Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.02.22 20:46
マドリード通信
ヴァラン、セルヒオ・ラモス欠くアタランタ戦で名誉挽回を目指す
05・ヴァラン

チャンピオンズリーグで2シーズン続けてラウンド16で敗退しているレアル・マドリードにとって、24日にアウェーで行われるアタランタ戦はシーズンでも特に重要な一戦となる。

しかし、この戦いはセルヒオ・ラモスを欠いた状況で臨むことになるため、スペイン紙MARCAはヴァランにとってのハードなテストになると伝えている。なぜならヴァランはこれまで、ラモス不在のチャンピオンズリーグで任務を遂行できず、度々悪いイメージを残しているためである。

今シーズン、マドリーはラモスを欠いた中、チャンピオンズリーグ3試合を戦い1勝2敗だった。その中で最後にラモスが欠場した昨年12月1日にアウェーで開催されたシャフタール・ドネツク戦、ヴァランは守備のリーダーとしての役割が求められたものの、最初の失点時にメンディとの間で致命的なミスを犯し、散々なパフォーマンスでチームも2-0の敗北を喫している。

また昨年10月にホームで行われたシャフタール・ドネツク戦でもラモスを欠いたが、ヴァランはCBでコンビを組んだミリトンとともに最低のパフォーマンスを見せ、オウンゴールも記録し2-3で敗れていた。

しかしラモスを欠いた際のチャンピオンズリーグでのヴァランの信頼度の低さは今シーズンだけに止まらず、過去の重要な戦いでも顕著になっている。

2018/19シーズンのラウンド16第2戦でヴァランはアヤックスの勢いを止められずに1-4の大敗を喫し、昨年8月に行われた昨シーズンのラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦では2失点につながる大きなミスを犯して2-1の敗北を喫し、2シーズン連続でラウンド16敗退の憂き目にあっている。

このような状況であるため、ラモス不在のベルガモで行われるアタランタとの初戦は、ヴァランのパフォーマンスに注目が集まるのは間違いない。しかしヴァランは今季、負傷者続出の中で怪我を一度もしていない4選手の中のひとりとなっており、フィールドプレーヤー最多の公式戦29試合に出場している。そしてラモス不在の中、ここ3試合連続無失点という堅固な守備を披露するチームに大きく貢献し、好調を維持している。

24日はヴァランにとって、ここのところ欧州の舞台で失っている名誉を取り戻すための絶好の機会となる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.02.22 20:46
マドリード通信
ヴァラン、セルヒオ・ラモス欠くアタランタ戦で名誉挽回を目指す
05・ヴァラン

チャンピオンズリーグで2シーズン続けてラウンド16で敗退しているレアル・マドリードにとって、24日にアウェーで行われるアタランタ戦はシーズンでも特に重要な一戦となる。

しかし、この戦いはセルヒオ・ラモスを欠いた状況で臨むことになるため、スペイン紙MARCAはヴァランにとってのハードなテストになると伝えている。なぜならヴァランはこれまで、ラモス不在のチャンピオンズリーグで任務を遂行できず、度々悪いイメージを残しているためである。

今シーズン、マドリーはラモスを欠いた中、チャンピオンズリーグ3試合を戦い1勝2敗だった。その中で最後にラモスが欠場した昨年12月1日にアウェーで開催されたシャフタール・ドネツク戦、ヴァランは守備のリーダーとしての役割が求められたものの、最初の失点時にメンディとの間で致命的なミスを犯し、散々なパフォーマンスでチームも2-0の敗北を喫している。

また昨年10月にホームで行われたシャフタール・ドネツク戦でもラモスを欠いたが、ヴァランはCBでコンビを組んだミリトンとともに最低のパフォーマンスを見せ、オウンゴールも記録し2-3で敗れていた。

しかしラモスを欠いた際のチャンピオンズリーグでのヴァランの信頼度の低さは今シーズンだけに止まらず、過去の重要な戦いでも顕著になっている。

2018/19シーズンのラウンド16第2戦でヴァランはアヤックスの勢いを止められずに1-4の大敗を喫し、昨年8月に行われた昨シーズンのラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦では2失点につながる大きなミスを犯して2-1の敗北を喫し、2シーズン連続でラウンド16敗退の憂き目にあっている。

このような状況であるため、ラモス不在のベルガモで行われるアタランタとの初戦は、ヴァランのパフォーマンスに注目が集まるのは間違いない。しかしヴァランは今季、負傷者続出の中で怪我を一度もしていない4選手の中のひとりとなっており、フィールドプレーヤー最多の公式戦29試合に出場している。そしてラモス不在の中、ここ3試合連続無失点という堅固な守備を披露するチームに大きく貢献し、好調を維持している。

24日はヴァランにとって、ここのところ欧州の舞台で失っている名誉を取り戻すための絶好の機会となる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.02.22 20:46
マドリード通信
ヴァラン、セルヒオ・ラモス欠くアタランタ戦で名誉挽回を目指す
05・ヴァラン

チャンピオンズリーグで2シーズン続けてラウンド16で敗退しているレアル・マドリードにとって、24日にアウェーで行われるアタランタ戦はシーズンでも特に重要な一戦となる。

しかし、この戦いはセルヒオ・ラモスを欠いた状況で臨むことになるため、スペイン紙MARCAはヴァランにとってのハードなテストになると伝えている。なぜならヴァランはこれまで、ラモス不在のチャンピオンズリーグで任務を遂行できず、度々悪いイメージを残しているためである。

今シーズン、マドリーはラモスを欠いた中、チャンピオンズリーグ3試合を戦い1勝2敗だった。その中で最後にラモスが欠場した昨年12月1日にアウェーで開催されたシャフタール・ドネツク戦、ヴァランは守備のリーダーとしての役割が求められたものの、最初の失点時にメンディとの間で致命的なミスを犯し、散々なパフォーマンスでチームも2-0の敗北を喫している。

また昨年10月にホームで行われたシャフタール・ドネツク戦でもラモスを欠いたが、ヴァランはCBでコンビを組んだミリトンとともに最低のパフォーマンスを見せ、オウンゴールも記録し2-3で敗れていた。

しかしラモスを欠いた際のチャンピオンズリーグでのヴァランの信頼度の低さは今シーズンだけに止まらず、過去の重要な戦いでも顕著になっている。

2018/19シーズンのラウンド16第2戦でヴァランはアヤックスの勢いを止められずに1-4の大敗を喫し、昨年8月に行われた昨シーズンのラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦では2失点につながる大きなミスを犯して2-1の敗北を喫し、2シーズン連続でラウンド16敗退の憂き目にあっている。

このような状況であるため、ラモス不在のベルガモで行われるアタランタとの初戦は、ヴァランのパフォーマンスに注目が集まるのは間違いない。しかしヴァランは今季、負傷者続出の中で怪我を一度もしていない4選手の中のひとりとなっており、フィールドプレーヤー最多の公式戦29試合に出場している。そしてラモス不在の中、ここ3試合連続無失点という堅固な守備を披露するチームに大きく貢献し、好調を維持している。

24日はヴァランにとって、ここのところ欧州の舞台で失っている名誉を取り戻すための絶好の機会となる。

  • LINEで送る