Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.11.16 20:02
マドリード通信
PSGのセルヒオ・ラモスプロジェクト
04・ラモス

1年だけ更新したいと考えるマドリー


レアル・マドリードでのセルヒオ・ラモスの未来は影に覆われてきている。マドリーカピタンがクラブとの更新合意に達することは困難な状況とみられている。

現行契約2021年06年30日まで、年明け1日からセルヒオは他クラブと自由に交渉できるようになる。

マドリーファンは契約延長されることが最優先の願望であり、ジダンも「私たちのリーダーであり、セルヒオが何年もここで続けてほしい」と繰り返し述べている。

だが、セルヒオはまだフロレンティーノ・ペレス会長と顔を合わせて座ってない。

彼はすでに34歳。セルヒオの願いはマドリーで引退することであり、16シーズン目に入ろうとしている来季を含めた少なくとも2年間保証の延長契約はベルナベウでの忠誠心と献身のために値すると考えている。

(そうすれば、契約は2023年に終了し、2022年の夏完成予定の新しいベルナベウで初のカピタンとして入ることができる。)

だがクラブは、経済的理由(COVID-19のパンデミックによって発生した経済危機)を主張。近日フロレンティーノ・ペレス会長が公の席で何かしら語ると言われているが、現情報では1年契約のままである。

既にラモスにはフランスのPSGから関心が集まっており、PSG側は公にしていないが、2021年6月にフリー移籍+ボーナスを追加、3シーズン保証契約(€2,000万/年)で提供する用意があるとの情報だ。


@As_TomasRoncero

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.11.16 20:02
マドリード通信
PSGのセルヒオ・ラモスプロジェクト
04・ラモス

1年だけ更新したいと考えるマドリー


レアル・マドリードでのセルヒオ・ラモスの未来は影に覆われてきている。マドリーカピタンがクラブとの更新合意に達することは困難な状況とみられている。

現行契約2021年06年30日まで、年明け1日からセルヒオは他クラブと自由に交渉できるようになる。

マドリーファンは契約延長されることが最優先の願望であり、ジダンも「私たちのリーダーであり、セルヒオが何年もここで続けてほしい」と繰り返し述べている。

だが、セルヒオはまだフロレンティーノ・ペレス会長と顔を合わせて座ってない。

彼はすでに34歳。セルヒオの願いはマドリーで引退することであり、16シーズン目に入ろうとしている来季を含めた少なくとも2年間保証の延長契約はベルナベウでの忠誠心と献身のために値すると考えている。

(そうすれば、契約は2023年に終了し、2022年の夏完成予定の新しいベルナベウで初のカピタンとして入ることができる。)

だがクラブは、経済的理由(COVID-19のパンデミックによって発生した経済危機)を主張。近日フロレンティーノ・ペレス会長が公の席で何かしら語ると言われているが、現情報では1年契約のままである。

既にラモスにはフランスのPSGから関心が集まっており、PSG側は公にしていないが、2021年6月にフリー移籍+ボーナスを追加、3シーズン保証契約(€2,000万/年)で提供する用意があるとの情報だ。


@As_TomasRoncero

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.11.16 20:02
マドリード通信
PSGのセルヒオ・ラモスプロジェクト
04・ラモス

1年だけ更新したいと考えるマドリー


レアル・マドリードでのセルヒオ・ラモスの未来は影に覆われてきている。マドリーカピタンがクラブとの更新合意に達することは困難な状況とみられている。

現行契約2021年06年30日まで、年明け1日からセルヒオは他クラブと自由に交渉できるようになる。

マドリーファンは契約延長されることが最優先の願望であり、ジダンも「私たちのリーダーであり、セルヒオが何年もここで続けてほしい」と繰り返し述べている。

だが、セルヒオはまだフロレンティーノ・ペレス会長と顔を合わせて座ってない。

彼はすでに34歳。セルヒオの願いはマドリーで引退することであり、16シーズン目に入ろうとしている来季を含めた少なくとも2年間保証の延長契約はベルナベウでの忠誠心と献身のために値すると考えている。

(そうすれば、契約は2023年に終了し、2022年の夏完成予定の新しいベルナベウで初のカピタンとして入ることができる。)

だがクラブは、経済的理由(COVID-19のパンデミックによって発生した経済危機)を主張。近日フロレンティーノ・ペレス会長が公の席で何かしら語ると言われているが、現情報では1年契約のままである。

既にラモスにはフランスのPSGから関心が集まっており、PSG側は公にしていないが、2021年6月にフリー移籍+ボーナスを追加、3シーズン保証契約(€2,000万/年)で提供する用意があるとの情報だ。


@As_TomasRoncero

  • LINEで送る