Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.06.03 03:29
記者会見
アンチェロッティ:「カルロ・アンチェロッティはより多くの経験があるので6年前と同じではない」
アンチェロッティ

6シーズンぶりにレアル・マドリード監督に復帰したアンチェロッティが2日、新監督就任会見に出席した。

挨拶
会長とホセ・アンヘル(ゼネラルディレクター)に感謝している。ここにいられて嬉しいし、ここを自分の家のように感じている。我々が過去にやったことを再びできるように、自分の全エネルギーを注ぎ込むつもりだ。ここで過ごした時代にとても良い思い出があるし、その経験の中、再び良いことができると思っている。私はレアル・マドリードを指揮することの意味を分かっているが、大きな喜びと幸せを感じながらやっている。全力を尽くすつもりだ。

復帰
私はできる限りのエネルギーと責任感を持ち、それに立ち向かうつもりだ。マドリーを率いることは素晴らしい責任だよ。マドリーは世界最高のクラブなので、他の場所よりも大きな責任を負うことになるのは普通のことだ。私はそれを受け入れているし、以前やってきたようにやるつもりだ。

セルヒオ・ラモスの契約延長
レアル・マドリードは何があろうとも全ての大会に参加するし、できる限りのベストメンバーで臨むつもりだ。ラモスに関して、私は今来たばかりなので、全てのことについてクラブと話す必要があるし、今後数日以内にそうするつもりだ。私にはアンチェロッティがいないマドリーを想像できなかったが、実際に起こっている。復帰への動きが非常に速かったので、メンバーについて話す時間がなかった。しかし私は選手たちのことをよく知っている。監督復帰して彼らと一緒に再び仕事をすることをとても楽しみにしているよ。将来について近日中にプランニングする予定だ。

エムバペのようなクラック(名手)が必要か?
クオリティの高い選手がいれば勝つことがより容易になるし、選手の個性がより多くのものを与えてくれるのは間違いない。しかし一緒にプレーする能力が非常に重要となる。

プレースタイル
このクラブの伝統はスペクタクルで激しいサッカーをやることだ。サッカーは近年変化しており、今はよりアグレッシブかつ組織化されているし、ルールの一部が変更されている。しかしマドリーは常に変わらない。攻撃的かつスペクタクルなサッカーをやる。それがこのクラブの歴史とサポーターが求めるものだ。

メンバー
私はメンバーやレンタル選手、カンテラーノのことをとてもよく分かっているし、全てのことに対し、落ち着いて評価したいと思っている。私が初めてここにいた時、ヘセ、カゼミーロ、モラタ、カルバハルの4選手がカスティージャからやって来た。今後数日間で我々は全ての大会を戦えるようにメンバーについてしっかりとプランニングするつもりだ。

ベテラン選手
私はベイル、イスコ、マルセロなどに大きな愛情を持っている。彼らはレアル・マドリードの選手であるし、そのことが大きなモチベーションになっている。ジャッジされるのはピッチであるし、彼らは練習にしっかりと取り組み、マドリーでプレーできるということを監督に示す必要がある。

フロレンティーノ・ペレス会長
会長に少し前に会い、少しだけ話したよ。今後数日間のうちに我々は仕事を開始する予定だ。私にとってここにいられることは非常に重要なことなので、会長に感謝を伝えたよ。

マドリーの未来
カルロ・アンチェロッティは6年前と同じではない。私にはより多くの経験があるからね。私は家族的な雰囲気のエバートンでとてもうまくやっていたが、またネガティブな経験も成長に役立つものだ。私にはベイル、クロース、モドリッチ、ベンゼマ、ラモス、ロドリゴ、ヴィニシウス、バルベルデなど、経験豊富な選手やクオリティの高いグループで構成された非常に素晴らしいメンバーがいる。しかし選手が非常に多いため、詳細を検討した後、少し減らす必要があるし、そうするためにどうするか様子を見ていくつもりだ。

コーチングスタッフ
今後数日間のうちに決定する予定だ。

セルヒオ・ラモス
セルヒオ・ラモスは非常に大切な選手であるし、全ての成功のために重要だ。今後、彼と話すつもりだが、私は詳細について知らない。

決定力不足
ベンゼマは30ゴールではなく50ゴールを決めなければいけないし、ヴィニシウスもゴールを決める必要がある。我々は他の選手たちのゴールをより必要としているし、皆がもっと多くのゴールを決めなければいけない。ベンゼマはトップレベルのストライカーであり、大きな進化を遂げてきた。また私は多くの若手選手にとても期待している。目標はゴールを決めること。ストライカーだけが30ゴールを決めるのではなく、ウイングの選手たちももっとゴールを目指す必要がある。

