Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.08.31 17:26
マドリード通信
今季最初の代表ウィークがスタート レアル・マドリードから10選手が参加
カゼミーロ

今夏の移籍市場最終日、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWエムバペの獲得交渉が難航する一方、レンヌ所属の18歳の若きフランス代表MFカマヴィンガとの契約が間近に迫ると報じられる中、レアル・マドリードは今シーズン最初の代表ウィークを迎えている。

今回、クロースが代表引退、モドリッチが負傷中、そして欧州選手権に続きスペイン代表にひとりも招集されなかったこともあり、カタールワールドカップ予選に臨む各国代表に招集されたのは、カゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス(ブラジル)、バルベルデ(ウルグアイ)、クルトゥワ、アザール(ベルギー)、ベンゼマ(フランス)、ベイル(ウェールズ)、アラバ(オーストリア)、ヨヴィッチ(セルビア)の10選手のみとなっている。

この中で南米の代表選手に関しては今回、通常よりも拘束時間が長く、代表ウィーク明けのリーガ出場が非常に厳しい状況にあるため、ラ・リーガが選手の派遣しないことをFIFAと南米サッカー連盟に要請したものの却下されていた。

実際、レアル・マドリードの選手の場合、マドリードへの戻りが11日午前になるため、ラ・リーガは選手たちが出場できるように、11日に予定されていた1年半ぶりのサンティアゴ・ベルナベウでの有観客開催となるセルタ戦を12日に変更し対応している。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.08.31 17:26
マドリード通信
今季最初の代表ウィークがスタート レアル・マドリードから10選手が参加
カゼミーロ

今夏の移籍市場最終日、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWエムバペの獲得交渉が難航する一方、レンヌ所属の18歳の若きフランス代表MFカマヴィンガとの契約が間近に迫ると報じられる中、レアル・マドリードは今シーズン最初の代表ウィークを迎えている。

今回、クロースが代表引退、モドリッチが負傷中、そして欧州選手権に続きスペイン代表にひとりも招集されなかったこともあり、カタールワールドカップ予選に臨む各国代表に招集されたのは、カゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス(ブラジル)、バルベルデ(ウルグアイ)、クルトゥワ、アザール(ベルギー)、ベンゼマ(フランス)、ベイル(ウェールズ)、アラバ(オーストリア)、ヨヴィッチ(セルビア)の10選手のみとなっている。

この中で南米の代表選手に関しては今回、通常よりも拘束時間が長く、代表ウィーク明けのリーガ出場が非常に厳しい状況にあるため、ラ・リーガが選手の派遣しないことをFIFAと南米サッカー連盟に要請したものの却下されていた。

実際、レアル・マドリードの選手の場合、マドリードへの戻りが11日午前になるため、ラ・リーガは選手たちが出場できるように、11日に予定されていた1年半ぶりのサンティアゴ・ベルナベウでの有観客開催となるセルタ戦を12日に変更し対応している。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.08.31 17:26
マドリード通信
今季最初の代表ウィークがスタート レアル・マドリードから10選手が参加
カゼミーロ

今夏の移籍市場最終日、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWエムバペの獲得交渉が難航する一方、レンヌ所属の18歳の若きフランス代表MFカマヴィンガとの契約が間近に迫ると報じられる中、レアル・マドリードは今シーズン最初の代表ウィークを迎えている。

今回、クロースが代表引退、モドリッチが負傷中、そして欧州選手権に続きスペイン代表にひとりも招集されなかったこともあり、カタールワールドカップ予選に臨む各国代表に招集されたのは、カゼミーロ、ミリトン、ヴィニシウス(ブラジル)、バルベルデ(ウルグアイ)、クルトゥワ、アザール(ベルギー)、ベンゼマ(フランス)、ベイル(ウェールズ)、アラバ(オーストリア)、ヨヴィッチ(セルビア)の10選手のみとなっている。

この中で南米の代表選手に関しては今回、通常よりも拘束時間が長く、代表ウィーク明けのリーガ出場が非常に厳しい状況にあるため、ラ・リーガが選手の派遣しないことをFIFAと南米サッカー連盟に要請したものの却下されていた。

実際、レアル・マドリードの選手の場合、マドリードへの戻りが11日午前になるため、ラ・リーガは選手たちが出場できるように、11日に予定されていた1年半ぶりのサンティアゴ・ベルナベウでの有観客開催となるセルタ戦を12日に変更し対応している。

  • LINEで送る