Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.02.26 19:00
マドリード通信
負傷中のベンゼマ、3月7日のマドリードダービーで戦列復帰が濃厚に
09・ベンゼマ

負傷中のベンゼマが3月7日に開催されるアトレティコ・マドリードとのマドリードダービーに間に合う可能性が高いとスペイン紙MARCAが伝えている。

同紙によると、ベンゼマの内転筋の怪我は重傷ではなく、回復状況が非常に良好のため、グループ練習に復帰した際に再発しなければ、ジダン指揮下のチームに加わることができるとのことだ。

クラブとベンゼマの目標はマドリードダービーでの復帰だが、その前のレアル・ソシエダ戦で戦列復帰できる可能性もあるという。しかしクラブ内では100%の状態に戻った場合のみ戦列復帰することを望む声も挙がっているため、リスクを冒すことはないと見られている。

いずれにしても、ベンゼマ不在の攻撃陣の得点力不足は顕著であるため、マドリードダービーおよびアタランタとの第2戦への出場の期待が高い。

ベンゼマは今シーズンここまで、公式戦17得点を記録しチーム得点王。2位のカゼミーロが6得点であることを考えると、得点の比重がベンゼマに大きく偏っていることは明らかである。

またベンゼマが欠場した直近のリーガのバジャドリード戦ではカゼミーロ、チャンピオンズリーグのアタランタではメンディがゴールを決めてチームを救っており、攻撃陣の頼りなさが改めて浮き彫りになった。

実際、ヴィニシウスが最後にゴールを決めたのは4ヶ月以上前の10月21日で今季30試合3得点、アセンシオは今季30試合に出場しわずか2得点、負傷中のアザールは3得点、ロドリゴは1得点となっている。そのため今後3ヶ月、ベンゼマの力が必要なのは言うまでもないだろう。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.02.26 19:00
マドリード通信
負傷中のベンゼマ、3月7日のマドリードダービーで戦列復帰が濃厚に
09・ベンゼマ

負傷中のベンゼマが3月7日に開催されるアトレティコ・マドリードとのマドリードダービーに間に合う可能性が高いとスペイン紙MARCAが伝えている。

同紙によると、ベンゼマの内転筋の怪我は重傷ではなく、回復状況が非常に良好のため、グループ練習に復帰した際に再発しなければ、ジダン指揮下のチームに加わることができるとのことだ。

クラブとベンゼマの目標はマドリードダービーでの復帰だが、その前のレアル・ソシエダ戦で戦列復帰できる可能性もあるという。しかしクラブ内では100%の状態に戻った場合のみ戦列復帰することを望む声も挙がっているため、リスクを冒すことはないと見られている。

いずれにしても、ベンゼマ不在の攻撃陣の得点力不足は顕著であるため、マドリードダービーおよびアタランタとの第2戦への出場の期待が高い。

ベンゼマは今シーズンここまで、公式戦17得点を記録しチーム得点王。2位のカゼミーロが6得点であることを考えると、得点の比重がベンゼマに大きく偏っていることは明らかである。

またベンゼマが欠場した直近のリーガのバジャドリード戦ではカゼミーロ、チャンピオンズリーグのアタランタではメンディがゴールを決めてチームを救っており、攻撃陣の頼りなさが改めて浮き彫りになった。

実際、ヴィニシウスが最後にゴールを決めたのは4ヶ月以上前の10月21日で今季30試合3得点、アセンシオは今季30試合に出場しわずか2得点、負傷中のアザールは3得点、ロドリゴは1得点となっている。そのため今後3ヶ月、ベンゼマの力が必要なのは言うまでもないだろう。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.02.26 19:00
マドリード通信
負傷中のベンゼマ、3月7日のマドリードダービーで戦列復帰が濃厚に
09・ベンゼマ

負傷中のベンゼマが3月7日に開催されるアトレティコ・マドリードとのマドリードダービーに間に合う可能性が高いとスペイン紙MARCAが伝えている。

同紙によると、ベンゼマの内転筋の怪我は重傷ではなく、回復状況が非常に良好のため、グループ練習に復帰した際に再発しなければ、ジダン指揮下のチームに加わることができるとのことだ。

クラブとベンゼマの目標はマドリードダービーでの復帰だが、その前のレアル・ソシエダ戦で戦列復帰できる可能性もあるという。しかしクラブ内では100%の状態に戻った場合のみ戦列復帰することを望む声も挙がっているため、リスクを冒すことはないと見られている。

いずれにしても、ベンゼマ不在の攻撃陣の得点力不足は顕著であるため、マドリードダービーおよびアタランタとの第2戦への出場の期待が高い。

ベンゼマは今シーズンここまで、公式戦17得点を記録しチーム得点王。2位のカゼミーロが6得点であることを考えると、得点の比重がベンゼマに大きく偏っていることは明らかである。

またベンゼマが欠場した直近のリーガのバジャドリード戦ではカゼミーロ、チャンピオンズリーグのアタランタではメンディがゴールを決めてチームを救っており、攻撃陣の頼りなさが改めて浮き彫りになった。

実際、ヴィニシウスが最後にゴールを決めたのは4ヶ月以上前の10月21日で今季30試合3得点、アセンシオは今季30試合に出場しわずか2得点、負傷中のアザールは3得点、ロドリゴは1得点となっている。そのため今後3ヶ月、ベンゼマの力が必要なのは言うまでもないだろう。

  • LINEで送る