Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.05.08 20:15
公式声明
公式声明:UEFにのスーパーリーグについての声明に対して
公式声明

5月7日付けでUEFAがスーパーリーグおよび創設クラブのうちの9クラブについて声明を出した件で、フットボール・クラブ・バルセロナ、ユベントス・デ・トリノ、レアル・マドリード・デ・フットボールは以下について表明します。

(I) スーパーリーグ創設クラブはこれまで(そして現在も)プロジェクトを放棄するよう圧力や脅し、提示を受けており、建設的な対話から生じる具体的な提案を通じてサッカーのエコシステムに解決策を提供する責任と権利があります。裁判所はスーパーリーグのプロジェクトについてFIFAとUEFAに対し司法手続きが直接または関連団体を通じて処理されている間、創設クラブにペナルティーを科す可能性のある、またはスーパーリーグに反する行動をとることを控えるよう断固とした姿勢を示している以上、これは受け入れられないものです。

(II) スーパーリーグ・プロジェクトは創設12クラブ共同で設計されたもの

a. 現在サッカーのファミリーが直面している持続不可能な状況に対する解決策を提供するため、我々のスポーツの持続可能性を保証することを目的とした構造改革に着手することが不可欠であると考え、12の創設クラブとヨーロッパのサッカーのさまざまな関係者は、現在の社会経済状況に深い懸念を表明しています。 だからこそ4月18日、12クラブはスーパーリーグを創設し、UEFAおよびFIFAとの連携を取る可能性の確立を希望していると発表しました。

b. 現状のサッカー組織とそのエコシステムに最大限の敬意を示しつつ、その中で創設クラブはスーパーリーグが開催されるのはUEFAおよび(または)FIFAによって承認された場合、または適用される法制度により、それぞれの大会における創設クラブの継続性あらゆる目的で互換性のある大会として認められた場合のみ、ということで意見が一致していました。しかし、これらの条件を認識しているにもかかわらず、UEFAとFIFAは適切な形での話し合いの場の確立を拒否しました。

c. 多くのクラブの存続を脅かす深刻な危機の影響を受けているヨーロッパのサッカーファミリー全体に財政的安定をもたらすため、その証拠にUEFAが提供するものを大幅に上回る年次連帯金を支払うというスーパーリーグの責任と、専門家によって検証された明確で透明かつ効果的な管理システムを作成することによって財政的持続可能性のルールを強化するという義務があります。

(III) スーパーリーグは世界中のファンに可能な限り最高なスペクタクルを提供し、このスポーツのグローバルな関心を大きくする唯一のチャンスとして12の創設クラブが理解したもので、新しい世代のトレンドに則したものです。一方、女子サッカーを世界的に宣伝することも目的としており、これはその歴史的な宣伝の機会です。

(IV) 我々はスーパーリーグのイニシアチブが生み出した幅広い分野での様々な反応を十分に認識しており、これらの反応を引き起こした原因を振り返り、提案されたアプローチを可能な限り再考する必要があります。しかしながらサッカー界のニーズと体系的な危機を認識し、スーパーリーグを発表するに至った状況を認識し、効果的で持続可能な解決策と脅威となる問題への回答を提供するという使命を放棄した場合、取り返しのつかないことになります。

(V) 我々の友人でありスーパーリーグ・プロジェクト創設メンバーが昨日、UEFAとの一定の約束を引き受けたあと支離滅裂(また一貫性のない)な立場を取っていることを遺憾に思います。しかし数週間前に12クラブがスーパーリーグを発表することになった重大な問題が消えていないことを考えると、UEFAから受け続けている容認できない圧力と脅威があろうとも、​私たちは自分たちの歴史を尊重し、パートナーやファンへの責任、スポーツの経済的持続可能性、サッカーの利益のために、責任を持って行動し、解決策を模索する義務があるという主張を繰り返します。 

(VI) 結論として、我々はFIFA、UEFA、全てのサッカー関係者に対しスーパーリーグの発表以来何度かしてきたように、耐え難い圧力をかけることなく、法の支配を尊重して、十分な敬意を持って議論することに対しての我々の責任と確かな意識を繰り返して主張します。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.05.08 20:15
公式声明
公式声明:UEFにのスーパーリーグについての声明に対して
公式声明