現在のメンバー
このメンバーでタイトルを争うことができるはずだ。マドリーはチャンピオンズリーグ準決勝まで進出しているし、リーガ優勝を争っていたからね。間違いなくそれができるはずだ。

ベイル
ガレスはプレミアリーグであまりプレーしていなかったが、多くのゴールを決めていたし、あまり継続して試合に出ていない時でも、最近の試合では非常に決定的な役割を果たしていた。私は彼のことをよく知っているし、彼は戻ってくる。もし彼にプレーするモチベーションがあるのならば、素晴らしいシーズンを送ることができるだろう。私はそのことに何の疑問も持っていない。

エバートン
全てのチームが独自の目標を持っている。マドリーの目標は全てのタイトルを獲得することだ。一方、エバートンはヨーロッパリーグ出場権を獲得するために戦っていた。タイトルを獲得することだけが成功ではない。監督にとっての成功はクラブの設定する目標を達成することだ。1年前、エバートンは残留争いを戦わなかったし、今シーズンはヨーロッパリーグ出場のために戦っていた。

マドリーでの思い出
我々が勝利した試合や収めた成功、困難な瞬間、自分がここを去った日や初めてやって来た日など、私は全てのことを鮮明に覚えている。5年が経過したのは事実だが、ここに戻ってきたことはいつも通り特別だ。初めてここに来た時と同じ感覚だよ。でも今比較すると最初の時の方が不安だった。今はより大きな自信があるからね。

ジダンの仕事ぶり
ジダンについて私は何を言えばいいんだ!彼は短期間でチャンピオンズリーグに3度優勝し、最後まで戦ってきた。誰もがジダンに感謝しなければいけないが、サッカーとはそういうもの。来るものもいれば去るものもいる。しかし彼が成し遂げたことは信じ難いことだよ。まだ彼と話をしていない。今後話すつもりだよ。ジズーは私の友人だ。

アザール
彼はトップレベルの選手だが初年度に問題を抱えていた。まだ自身のポテンシャルをフルに発揮できていないが、彼には意欲がある。自信を持っているし、今シーズンは爆発する年になるかもしれない。

クリスティアーノ・ロナウド
私はクリスティアーノに大きな愛情を持っているが、他のクラブと契約を結んでいる選手について話すのは好きではない。でも私が彼に対して持っている愛情や幸せについてなら話すことができる。なぜなら彼はユーベで今でもとてもうまくやっているし、多くのゴールを決めていたからね。あるイタリア人記者が私に、クリスティアーノがキャリアの終わりかどうかを質問してきたので“その通りだ”と答えたよ。なぜなら彼はいつも50ゴールを決めているのに、30ゴールしか決めていなかったからね。リズムが落ちている。

ジダンの手紙
私にはジズーと会長との個人的な関係が分からないのでそのことについて答えたいくない。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.06.03 03:29
記者会見
アンチェロッティ:「カルロ・アンチェロッティはより多くの経験があるので6年前と同じではない」
アンチェロッティ

6シーズンぶりにレアル・マドリード監督に復帰したアンチェロッティが2日、新監督就任会見に出席した。

挨拶
会長とホセ・アンヘル(ゼネラルディレクター)に感謝している。ここにいられて嬉しいし、ここを自分の家のように感じている。我々が過去にやったことを再びできるように、自分の全エネルギーを注ぎ込むつもりだ。ここで過ごした時代にとても良い思い出があるし、その経験の中、再び良いことができると思っている。私はレアル・マドリードを指揮することの意味を分かっているが、大きな喜びと幸せを感じながらやっている。全力を尽くすつもりだ。

復帰
私はできる限りのエネルギーと責任感を持ち、それに立ち向かうつもりだ。マドリーを率いることは素晴らしい責任だよ。マドリーは世界最高のクラブなので、他の場所よりも大きな責任を負うことになるのは普通のことだ。私はそれを受け入れているし、以前やってきたようにやるつもりだ。

セルヒオ・ラモスの契約延長
レアル・マドリードは何があろうとも全ての大会に参加するし、できる限りのベストメンバーで臨むつもりだ。ラモスに関して、私は今来たばかりなので、全てのことについてクラブと話す必要があるし、今後数日以内にそうするつもりだ。私にはアンチェロッティがいないマドリーを想像できなかったが、実際に起こっている。復帰への動きが非常に速かったので、メンバーについて話す時間がなかった。しかし私は選手たちのことをよく知っている。監督復帰して彼らと一緒に再び仕事をすることをとても楽しみにしているよ。将来について近日中にプランニングする予定だ。

