Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.01.11 21:21
マドリード通信
レアル・マドリード、大雪の影響でスーペルコパに向けた移動プラン変更
ライブレアルマドリード

大雪の中、9日にアウェーでオサスナ戦をプレーしたレアル・マドリードだったが、マドリードに戻ることなく、そのままスーペルコパに臨むことになったとスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは当初、オサスナ戦に向けて試合当日の9日午前中にパンプローナに移動する予定だった。しかし1971年以来となる大雪がマドリードを見舞っていることを懸念したラ・リーガの要請を受け、試合前日の8日にパンプローナ入りすることになった。その際、吹雪のため飛行機がすぐに飛び立つことができず、選手たちは約3時間機内に閉じ込められ、4時間遅れでパンプローナに到着した。

そして試合後、大雪の影響でマドリードの空港が閉鎖し、10日もその状況が続いたため、チームはパンプローナに合計で3連泊することになった。

この事態を受け、マドリーはプラン変更を余儀なくされた。14日にアスレティックとマラガでスーペルコパ準決勝を戦うが、11日にマドリードへ戻れる時間が保証されておらず、アスレティック戦に向けて最適な準備を行うことが不可能なため、最終的にマドリードに戻ることなくそのまま11日にマラガ入りし、ミニキャンプを張ることを決断したのである。

さらにアスレティックに勝利した場合、17日にセビージャで行われるスーペルコパ決勝でバルセロナとレアル・ソシエダの勝者と対戦することになるため、慌ただしい日々が続くことになる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.01.11 21:21
マドリード通信
レアル・マドリード、大雪の影響でスーペルコパに向けた移動プラン変更
ライブレアルマドリード

大雪の中、9日にアウェーでオサスナ戦をプレーしたレアル・マドリードだったが、マドリードに戻ることなく、そのままスーペルコパに臨むことになったとスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは当初、オサスナ戦に向けて試合当日の9日午前中にパンプローナに移動する予定だった。しかし1971年以来となる大雪がマドリードを見舞っていることを懸念したラ・リーガの要請を受け、試合前日の8日にパンプローナ入りすることになった。その際、吹雪のため飛行機がすぐに飛び立つことができず、選手たちは約3時間機内に閉じ込められ、4時間遅れでパンプローナに到着した。

そして試合後、大雪の影響でマドリードの空港が閉鎖し、10日もその状況が続いたため、チームはパンプローナに合計で3連泊することになった。

この事態を受け、マドリーはプラン変更を余儀なくされた。14日にアスレティックとマラガでスーペルコパ準決勝を戦うが、11日にマドリードへ戻れる時間が保証されておらず、アスレティック戦に向けて最適な準備を行うことが不可能なため、最終的にマドリードに戻ることなくそのまま11日にマラガ入りし、ミニキャンプを張ることを決断したのである。

さらにアスレティックに勝利した場合、17日にセビージャで行われるスーペルコパ決勝でバルセロナとレアル・ソシエダの勝者と対戦することになるため、慌ただしい日々が続くことになる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.01.11 21:21
マドリード通信
レアル・マドリード、大雪の影響でスーペルコパに向けた移動プラン変更
ライブレアルマドリード

大雪の中、9日にアウェーでオサスナ戦をプレーしたレアル・マドリードだったが、マドリードに戻ることなく、そのままスーペルコパに臨むことになったとスペイン紙MARCAが伝えている。

マドリーは当初、オサスナ戦に向けて試合当日の9日午前中にパンプローナに移動する予定だった。しかし1971年以来となる大雪がマドリードを見舞っていることを懸念したラ・リーガの要請を受け、試合前日の8日にパンプローナ入りすることになった。その際、吹雪のため飛行機がすぐに飛び立つことができず、選手たちは約3時間機内に閉じ込められ、4時間遅れでパンプローナに到着した。

そして試合後、大雪の影響でマドリードの空港が閉鎖し、10日もその状況が続いたため、チームはパンプローナに合計で3連泊することになった。

この事態を受け、マドリーはプラン変更を余儀なくされた。14日にアスレティックとマラガでスーペルコパ準決勝を戦うが、11日にマドリードへ戻れる時間が保証されておらず、アスレティック戦に向けて最適な準備を行うことが不可能なため、最終的にマドリードに戻ることなくそのまま11日にマラガ入りし、ミニキャンプを張ることを決断したのである。

さらにアスレティックに勝利した場合、17日にセビージャで行われるスーペルコパ決勝でバルセロナとレアル・ソシエダの勝者と対戦することになるため、慌ただしい日々が続くことになる。

  • LINEで送る