Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.01.16 18:13
マドリード通信
スーペルコパデビューのアザール、アスレティック戦は落第点
07・アザール

アザールが準決勝のアスレティック戦でスーペルコパデビューを果たすも落第点で終わったとスペイン紙ASが伝えている。

アザールはクリスティアーノ・ロナウドの代わりとして大きな期待を背負い2019年夏にレアル・マドリードへ入団したが、ここまで度重なる怪我に苦しみ、在籍1年半での公式戦出場はわずか32試合。本来のクオリティを示した瞬間はほとんどない。

今シーズンはここまで、公式戦10試合、486分間出場し2得点0アシスト。ゴールは決めたのはウエスカ戦とインテル・ミラノ戦のみで、2018年のロシアワールドカップのベルギー代表や2019年にヨーロッパリーグを制したチェルシーでの姿からは程遠いものとなっている。

アスレティック戦はジダンが理想的と考えるアセンシオ、ベンゼマ、アザールの3トップで臨んだ今シーズン4回目だった。それまでの3試合、ウエスカ(4-1)、インテル・ミラノ(3-2)、オサスナ(0-0)の通算成績は2勝1分0敗と悪くはなかった。

しかし引き分けたオサスナ戦、アザールにとって負傷後初の先発出場や大雪の影響もあり、低調なパフォーマンスに終わったが、アスレティック戦はそれが悪化する結果となった。

ジダンはキックオフ後、アザールを右サイドに配置するという新たな試みを行なったが、アザールは序盤にシュートを打った以外、プレーに影響を与えることができなかったこともあり、ラウール・ガルシアに先制点を許した直後、アザールをいつも通りの左サイドに戻していた。

今現在、サポーターの間ではアザールが先発出場するに値しないと考え始められているとのことだが、ジダンは元の姿を取り戻すことを信じてやまない。実際、アスレティック戦後の記者会見で、「エデンは自信を取り戻し、良いゲームをやり、ゴールを決める必要がある。我々は彼がどんな選手かを分かっているので、辛抱強くならなければいけない。彼は必死に取り組んでいるし、我々は彼と一緒にいる」と擁護していた。

アザールにはこの後、20日の国王杯のメンバーに入らない可能性が高く、23日に行われる次戦アラベス戦まで十分な準備期間がある。マドリー入団前の姿に戻り、先発出場する価値があると周囲を納得させるため、一生懸命トレーニングに励むことになるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.01.16 18:13
マドリード通信
スーペルコパデビューのアザール、アスレティック戦は落第点
07・アザール

アザールが準決勝のアスレティック戦でスーペルコパデビューを果たすも落第点で終わったとスペイン紙ASが伝えている。

アザールはクリスティアーノ・ロナウドの代わりとして大きな期待を背負い2019年夏にレアル・マドリードへ入団したが、ここまで度重なる怪我に苦しみ、在籍1年半での公式戦出場はわずか32試合。本来のクオリティを示した瞬間はほとんどない。

今シーズンはここまで、公式戦10試合、486分間出場し2得点0アシスト。ゴールは決めたのはウエスカ戦とインテル・ミラノ戦のみで、2018年のロシアワールドカップのベルギー代表や2019年にヨーロッパリーグを制したチェルシーでの姿からは程遠いものとなっている。

アスレティック戦はジダンが理想的と考えるアセンシオ、ベンゼマ、アザールの3トップで臨んだ今シーズン4回目だった。それまでの3試合、ウエスカ(4-1)、インテル・ミラノ(3-2)、オサスナ(0-0)の通算成績は2勝1分0敗と悪くはなかった。

しかし引き分けたオサスナ戦、アザールにとって負傷後初の先発出場や大雪の影響もあり、低調なパフォーマンスに終わったが、アスレティック戦はそれが悪化する結果となった。

ジダンはキックオフ後、アザールを右サイドに配置するという新たな試みを行なったが、アザールは序盤にシュートを打った以外、プレーに影響を与えることができなかったこともあり、ラウール・ガルシアに先制点を許した直後、アザールをいつも通りの左サイドに戻していた。

今現在、サポーターの間ではアザールが先発出場するに値しないと考え始められているとのことだが、ジダンは元の姿を取り戻すことを信じてやまない。実際、アスレティック戦後の記者会見で、「エデンは自信を取り戻し、良いゲームをやり、ゴールを決める必要がある。我々は彼がどんな選手かを分かっているので、辛抱強くならなければいけない。彼は必死に取り組んでいるし、我々は彼と一緒にいる」と擁護していた。

アザールにはこの後、20日の国王杯のメンバーに入らない可能性が高く、23日に行われる次戦アラベス戦まで十分な準備期間がある。マドリー入団前の姿に戻り、先発出場する価値があると周囲を納得させるため、一生懸命トレーニングに励むことになるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.01.16 18:13
マドリード通信
スーペルコパデビューのアザール、アスレティック戦は落第点
07・アザール

アザールが準決勝のアスレティック戦でスーペルコパデビューを果たすも落第点で終わったとスペイン紙ASが伝えている。

アザールはクリスティアーノ・ロナウドの代わりとして大きな期待を背負い2019年夏にレアル・マドリードへ入団したが、ここまで度重なる怪我に苦しみ、在籍1年半での公式戦出場はわずか32試合。本来のクオリティを示した瞬間はほとんどない。

今シーズンはここまで、公式戦10試合、486分間出場し2得点0アシスト。ゴールは決めたのはウエスカ戦とインテル・ミラノ戦のみで、2018年のロシアワールドカップのベルギー代表や2019年にヨーロッパリーグを制したチェルシーでの姿からは程遠いものとなっている。

アスレティック戦はジダンが理想的と考えるアセンシオ、ベンゼマ、アザールの3トップで臨んだ今シーズン4回目だった。それまでの3試合、ウエスカ(4-1)、インテル・ミラノ(3-2)、オサスナ(0-0)の通算成績は2勝1分0敗と悪くはなかった。

しかし引き分けたオサスナ戦、アザールにとって負傷後初の先発出場や大雪の影響もあり、低調なパフォーマンスに終わったが、アスレティック戦はそれが悪化する結果となった。

ジダンはキックオフ後、アザールを右サイドに配置するという新たな試みを行なったが、アザールは序盤にシュートを打った以外、プレーに影響を与えることができなかったこともあり、ラウール・ガルシアに先制点を許した直後、アザールをいつも通りの左サイドに戻していた。

今現在、サポーターの間ではアザールが先発出場するに値しないと考え始められているとのことだが、ジダンは元の姿を取り戻すことを信じてやまない。実際、アスレティック戦後の記者会見で、「エデンは自信を取り戻し、良いゲームをやり、ゴールを決める必要がある。我々は彼がどんな選手かを分かっているので、辛抱強くならなければいけない。彼は必死に取り組んでいるし、我々は彼と一緒にいる」と擁護していた。

アザールにはこの後、20日の国王杯のメンバーに入らない可能性が高く、23日に行われる次戦アラベス戦まで十分な準備期間がある。マドリー入団前の姿に戻り、先発出場する価値があると周囲を納得させるため、一生懸命トレーニングに励むことになるだろう。

  • LINEで送る