Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.09.11 07:30
マドリード通信
新ベルナベウのオープニングセレモニー 来年12月14日実施を検討中
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが現在、改修工事を続けている新サンティアゴ・ベルナベウの正式なオープニングセレモニーについて、来年12月14日実施を検討しているとスペイン紙ASが報じている。

同紙によるとこの日は、1947年12月14日にベレネンセス(ポルトガル)を招き、こけら落としを行なったサンティアゴ・ベルナベウ誕生からちょうど75年目に当たるとのこと。クラブはこの75周年を記念し、世界中のサッカー界の著名人を招待し、カンテラ全チームにピッチ上をパレードさせ、最後を花火を打ち上げて盛大に締めくくることを考えているという。

しかし4日後の12月18日にカタールワールドカップ決勝を控えており、レアル・マドリードの選手たちが多数勝ち残っている可能性を推測されている。そのため12月14日はクラブのためのセレモニーを行い、ワールドカップ後にビッグチームを招待して華々しくこけら落としを実施する予定だと同紙は伝えている。

またクラブは新たなサンティアゴ・ベルナベウの運営により、年間1億5,000万ユーロ(約195億円)〜2億ユーロ(約260億円)の収入を得ることができると考えているとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.09.11 07:30
マドリード通信
新ベルナベウのオープニングセレモニー 来年12月14日実施を検討中
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが現在、改修工事を続けている新サンティアゴ・ベルナベウの正式なオープニングセレモニーについて、来年12月14日実施を検討しているとスペイン紙ASが報じている。

同紙によるとこの日は、1947年12月14日にベレネンセス(ポルトガル)を招き、こけら落としを行なったサンティアゴ・ベルナベウ誕生からちょうど75年目に当たるとのこと。クラブはこの75周年を記念し、世界中のサッカー界の著名人を招待し、カンテラ全チームにピッチ上をパレードさせ、最後を花火を打ち上げて盛大に締めくくることを考えているという。

しかし4日後の12月18日にカタールワールドカップ決勝を控えており、レアル・マドリードの選手たちが多数勝ち残っている可能性を推測されている。そのため12月14日はクラブのためのセレモニーを行い、ワールドカップ後にビッグチームを招待して華々しくこけら落としを実施する予定だと同紙は伝えている。

またクラブは新たなサンティアゴ・ベルナベウの運営により、年間1億5,000万ユーロ(約195億円)〜2億ユーロ(約260億円)の収入を得ることができると考えているとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.09.11 07:30
マドリード通信
新ベルナベウのオープニングセレモニー 来年12月14日実施を検討中
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが現在、改修工事を続けている新サンティアゴ・ベルナベウの正式なオープニングセレモニーについて、来年12月14日実施を検討しているとスペイン紙ASが報じている。

同紙によるとこの日は、1947年12月14日にベレネンセス(ポルトガル)を招き、こけら落としを行なったサンティアゴ・ベルナベウ誕生からちょうど75年目に当たるとのこと。クラブはこの75周年を記念し、世界中のサッカー界の著名人を招待し、カンテラ全チームにピッチ上をパレードさせ、最後を花火を打ち上げて盛大に締めくくることを考えているという。

しかし4日後の12月18日にカタールワールドカップ決勝を控えており、レアル・マドリードの選手たちが多数勝ち残っている可能性を推測されている。そのため12月14日はクラブのためのセレモニーを行い、ワールドカップ後にビッグチームを招待して華々しくこけら落としを実施する予定だと同紙は伝えている。

またクラブは新たなサンティアゴ・ベルナベウの運営により、年間1億5,000万ユーロ(約195億円)〜2億ユーロ(約260億円)の収入を得ることができると考えているとのことだ。

  • LINEで送る