エムバペのようなクラック(名手)が必要か?
クオリティの高い選手がいれば勝つことがより容易になるし、選手の個性がより多くのものを与えてくれるのは間違いない。しかし一緒にプレーする能力が非常に重要となる。

プレースタイル
このクラブの伝統はスペクタクルで激しいサッカーをやることだ。サッカーは近年変化しており、今はよりアグレッシブかつ組織化されているし、ルールの一部が変更されている。しかしマドリーは常に変わらない。攻撃的かつスペクタクルなサッカーをやる。それがこのクラブの歴史とサポーターが求めるものだ。

メンバー
私はメンバーやレンタル選手、カンテラーノのことをとてもよく分かっているし、全てのことに対し、落ち着いて評価したいと思っている。私が初めてここにいた時、ヘセ、カゼミーロ、モラタ、カルバハルの4選手がカスティージャからやって来た。今後数日間で我々は全ての大会を戦えるようにメンバーについてしっかりとプランニングするつもりだ。

ベテラン選手
私はベイル、イスコ、マルセロなどに大きな愛情を持っている。彼らはレアル・マドリードの選手であるし、そのことが大きなモチベーションになっている。ジャッジされるのはピッチであるし、彼らは練習にしっかりと取り組み、マドリーでプレーできるということを監督に示す必要がある。

フロレンティーノ・ペレス会長
会長に少し前に会い、少しだけ話したよ。今後数日間のうちに我々は仕事を開始する予定だ。私にとってここにいられることは非常に重要なことなので、会長に感謝を伝えたよ。

マドリーの未来
カルロ・アンチェロッティは6年前と同じではない。私にはより多くの経験があるからね。私は家族的な雰囲気のエバートンでとてもうまくやっていたが、またネガティブな経験も成長に役立つものだ。私にはベイル、クロース、モドリッチ、ベンゼマ、ラモス、ロドリゴ、ヴィニシウス、バルベルデなど、経験豊富な選手やクオリティの高いグループで構成された非常に素晴らしいメンバーがいる。しかし選手が非常に多いため、詳細を検討した後、少し減らす必要があるし、そうするためにどうするか様子を見ていくつもりだ。

コーチングスタッフ
今後数日間のうちに決定する予定だ。

セルヒオ・ラモス
セルヒオ・ラモスは非常に大切な選手であるし、全ての成功のために重要だ。今後、彼と話すつもりだが、私は詳細について知らない。

決定力不足
ベンゼマは30ゴールではなく50ゴールを決めなければいけないし、ヴィニシウスもゴールを決める必要がある。我々は他の選手たちのゴールをより必要としているし、皆がもっと多くのゴールを決めなければいけない。ベンゼマはトップレベルのストライカーであり、大きな進化を遂げてきた。また私は多くの若手選手にとても期待している。目標はゴールを決めること。ストライカーだけが30ゴールを決めるのではなく、ウイングの選手たちももっとゴールを目指す必要がある。

現在のメンバー
このメンバーでタイトルを争うことができるはずだ。マドリーはチャンピオンズリーグ準決勝まで進出しているし、リーガ優勝を争っていたからね。間違いなくそれができるはずだ。

ベイル
ガレスはプレミアリーグであまりプレーしていなかったが、多くのゴールを決めていたし、あまり継続して試合に出ていない時でも、最近の試合では非常に決定的な役割を果たしていた。私は彼のことをよく知っているし、彼は戻ってくる。もし彼にプレーするモチベーションがあるのならば、素晴らしいシーズンを送ることができるだろう。私はそのことに何の疑問も持っていない。

エバートン
全てのチームが独自の目標を持っている。マドリーの目標は全てのタイトルを獲得することだ。一方、エバートンはヨーロッパリーグ出場権を獲得するために戦っていた。タイトルを獲得することだけが成功ではない。監督にとっての成功はクラブの設定する目標を達成することだ。1年前、エバートンは残留争いを戦わなかったし、今シーズンはヨーロッパリーグ出場のために戦っていた。

マドリーでの思い出
我々が勝利した試合や収めた成功、困難な瞬間、自分がここを去った日や初めてやって来た日など、私は全てのことを鮮明に覚えている。5年が経過したのは事実だが、ここに戻ってきたことはいつも通り特別だ。初めてここに来た時と同じ感覚だよ。でも今比較すると最初の時の方が不安だった。今はより大きな自信があるからね。

