。そのため19日にアウェーで行われるチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦で戦いを再開する。

その後、バルセロナ(アウェー)、オサスナ(ホーム)、エルチェ(アウェー)、シャフタール・ドネツク(ホーム)、ラージョ・バジェカーノ(ホーム)相手の5試合を戦い、来月の代表ウィークを迎えることになる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.10.05 06:57
マドリード通信
アンチェロッティ 選手たちに4日間の休暇を与えることを決定
アンチェロッティ

レアル・マドリードはここ3試合未勝利が続き2連敗を喫した悪い状況の中、今月の代表ウィークを迎えている。クルトゥワ、アザール、アラバ、ベンゼマ、モドリッチ、ヨヴィッチ、カゼミーロ、ヴィニシウスJr、ミリトン、バルベルデ、カマヴィンガの11人がそれぞれ、ネーションズリーグ・ファイナルフォー、ワールドカップ予選、U-21欧州選手権予選を戦うため各国代表に招集されている。

その状況下、アンチェロッティは現在の悪い流れを変え、チームをリフレッシュさせる目的で、マドリードに残る選手たちに通常よりも長い休暇を与えることを決定。3日16時15分よりエスパニョール戦を戦ったチームは約4日間の休暇を過ごした後、7日16時に練習を再開する予定である。

マドリーは先月の代表ウィーク後の22日間で7試合、平均3日に1試合というハードな連戦を消化し、エスパニョール戦ではメンディ、カルバハル、マルセロ、セバージョス、ベイル、イスコ、アセンシオ、マリアーノの8人が負傷欠場するという厳しい事態に陥った。その成績は4勝1分2敗となっている。

代表ウィーク直後のリーガ第9節アスレティック戦はワールドカップ南米予選の影響により、カゼミーロ、ヴィニシウス、ミリトン、バルベルデの復帰が遅くなることが考慮され延期される予定。そのため19日にアウェーで行われるチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節シャフタール・ドネツク戦で戦いを再開する。

その後、バルセロナ(アウェー)、オサスナ(ホーム)、エルチェ(アウェー)、シャフタール・ドネツク(ホーム)、ラージョ・バジェカーノ(ホーム)相手の5試合を戦い、来月の代表ウィークを迎えることになる。

  • LINEで送る