Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.01.12 20:01
マドリード通信
ムバッペの今夏獲得に向けた財政プラン
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向けた計画があると、スペイン紙アスが12日に報じている。

ムバッペのパリ・サンジェルマンとの契約は2022年6月30日までだが、現時点で契約延長を行ってない。マウリシオ・ポチェッティーノが新監督に就任したことで延長交渉が活性化すると見られるが、マドリーにはムバッペを獲得するための財政プランがあるとのことだ。

ムバッペの移籍金を見てみると、現時点でその金額は未知数であり、全てはパリ・サンジェルマンとの交渉次第となるとのことだが、ネイマール獲得の際にバルセロナへ支払った2億2,200万ユーロ(約277億5,000万円)に匹敵する莫大な金額になる可能性が推測されている。

一方、マドリーは今夏、ムバッペの契約切れまで1年を切るため、市場に沿った価格での獲得を目指しており、それは1億5,000万ユーロ(約125億円〜187億5,000万円)前後だと見積もっているという。

マドリーは新型コロナウイルスの影響で収入がここ2シーズンで25%減少し、今シーズンは6億1,700万ユーロ(約771億2,500万円)まで落ちている。そのため今夏、セバージョス、イスコ、ベイル、ヨヴィッチ、マルセロ、ブラヒムなどの中から数選手を放出することで1億ユーロ〜1億5,000万円(約125億円〜187億5,000万円)の収入を捻出することを目指すという。さらに不足分がある場合、クラブの会計は銀行にとって十分お金を貸すに信頼置けるものであるため、ローンで賄うとのことだ。

一方、パリ・サンジェルマンと同じ手取り2,100万ユーロ(約26億2,500万円)を支払うことになるムバッペの高額な給与については、クラブ全体の給与総額にどう当てはめるかが焦点となり、様々なシナリオが検討されているとのこと。

クラブは近年、ECA(欧州クラブ連盟)が推奨する、人件費総額が収入の70%を超えてはいけないという指数に対して細心の注意を払っており、50%前後をキープしていた。しかし今シーズンは新型コロナウイルスの影響を受けた財政難により、72%まで上昇し厳しい状況に陥っている。人件費総額は770人を超えるクラブ職員含み、4億4,800万ユーロ(約560億円)となっている。

その状況下、クラブは年俸手取り1,500万ユーロ(18億7,500万円)のベイルや700万ユーロ(約8億7,500万円)のイスコを放出することでムバッペの給与をカバーできると見られている。

さらに年俸手取り900万ユーロ(11億2,500万円)のモドリッチや1,200万ユーロ(約15億円)のセルヒオ・ラモスが年齢的にクラブでの将来が短いこと、そして来シーズン、新型コロナウイルス感染拡大前の収入に戻る可能性があるため、今後、何の問題もなくムバッペの給与に対応できると推測されている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.01.12 20:01
マドリード通信
ムバッペの今夏獲得に向けた財政プラン
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向けた計画があると、スペイン紙アスが12日に報じている。

ムバッペのパリ・サンジェルマンとの契約は2022年6月30日までだが、現時点で契約延長を行ってない。マウリシオ・ポチェッティーノが新監督に就任したことで延長交渉が活性化すると見られるが、マドリーにはムバッペを獲得するための財政プランがあるとのことだ。

ムバッペの移籍金を見てみると、現時点でその金額は未知数であり、全てはパリ・サンジェルマンとの交渉次第となるとのことだが、ネイマール獲得の際にバルセロナへ支払った2億2,200万ユーロ(約277億5,000万円)に匹敵する莫大な金額になる可能性が推測されている。

一方、マドリーは今夏、ムバッペの契約切れまで1年を切るため、市場に沿った価格での獲得を目指しており、それは1億5,000万ユーロ(約125億円〜187億5,000万円)前後だと見積もっているという。

マドリーは新型コロナウイルスの影響で収入がここ2シーズンで25%減少し、今シーズンは6億1,700万ユーロ(約771億2,500万円)まで落ちている。そのため今夏、セバージョス、イスコ、ベイル、ヨヴィッチ、マルセロ、ブラヒムなどの中から数選手を放出することで1億ユーロ〜1億5,000万円(約125億円〜187億5,000万円)の収入を捻出することを目指すという。さらに不足分がある場合、クラブの会計は銀行にとって十分お金を貸すに信頼置けるものであるため、ローンで賄うとのことだ。