ジダンの仕事ぶり
ジダンについて私は何を言えばいいんだ!彼は短期間でチャンピオンズリーグに3度優勝し、最後まで戦ってきた。誰もがジダンに感謝しなければいけないが、サッカーとはそういうもの。来るものもいれば去るものもいる。しかし彼が成し遂げたことは信じ難いことだよ。まだ彼と話をしていない。今後話すつもりだよ。ジズーは私の友人だ。

アザール
彼はトップレベルの選手だが初年度に問題を抱えていた。まだ自身のポテンシャルをフルに発揮できていないが、彼には意欲がある。自信を持っているし、今シーズンは爆発する年になるかもしれない。

クリスティアーノ・ロナウド
私はクリスティアーノに大きな愛情を持っているが、他のクラブと契約を結んでいる選手について話すのは好きではない。でも私が彼に対して持っている愛情や幸せについてなら話すことができる。なぜなら彼はユーベで今でもとてもうまくやっているし、多くのゴールを決めていたからね。あるイタリア人記者が私に、クリスティアーノがキャリアの終わりかどうかを質問してきたので“その通りだ”と答えたよ。なぜなら彼はいつも50ゴールを決めているのに、30ゴールしか決めていなかったからね。リズムが落ちている。

ジダンの手紙
私にはジズーと会長との個人的な関係が分からないのでそのことについて答えたいくない。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.06.03 03:29
記者会見
アンチェロッティ:「カルロ・アンチェロッティはより多くの経験があるので6年前と同じではない」
アンチェロッティ

6シーズンぶりにレアル・マドリード監督に復帰したアンチェロッティが2日、新監督就任会見に出席した。

挨拶
会長とホセ・アンヘル(ゼネラルディレクター)に感謝している。ここにいられて嬉しいし、ここを自分の家のように感じている。我々が過去にやったことを再びできるように、自分の全エネルギーを注ぎ込むつもりだ。ここで過ごした時代にとても良い思い出があるし、その経験の中、再び良いことができると思っている。私はレアル・マドリードを指揮することの意味を分かっているが、大きな喜びと幸せを感じながらやっている。全力を尽くすつもりだ。

復帰
私はできる限りのエネルギーと責任感を持ち、それに立ち向かうつもりだ。マドリーを率いることは素晴らしい責任だよ。マドリーは世界最高のクラブなので、他の場所よりも大きな責任を負うことになるのは普通のことだ。私はそれを受け入れているし、以前やってきたようにやるつもりだ。

セルヒオ・ラモスの契約延長
レアル・マドリードは何があろうとも全ての大会に参加するし、できる限りのベストメンバーで臨むつもりだ。ラモスに関して、私は今来たばかりなので、全てのことについてクラブと話す必要があるし、今後数日以内にそうするつもりだ。私にはアンチェロッティがいないマドリーを想像できなかったが、実際に起こっている。復帰への動きが非常に速かったので、メンバーについて話す時間がなかった。しかし私は選手たちのことをよく知っている。監督復帰して彼らと一緒に再び仕事をすることをとても楽しみにしているよ。将来について近日中にプランニングする予定だ。

エムバペのようなクラック(名手)が必要か?
クオリティの高い選手がいれば勝つことがより容易になるし、選手の個性がより多くのものを与えてくれるのは間違いない。しかし一緒にプレーする能力が非常に重要となる。

プレースタイル
このクラブの伝統はスペクタクルで激しいサッカーをやることだ。サッカーは近年変化しており、今はよりアグレッシブかつ組織化されているし、ルールの一部が変更されている。しかしマドリーは常に変わらない。攻撃的かつスペクタクルなサッカーをやる。それがこのクラブの歴史とサポーターが求めるものだ。

メンバー
私はメンバーやレンタル選手、カンテラーノのことをとてもよく分かっているし、全てのことに対し、落ち着いて評価したいと思っている。私が初めてここにいた時、ヘセ、カゼミーロ、モラタ、カルバハルの4選手がカスティージャからやって来た。今後数日間で我々は全ての大会を戦えるようにメンバーについてしっかりとプランニングするつもりだ。

ベテラン選手
私はベイル、イスコ、マルセロなどに大きな愛情を持っている。彼らはレアル・マドリードの選手であるし、そのことが大きなモチベーションになっている。ジャッジされるのはピッチであるし、彼らは練習にしっかりと取り組み、マドリーでプレーできるということを監督に示す必要がある。

