Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.07.17 18:11
マドリード通信
レアル・マドリード イギリスのEU脱退によりEU圏外枠の問題抱える
ベイル

レアル・マドリードが今季、イギリスがEUから脱退したことによりメンバー構成で問題を抱えることになるとスペイン紙ASが報じている。

昨季はスペインサッカー連盟、ラ・リーガ、AFE(スペインサッカー選手協会)の取り決めにより、イギリス人選手はEU圏外枠にカウントされなかった。しかし今季、現時点ではその特例が認められていないため、リーガではベイルとアトレティコ・マドリードのトリッピアーがその影響を受けることになるという。そのため今後、両クラブが新たな協定が結ばれるように働きかけると推測されている。

マドリーでは昨季、ヴィニシウス、ミリトン、ロドリゴがEU圏外枠を占めていた。しかし関係者の話によると、今季は年俸手取り1,500万ユーロ(約195,000万円)を受け取る高給取りのベイルのチーム復帰は確実であるという。

またヴィニシウスが昨年よりスペイン国籍の取得申請を行っているものの、パンデミックの影響を大きく受け、行政上の手続きが遅れており、今後数カ月のうちに解決される可能性は非常に低いとのこと。そのため規定が変わらない場合、ブラジル人3選手のひとりがリーガに登録できなくなり、さらに久保の3季連続のレンタルが確実だと見られている。

同紙はベイルがEU圏外枠の選手となり、ヴィニシウスの二重国籍取得が長引いた場合、実現可能なオプションとして、ロドリゴをカスティージャに登録するというプランを挙げている。この場合、ロドリゴはヴィニシウスがEU圏外枠から抜けるまでリーガでプレーできない一方、規定の異なるチャンピオンズリーグ、国王杯、スーペルコパには参加できると伝えている。

リーガ開幕まで1ヶ月を切る中、EU圏外枠の問題がどのように解決されるかに今後、大きな注目が集まることになりそうだ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.07.17 18:11
マドリード通信
レアル・マドリード イギリスのEU脱退によりEU圏外枠の問題抱える
ベイル

レアル・マドリードが今季、イギリスがEUから脱退したことによりメンバー構成で問題を抱えることになるとスペイン紙ASが報じている。

昨季はスペインサッカー連盟、ラ・リーガ、AFE(スペインサッカー選手協会)の取り決めにより、イギリス人選手はEU圏外枠にカウントされなかった。しかし今季、現時点ではその特例が認められていないため、リーガではベイルとアトレティコ・マドリードのトリッピアーがその影響を受けることになるという。そのため今後、両クラブが新たな協定が結ばれるように働きかけると推測されている。

マドリーでは昨季、ヴィニシウス、ミリトン、ロドリゴがEU圏外枠を占めていた。しかし関係者の話によると、今季は年俸手取り1,500万ユーロ(約195,000万円)を受け取る高給取りのベイルのチーム復帰は確実であるという。

またヴィニシウスが昨年よりスペイン国籍の取得申請を行っているものの、パンデミックの影響を大きく受け、行政上の手続きが遅れており、今後数カ月のうちに解決される可能性は非常に低いとのこと。そのため規定が変わらない場合、ブラジル人3選手のひとりがリーガに登録できなくなり、さらに久保の3季連続のレンタルが確実だと見られている。

同紙はベイルがEU圏外枠の選手となり、ヴィニシウスの二重国籍取得が長引いた場合、実現可能なオプションとして、ロドリゴをカスティージャに登録するというプランを挙げている。この場合、ロドリゴはヴィニシウスがEU圏外枠から抜けるまでリーガでプレーできない一方、規定の異なるチャンピオンズリーグ、国王杯、スーペルコパには参加できると伝えている。

リーガ開幕まで1ヶ月を切る中、EU圏外枠の問題がどのように解決されるかに今後、大きな注目が集まることになりそうだ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.07.17 18:11
マドリード通信
レアル・マドリード イギリスのEU脱退によりEU圏外枠の問題抱える
ベイル

レアル・マドリードが今季、イギリスがEUから脱退したことによりメンバー構成で問題を抱えることになるとスペイン紙ASが報じている。

昨季はスペインサッカー連盟、ラ・リーガ、AFE(スペインサッカー選手協会)の取り決めにより、イギリス人選手はEU圏外枠にカウントされなかった。しかし今季、現時点ではその特例が認められていないため、リーガではベイルとアトレティコ・マドリードのトリッピアーがその影響を受けることになるという。そのため今後、両クラブが新たな協定が結ばれるように働きかけると推測されている。

マドリーでは昨季、ヴィニシウス、ミリトン、ロドリゴがEU圏外枠を占めていた。しかし関係者の話によると、今季は年俸手取り1,500万ユーロ(約195,000万円)を受け取る高給取りのベイルのチーム復帰は確実であるという。

またヴィニシウスが昨年よりスペイン国籍の取得申請を行っているものの、パンデミックの影響を大きく受け、行政上の手続きが遅れており、今後数カ月のうちに解決される可能性は非常に低いとのこと。そのため規定が変わらない場合、ブラジル人3選手のひとりがリーガに登録できなくなり、さらに久保の3季連続のレンタルが確実だと見られている。

同紙はベイルがEU圏外枠の選手となり、ヴィニシウスの二重国籍取得が長引いた場合、実現可能なオプションとして、ロドリゴをカスティージャに登録するというプランを挙げている。この場合、ロドリゴはヴィニシウスがEU圏外枠から抜けるまでリーガでプレーできない一方、規定の異なるチャンピオンズリーグ、国王杯、スーペルコパには参加できると伝えている。

リーガ開幕まで1ヶ月を切る中、EU圏外枠の問題がどのように解決されるかに今後、大きな注目が集まることになりそうだ。

  • LINEで送る