Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.07.23 17:44
マドリード通信
4つのポジションでプレーできるアラバのポリバレントな能力
アラバ

アラバが22日にレアル・マドリード加入後、最初の練習に参加した中、スペイン紙ASがその類まれなポリバレントな能力に着目し、今季プレーできる可能性のあるポジションについて説明した。

アラバの本来のポジションは左サイドバック(左ウイングバック)だが、左CB、ボランチ、左サイドハーフと、最大4つのポジションでプレーできることを同紙は強調。また入団会見でアンチェロッティに特定のポジションでのプレーを要求されていないことを明言していた。

さらに同紙は、セルヒオ・ラモスの背番号4を引き継いだことでも示されている通り、レアル・マドリードはメンディ、マルセロ、カスティージャの将来有望なミゲル・グティエレスのいる左サイドバックで起用するためではなく、左CBに入れることを想定し獲得したと伝えている。実際、アラバはアンチェロッティ指揮下のバイエルン・ミュンヘン時代、CBで40回起用された一方、左サイドバックに配置されたのはわずか11回だった。

この2つがアラバの主要なポジションになるが、オーストリア代表ではよりゲームをオーガナイズし、攻撃的にプレーする幅広い役割を求められ、ボランチや左サイドハーフでもプレーしてきた。

今夏の欧州選手権では最初、CBでプレーし、最後は左ウイングバックで終わっていた。一方、カタールワールドカップ予選では左サイドの攻撃的なポジションでプレーした。またこれまで、オーストリアでは何年にも渡りボランチでもプレーしているため、アンチェロッティはアラバをカゼミーロのバックアップとして起用することも可能となっている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.07.23 17:44
マドリード通信
4つのポジションでプレーできるアラバのポリバレントな能力
アラバ

アラバが22日にレアル・マドリード加入後、最初の練習に参加した中、スペイン紙ASがその類まれなポリバレントな能力に着目し、今季プレーできる可能性のあるポジションについて説明した。

アラバの本来のポジションは左サイドバック(左ウイングバック)だが、左CB、ボランチ、左サイドハーフと、最大4つのポジションでプレーできることを同紙は強調。また入団会見でアンチェロッティに特定のポジションでのプレーを要求されていないことを明言していた。

さらに同紙は、セルヒオ・ラモスの背番号4を引き継いだことでも示されている通り、レアル・マドリードはメンディ、マルセロ、カスティージャの将来有望なミゲル・グティエレスのいる左サイドバックで起用するためではなく、左CBに入れることを想定し獲得したと伝えている。実際、アラバはアンチェロッティ指揮下のバイエルン・ミュンヘン時代、CBで40回起用された一方、左サイドバックに配置されたのはわずか11回だった。

この2つがアラバの主要なポジションになるが、オーストリア代表ではよりゲームをオーガナイズし、攻撃的にプレーする幅広い役割を求められ、ボランチや左サイドハーフでもプレーしてきた。

今夏の欧州選手権では最初、CBでプレーし、最後は左ウイングバックで終わっていた。一方、カタールワールドカップ予選では左サイドの攻撃的なポジションでプレーした。またこれまで、オーストリアでは何年にも渡りボランチでもプレーしているため、アンチェロッティはアラバをカゼミーロのバックアップとして起用することも可能となっている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.07.23 17:44
マドリード通信
4つのポジションでプレーできるアラバのポリバレントな能力
アラバ

アラバが22日にレアル・マドリード加入後、最初の練習に参加した中、スペイン紙ASがその類まれなポリバレントな能力に着目し、今季プレーできる可能性のあるポジションについて説明した。

アラバの本来のポジションは左サイドバック(左ウイングバック)だが、左CB、ボランチ、左サイドハーフと、最大4つのポジションでプレーできることを同紙は強調。また入団会見でアンチェロッティに特定のポジションでのプレーを要求されていないことを明言していた。

さらに同紙は、セルヒオ・ラモスの背番号4を引き継いだことでも示されている通り、レアル・マドリードはメンディ、マルセロ、カスティージャの将来有望なミゲル・グティエレスのいる左サイドバックで起用するためではなく、左CBに入れることを想定し獲得したと伝えている。実際、アラバはアンチェロッティ指揮下のバイエルン・ミュンヘン時代、CBで40回起用された一方、左サイドバックに配置されたのはわずか11回だった。

この2つがアラバの主要なポジションになるが、オーストリア代表ではよりゲームをオーガナイズし、攻撃的にプレーする幅広い役割を求められ、ボランチや左サイドハーフでもプレーしてきた。

今夏の欧州選手権では最初、CBでプレーし、最後は左ウイングバックで終わっていた。一方、カタールワールドカップ予選では左サイドの攻撃的なポジションでプレーした。またこれまで、オーストリアでは何年にも渡りボランチでもプレーしているため、アンチェロッティはアラバをカゼミーロのバックアップとして起用することも可能となっている。

  • LINEで送る