5月7日付けでUEFAがスーパーリーグおよび創設クラブのうちの9クラブについて声明を出した件で、フットボール・クラブ・バルセロナ、ユベントス・デ・トリノ、レアル・マドリード・デ・フットボールは以下について表明します。

(I) スーパーリーグ創設クラブはこれまで(そして現在も)プロジェクトを放棄するよう圧力や脅し、提示を受けており、建設的な対話から生じる具体的な提案を通じてサッカーのエコシステムに解決策を提供する責任と権利があります。裁判所はスーパーリーグのプロジェクトについてFIFAとUEFAに対し司法手続きが直接または関連団体を通じて処理されている間、創設クラブにペナルティーを科す可能性のある、またはスーパーリーグに反する行動をとることを控えるよう断固とした姿勢を示している以上、これは受け入れられないものです。

(II) スーパーリーグ・プロジェクトは創設12クラブ共同で設計されたもの

a. 現在サッカーのファミリーが直面している持続不可能な状況に対する解決策を提供するため、我々のスポーツの持続可能性を保証することを目的とした構造改革に着手することが不可欠であると考え、12の創設クラブとヨーロッパのサッカーのさまざまな関係者は、現在の社会経済状況に深い懸念を表明しています。 だからこそ4月18日、12クラブはスーパーリーグを創設し、UEFAおよびFIFAとの連携を取る可能性の確立を希望していると発表しました。

b. 現状のサッカー組織とそのエコシステムに最大限の敬意を示しつつ、その中で創設クラブはスーパーリーグが開催されるのはUEFAおよび(または)FIFAによって承認された場合、または適用される法制度により、それぞれの大会における創設クラブの継続性あらゆる目的で互換性のある大会として認められた場合のみ、ということで意見が一致していました。しかし、これらの条件を認識しているにもかかわらず、UEFAとFIFAは適切な形での話し合いの場の確立を拒否しました。

c. 多くのクラブの存続を脅かす深刻な危機の影響を受けているヨーロッパのサッカーファミリー全体に財政的安定をもたらすため、その証拠にUEFAが提供するものを大幅に上回る年次連帯金を支払うというスーパーリーグの責任と、専門家によって検証された明確で透明かつ効果的な管理システムを作成することによって財政的持続可能性のルールを強化するという義務があります。

(III) スーパーリーグは世界中のファンに可能な限り最高なスペクタクルを提供し、このスポーツのグローバルな関心を大きくする唯一のチャンスとして12の創設クラブが理解したもので、新しい世代のトレンドに則したものです。一方、女子サッカーを世界的に宣伝することも目的としており、これはその歴史的な宣伝の機会です。

(IV) 我々はスーパーリーグのイニシアチブが生み出した幅広い分野での様々な反応を十分に認識しており、これらの反応を引き起こした原因を振り返り、提案されたアプローチを可能な限り再考する必要があります。しかしながらサッカー界のニーズと体系的な危機を認識し、スーパーリーグを発表するに至った状況を認識し、効果的で持続可能な解決策と脅威となる問題への回答を提供するという使命を放棄した場合、取り返しのつかないことになります。

(V) 我々の友人でありスーパーリーグ・プロジェクト創設メンバーが昨日、UEFAとの一定の約束を引き受けたあと支離滅裂(また一貫性のない)な立場を取っていることを遺憾に思います。しかし数週間前に12クラブがスーパーリーグを発表することになった重大な問題が消えていないことを考えると、UEFAから受け続けている容認できない圧力と脅威があろうとも、​私たちは自分たちの歴史を尊重し、パートナーやファンへの責任、スポーツの経済的持続可能性、サッカーの利益のために、責任を持って行動し、解決策を模索する義務があるという主張を繰り返します。 

(VI) 結論として、我々はFIFA、UEFA、全てのサッカー関係者に対しスーパーリーグの発表以来何度かしてきたように、耐え難い圧力をかけることなく、法の支配を尊重して、十分な敬意を持って議論することに対しての我々の責任と確かな意識を繰り返して主張します。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.05.08 20:15
公式声明
公式声明:UEFにのスーパーリーグについての声明に対して
公式声明