フロレンティーノ・ペレス会長
会長に少し前に会い、少しだけ話したよ。今後数日間のうちに我々は仕事を開始する予定だ。私にとってここにいられることは非常に重要なことなので、会長に感謝を伝えたよ。

マドリーの未来
カルロ・アンチェロッティは6年前と同じではない。私にはより多くの経験があるからね。私は家族的な雰囲気のエバートンでとてもうまくやっていたが、またネガティブな経験も成長に役立つものだ。私にはベイル、クロース、モドリッチ、ベンゼマ、ラモス、ロドリゴ、ヴィニシウス、バルベルデなど、経験豊富な選手やクオリティの高いグループで構成された非常に素晴らしいメンバーがいる。しかし選手が非常に多いため、詳細を検討した後、少し減らす必要があるし、そうするためにどうするか様子を見ていくつもりだ。

コーチングスタッフ
今後数日間のうちに決定する予定だ。

セルヒオ・ラモス
セルヒオ・ラモスは非常に大切な選手であるし、全ての成功のために重要だ。今後、彼と話すつもりだが、私は詳細について知らない。

決定力不足
ベンゼマは30ゴールではなく50ゴールを決めなければいけないし、ヴィニシウスもゴールを決める必要がある。我々は他の選手たちのゴールをより必要としているし、皆がもっと多くのゴールを決めなければいけない。ベンゼマはトップレベルのストライカーであり、大きな進化を遂げてきた。また私は多くの若手選手にとても期待している。目標はゴールを決めること。ストライカーだけが30ゴールを決めるのではなく、ウイングの選手たちももっとゴールを目指す必要がある。

現在のメンバー
このメンバーでタイトルを争うことができるはずだ。マドリーはチャンピオンズリーグ準決勝まで進出しているし、リーガ優勝を争っていたからね。間違いなくそれができるはずだ。

ベイル
ガレスはプレミアリーグであまりプレーしていなかったが、多くのゴールを決めていたし、あまり継続して試合に出ていない時でも、最近の試合では非常に決定的な役割を果たしていた。私は彼のことをよく知っているし、彼は戻ってくる。もし彼にプレーするモチベーションがあるのならば、素晴らしいシーズンを送ることができるだろう。私はそのことに何の疑問も持っていない。

エバートン
全てのチームが独自の目標を持っている。マドリーの目標は全てのタイトルを獲得することだ。一方、エバートンはヨーロッパリーグ出場権を獲得するために戦っていた。タイトルを獲得することだけが成功ではない。監督にとっての成功はクラブの設定する目標を達成することだ。1年前、エバートンは残留争いを戦わなかったし、今シーズンはヨーロッパリーグ出場のために戦っていた。

マドリーでの思い出
我々が勝利した試合や収めた成功、困難な瞬間、自分がここを去った日や初めてやって来た日など、私は全てのことを鮮明に覚えている。5年が経過したのは事実だが、ここに戻ってきたことはいつも通り特別だ。初めてここに来た時と同じ感覚だよ。でも今比較すると最初の時の方が不安だった。今はより大きな自信があるからね。

ジダンの仕事ぶり
ジダンについて私は何を言えばいいんだ!彼は短期間でチャンピオンズリーグに3度優勝し、最後まで戦ってきた。誰もがジダンに感謝しなければいけないが、サッカーとはそういうもの。来るものもいれば去るものもいる。しかし彼が成し遂げたことは信じ難いことだよ。まだ彼と話をしていない。今後話すつもりだよ。ジズーは私の友人だ。

アザール
彼はトップレベルの選手だが初年度に問題を抱えていた。まだ自身のポテンシャルをフルに発揮できていないが、彼には意欲がある。自信を持っているし、今シーズンは爆発する年になるかもしれない。

クリスティアーノ・ロナウド
私はクリスティアーノに大きな愛情を持っているが、他のクラブと契約を結んでいる選手について話すのは好きではない。でも私が彼に対して持っている愛情や幸せについてなら話すことができる。なぜなら彼はユーベで今でもとてもうまくやっているし、多くのゴールを決めていたからね。あるイタリア人記者が私に、クリスティアーノがキャリアの終わりかどうかを質問してきたので“その通りだ”と答えたよ。なぜなら彼はいつも50ゴールを決めているのに、30ゴールしか決めていなかったからね。リズムが落ちている。

ジダンの手紙
私にはジズーと会長との個人的な関係が分からないのでそのことについて答えたいくない。

  • LINEで送る