一方、パリ・サンジェルマンと同じ手取り2,100万ユーロ(約26億2,500万円)を支払うことになるムバッペの高額な給与については、クラブ全体の給与総額にどう当てはめるかが焦点となり、様々なシナリオが検討されているとのこと。

クラブは近年、ECA(欧州クラブ連盟)が推奨する、人件費総額が収入の70%を超えてはいけないという指数に対して細心の注意を払っており、50%前後をキープしていた。しかし今シーズンは新型コロナウイルスの影響を受けた財政難により、72%まで上昇し厳しい状況に陥っている。人件費総額は770人を超えるクラブ職員含み、4億4,800万ユーロ(約560億円)となっている。

その状況下、クラブは年俸手取り1,500万ユーロ(18億7,500万円)のベイルや700万ユーロ(約8億7,500万円)のイスコを放出することでムバッペの給与をカバーできると見られている。

さらに年俸手取り900万ユーロ(11億2,500万円)のモドリッチや1,200万ユーロ(約15億円)のセルヒオ・ラモスが年齢的にクラブでの将来が短いこと、そして来シーズン、新型コロナウイルス感染拡大前の収入に戻る可能性があるため、今後、何の問題もなくムバッペの給与に対応できると推測されている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.01.12 20:01
マドリード通信
ムバッペの今夏獲得に向けた財政プラン
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードが今夏、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向けた計画があると、スペイン紙アスが12日に報じている。

ムバッペのパリ・サンジェルマンとの契約は2022年6月30日までだが、現時点で契約延長を行ってない。マウリシオ・ポチェッティーノが新監督に就任したことで延長交渉が活性化すると見られるが、マドリーにはムバッペを獲得するための財政プランがあるとのことだ。

ムバッペの移籍金を見てみると、現時点でその金額は未知数であり、全てはパリ・サンジェルマンとの交渉次第となるとのことだが、ネイマール獲得の際にバルセロナへ支払った2億2,200万ユーロ(約277億5,000万円)に匹敵する莫大な金額になる可能性が推測されている。

一方、マドリーは今夏、ムバッペの契約切れまで1年を切るため、市場に沿った価格での獲得を目指しており、それは1億5,000万ユーロ(約125億円〜187億5,000万円)前後だと見積もっているという。

マドリーは新型コロナウイルスの影響で収入がここ2シーズンで25%減少し、今シーズンは6億1,700万ユーロ(約771億2,500万円)まで落ちている。そのため今夏、セバージョス、イスコ、ベイル、ヨヴィッチ、マルセロ、ブラヒムなどの中から数選手を放出することで1億ユーロ〜1億5,000万円(約125億円〜187億5,000万円)の収入を捻出することを目指すという。さらに不足分がある場合、クラブの会計は銀行にとって十分お金を貸すに信頼置けるものであるため、ローンで賄うとのことだ。

一方、パリ・サンジェルマンと同じ手取り2,100万ユーロ(約26億2,500万円)を支払うことになるムバッペの高額な給与については、クラブ全体の給与総額にどう当てはめるかが焦点となり、様々なシナリオが検討されているとのこと。

クラブは近年、ECA(欧州クラブ連盟)が推奨する、人件費総額が収入の70%を超えてはいけないという指数に対して細心の注意を払っており、50%前後をキープしていた。しかし今シーズンは新型コロナウイルスの影響を受けた財政難により、72%まで上昇し厳しい状況に陥っている。人件費総額は770人を超えるクラブ職員含み、4億4,800万ユーロ(約560億円)となっている。

その状況下、クラブは年俸手取り1,500万ユーロ(18億7,500万円)のベイルや700万ユーロ(約8億7,500万円)のイスコを放出することでムバッペの給与をカバーできると見られている。

さらに年俸手取り900万ユーロ(11億2,500万円)のモドリッチや1,200万ユーロ(約15億円)のセルヒオ・ラモスが年齢的にクラブでの将来が短いこと、そして来シーズン、新型コロナウイルス感染拡大前の収入に戻る可能性があるため、今後、何の問題もなくムバッペの給与に対応できると推測されている。

  • LINEで送る