5月7日付けでUEFAがスーパーリーグおよび創設クラブのうちの9クラブについて声明を出した件で、フットボール・クラブ・バルセロナ、ユベントス・デ・トリノ、レアル・マドリード・デ・フットボールは以下について表明します。

(I) スーパーリーグ創設クラブはこれまで(そして現在も)プロジェクトを放棄するよう圧力や脅し、提示を受けており、建設的な対話から生じる具体的な提案を通じてサッカーのエコシステムに解決策を提供する責任と権利があります。裁判所はスーパーリーグのプロジェクトについてFIFAとUEFAに対し司法手続きが直接または関連団体を通じて処理されている間、創設クラブにペナルティーを科す可能性のある、またはスーパーリーグに反する行動をとることを控えるよう断固とした姿勢を示している以上、これは受け入れられないものです。

(II) スーパーリーグ・プロジェクトは創設12クラブ共同で設計されたもの

a. 現在サッカーのファミリーが直面している持続不可能な状況に対する解決策を提供するため、我々のスポーツの持続可能性を保証することを目的とした構造改革に着手することが不可欠であると考え、12の創設クラブとヨーロッパのサッカーのさまざまな関係者は、現在の社会経済状況に深い懸念を表明しています。 だからこそ4月18日、12クラブはスーパーリーグを創設し、UEFAおよびFIFAとの連携を取る可能性の確立を希望していると発表しました。

b. 現状のサッカー組織とそのエコシステムに最大限の敬意を示しつつ、その中で創設クラブはスーパーリーグが開催されるのはUEFAおよび(または)FIFAによって承認された場合、または適用される法制度により、それぞれの大会における創設クラブの継続性あらゆる目的で互換性のある大会として認められた場合のみ、ということで意見が一致していました。しかし、これらの条件を認識しているにもかかわらず、UEFAとFIFAは適切な形での話し合いの場の確立を拒否しました。

c. 多くのクラブの存続を脅かす深刻な危機の影響を受けているヨーロッパのサッカーファミリー全体に財政的安定をもたらすため、その証拠にUEFAが提供するものを大幅に上回る年次連帯金を支払うというスーパーリーグの責任と、専門家によって検証された明確で透明かつ効果的な管理システムを作成することによって財政的持続可能性のルールを強化するという義務があります。

(III) スーパーリーグは世界中のファンに可能な限り最高なスペクタクルを提供し、このスポーツのグローバルな関心を大きくする唯一のチャンスとして12の創設クラブが理解したもので、新しい世代のトレンドに則したものです。一方、女子サッカーを世界的に宣伝することも目的としており、これはその歴史的な宣伝の機会です。

(IV) 我々はスーパーリーグのイニシアチブが生み出した幅広い分野での様々な反応を十分に認識しており、これらの反応を引き起こした原因を振り返り、提案されたアプローチを可能な限り再考する必要があります。しかしながらサッカー界のニーズと体系的な危機を認識し、スーパーリーグを発表するに至った状況を認識し、効果的で持続可能な解決策と脅威となる問題への回答を提供するという使命を放棄した場合、取り返しのつかないことになります。

(V) 我々の友人でありスーパーリーグ・プロジェクト創設メンバーが昨日、UEFAとの一定の約束を引き受けたあと支離滅裂(また一貫性のない)な立場を取っていることを遺憾に思います。しかし数週間前に12クラブがスーパーリーグを発表することになった重大な問題が消えていないことを考えると、UEFAから受け続けている容認できない圧力と脅威があろうとも、​私たちは自分たちの歴史を尊重し、パートナーやファンへの責任、スポーツの経済的持続可能性、サッカーの利益のために、責任を持って行動し、解決策を模索する義務があるという主張を繰り返します。 

(VI) 結論として、我々はFIFA、UEFA、全てのサッカー関係者に対しスーパーリーグの発表以来何度かしてきたように、耐え難い圧力をかけることなく、法の支配を尊重して、十分な敬意を持って議論することに対しての我々の責任と確かな意識を繰り返して主張します。

  • LINEで送る