Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.09.24 09:50
マドリード通信
アセンシオ代理人:「アンチェロッティが4日前にアセンシオの退団を止めたんだ」
アセンシオ

現在の状況が変わらない場合、退団を希望していたアセンシオについて、選手の代理人がインタビューに答えている。

オファー
マルコが自分のベストの姿を取り戻せるように、10番のポジションでプレーさせると言ってきたクラブがいくつかあった。しかしアンチェロッティが彼に“君を信頼している”と言ったんだ。それにどうやってノーと言えるんだい?それは4日前のことだった。アンチェロッティが彼の退団を止めたんだよ。一方、マドリーは彼のために放出してもいいと考えていた。クラブは彼を信頼しており、彼がベストの姿を取り戻すためにクラブを離れて欲しいと思っていたんだ。

アンチェロッティの説得
アンチェロッティは彼に“君がインサイドでプレーすることに信頼を置いている”“君に残って欲しい”と言ったんだ。私はマルコが純粋なウインガーではないことを分かっている。彼は真ん中でプレーすべきだ。あれはいい話し合いだったし、ほんの数日前のことだった。今シーズン、あのように良くない形になるわけにいかなかったので、我々は1月にどうするかを考え始めていたところだった。

アセンシオのポジション
マルコのポジションは4-4-2のFWの後ろだ。もしダイヤモンド型ならベストだよ。彼には守備面での限界がある一方、縦の推進力を取り戻している。またマルコは中盤に入り、クロースやモドリッチのポジションでもプレーできる。ボランチではなく、その前ならプレーすることが可能だ。マルコは水曜日(マジョルカ戦)、真ん中でプレーできることを知ってとても喜んでいたよ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.09.24 09:50
マドリード通信
アセンシオ代理人:「アンチェロッティが4日前にアセンシオの退団を止めたんだ」
アセンシオ

現在の状況が変わらない場合、退団を希望していたアセンシオについて、選手の代理人がインタビューに答えている。

オファー
マルコが自分のベストの姿を取り戻せるように、10番のポジションでプレーさせると言ってきたクラブがいくつかあった。しかしアンチェロッティが彼に“君を信頼している”と言ったんだ。それにどうやってノーと言えるんだい?それは4日前のことだった。アンチェロッティが彼の退団を止めたんだよ。一方、マドリーは彼のために放出してもいいと考えていた。クラブは彼を信頼しており、彼がベストの姿を取り戻すためにクラブを離れて欲しいと思っていたんだ。

アンチェロッティの説得
アンチェロッティは彼に“君がインサイドでプレーすることに信頼を置いている”“君に残って欲しい”と言ったんだ。私はマルコが純粋なウインガーではないことを分かっている。彼は真ん中でプレーすべきだ。あれはいい話し合いだったし、ほんの数日前のことだった。今シーズン、あのように良くない形になるわけにいかなかったので、我々は1月にどうするかを考え始めていたところだった。

アセンシオのポジション
マルコのポジションは4-4-2のFWの後ろだ。もしダイヤモンド型ならベストだよ。彼には守備面での限界がある一方、縦の推進力を取り戻している。またマルコは中盤に入り、クロースやモドリッチのポジションでもプレーできる。ボランチではなく、その前ならプレーすることが可能だ。マルコは水曜日(マジョルカ戦)、真ん中でプレーできることを知ってとても喜んでいたよ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.09.24 09:50
マドリード通信
アセンシオ代理人:「アンチェロッティが4日前にアセンシオの退団を止めたんだ」
アセンシオ

現在の状況が変わらない場合、退団を希望していたアセンシオについて、選手の代理人がインタビューに答えている。

オファー
マルコが自分のベストの姿を取り戻せるように、10番のポジションでプレーさせると言ってきたクラブがいくつかあった。しかしアンチェロッティが彼に“君を信頼している”と言ったんだ。それにどうやってノーと言えるんだい?それは4日前のことだった。アンチェロッティが彼の退団を止めたんだよ。一方、マドリーは彼のために放出してもいいと考えていた。クラブは彼を信頼しており、彼がベストの姿を取り戻すためにクラブを離れて欲しいと思っていたんだ。

アンチェロッティの説得
アンチェロッティは彼に“君がインサイドでプレーすることに信頼を置いている”“君に残って欲しい”と言ったんだ。私はマルコが純粋なウインガーではないことを分かっている。彼は真ん中でプレーすべきだ。あれはいい話し合いだったし、ほんの数日前のことだった。今シーズン、あのように良くない形になるわけにいかなかったので、我々は1月にどうするかを考え始めていたところだった。

アセンシオのポジション
マルコのポジションは4-4-2のFWの後ろだ。もしダイヤモンド型ならベストだよ。彼には守備面での限界がある一方、縦の推進力を取り戻している。またマルコは中盤に入り、クロースやモドリッチのポジションでもプレーできる。ボランチではなく、その前ならプレーすることが可能だ。マルコは水曜日(マジョルカ戦)、真ん中でプレーできることを知ってとても喜んでいたよ。

  • LINEで送る