Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2021.01.05 21:43
マドリード通信
今冬の移籍市場オープン イスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチに退団の可能性あり
22・イスコ

4日にオープンした今冬の移籍市場でレアル・マドリードの3選手に退団の可能性があると、スペイン紙MARCAが伝えている。それはジダンの戦力にほとんど入っていないイスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチ。

イスコについてはすでに、もし興味深いオファーが届いた場合、退団の意思をクラブに伝えたと報じられているが、現時点で動きはないとのこと。

オドリオソラは現在、右サイドバックの絶対的なレギュラーであるカルバハルが欠場した場合でも、本来右サイドの攻撃的な選手であるルーカス・バスケスにポジション争いで敗れており出番が全くない。

ヨヴィッチは期待されたパフォーマンスからは程遠く、レンタルに出される可能性があるとのこと。一方、これまで何度も移籍の噂が出ていたマリアーノは今現在、CFのポジション争いでヨヴィッチに勝利し、ベンゼマに次ぐ2番手の地位を獲得している。そのためよほどのビッグオファーが届かない限り、少なくとも今季終了まではマドリーでプレーを継続すると見られている。

補強面を見てみると、ジダンが現在のメンバーに満足していることを年末の記者会見でも明かしているため、今冬の移籍市場で新たな選手獲得はないと推測されている。

一方、来季に向けてマドリーは、今年6月30日で契約切れとなるバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFアラバ獲得の仕事に取り組んでおり、早ければ数日中に合意に達する可能性があるという。またビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスも別の候補として挙がっている。

モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ルーカス・バスケスの3選手は今年6月30日で契約切れとなる。この中でモドリッチに関してはすでに、クラブと1年間の契約延長で合意に達したと報じられている。一方、セルヒオ・ラモスは給料若干値下げの2年間の契約延長オファーに対してまだ返事をしておらず、ルーカス・バスケスは3年間の契約延長オファーを受け取ているが、納得できずに拒否したとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2021.01.05 21:43
マドリード通信
今冬の移籍市場オープン イスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチに退団の可能性あり
22・イスコ

4日にオープンした今冬の移籍市場でレアル・マドリードの3選手に退団の可能性があると、スペイン紙MARCAが伝えている。それはジダンの戦力にほとんど入っていないイスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチ。

イスコについてはすでに、もし興味深いオファーが届いた場合、退団の意思をクラブに伝えたと報じられているが、現時点で動きはないとのこと。

オドリオソラは現在、右サイドバックの絶対的なレギュラーであるカルバハルが欠場した場合でも、本来右サイドの攻撃的な選手であるルーカス・バスケスにポジション争いで敗れており出番が全くない。

ヨヴィッチは期待されたパフォーマンスからは程遠く、レンタルに出される可能性があるとのこと。一方、これまで何度も移籍の噂が出ていたマリアーノは今現在、CFのポジション争いでヨヴィッチに勝利し、ベンゼマに次ぐ2番手の地位を獲得している。そのためよほどのビッグオファーが届かない限り、少なくとも今季終了まではマドリーでプレーを継続すると見られている。

補強面を見てみると、ジダンが現在のメンバーに満足していることを年末の記者会見でも明かしているため、今冬の移籍市場で新たな選手獲得はないと推測されている。

一方、来季に向けてマドリーは、今年6月30日で契約切れとなるバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFアラバ獲得の仕事に取り組んでおり、早ければ数日中に合意に達する可能性があるという。またビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスも別の候補として挙がっている。

モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ルーカス・バスケスの3選手は今年6月30日で契約切れとなる。この中でモドリッチに関してはすでに、クラブと1年間の契約延長で合意に達したと報じられている。一方、セルヒオ・ラモスは給料若干値下げの2年間の契約延長オファーに対してまだ返事をしておらず、ルーカス・バスケスは3年間の契約延長オファーを受け取ているが、納得できずに拒否したとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2021.01.05 21:43
マドリード通信
今冬の移籍市場オープン イスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチに退団の可能性あり
22・イスコ

4日にオープンした今冬の移籍市場でレアル・マドリードの3選手に退団の可能性があると、スペイン紙MARCAが伝えている。それはジダンの戦力にほとんど入っていないイスコ、オドリオソラ、ヨヴィッチ。

イスコについてはすでに、もし興味深いオファーが届いた場合、退団の意思をクラブに伝えたと報じられているが、現時点で動きはないとのこと。

オドリオソラは現在、右サイドバックの絶対的なレギュラーであるカルバハルが欠場した場合でも、本来右サイドの攻撃的な選手であるルーカス・バスケスにポジション争いで敗れており出番が全くない。

ヨヴィッチは期待されたパフォーマンスからは程遠く、レンタルに出される可能性があるとのこと。一方、これまで何度も移籍の噂が出ていたマリアーノは今現在、CFのポジション争いでヨヴィッチに勝利し、ベンゼマに次ぐ2番手の地位を獲得している。そのためよほどのビッグオファーが届かない限り、少なくとも今季終了まではマドリーでプレーを継続すると見られている。

補強面を見てみると、ジダンが現在のメンバーに満足していることを年末の記者会見でも明かしているため、今冬の移籍市場で新たな選手獲得はないと推測されている。

一方、来季に向けてマドリーは、今年6月30日で契約切れとなるバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFアラバ獲得の仕事に取り組んでおり、早ければ数日中に合意に達する可能性があるという。またビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスも別の候補として挙がっている。

モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ルーカス・バスケスの3選手は今年6月30日で契約切れとなる。この中でモドリッチに関してはすでに、クラブと1年間の契約延長で合意に達したと報じられている。一方、セルヒオ・ラモスは給料若干値下げの2年間の契約延長オファーに対してまだ返事をしておらず、ルーカス・バスケスは3年間の契約延長オファーを受け取ているが、納得できずに拒否したとのことだ。

  • LINEで送る