Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.10.25 04:16
記者会見
ジダン:「PKに関係なく我々は勝利するに値した」
ジダン

ジダンが今シーズン最初のクラシコ終了後、記者会見に出席した。

批判
それが妥当かどうか私には分からない。私が言えるのは自分のチームに誇りを感じているということだ。我々は常に相手を苦しめるバルセロナに対して素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。クルトワが2度セーブしなければならなかったが、我々にも4点決めるチャンスがあったし、最終的にここで勝ち点3を獲得できて嬉しいよ。ここ数日間、我々は批判を受けたが今は楽しむ必要がある。

シャフタール・ドネツク戦との違い
説明できない時もある。考えなければいけないのは今日我々がやったことだ。昨シーズンやったように、我々は今日やったことを繰り返し行いたい。この流れをつなげる必要がある。

チームへの信頼
我々は口を塞ぐためにいるのではない。我々は自分たちのことをするため、そして自分たちのことを信じるためにいる。そしてそれが我々のやってきたことだよ。私は自分たちのやったことを誇りに感じている。バルサのようなチーム相手に我々はコンパクトに守り、スペースを使って攻撃したんだ。

セルヒオ・ラモス
我々は選手としてだけではなく、セルヒオがどんな存在か、そして彼が代表していること、チームにとってポジティブなことを知っている。我々は常に彼にチームにいて欲しい。チームのことを考えると嬉しいし、今日やったようにプレーするチームを見ることが重要だ。そしてセルヒオに問題がなかったのは良いことだよ。

PK
主審がいてモニターを確認しに行きPKの笛を吹いたんだ。私は決して審判のことを話さないし、今日もそれをするつもりはない。あのプレーに関係なく我々は勝利するに値した。我々は1-3で勝利し、さらに得点を決めるチャンスもあった。バルサにもチャンスはあったけどね。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.10.25 04:16
記者会見
ジダン:「PKに関係なく我々は勝利するに値した」
ジダン

ジダンが今シーズン最初のクラシコ終了後、記者会見に出席した。

批判
それが妥当かどうか私には分からない。私が言えるのは自分のチームに誇りを感じているということだ。我々は常に相手を苦しめるバルセロナに対して素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。クルトワが2度セーブしなければならなかったが、我々にも4点決めるチャンスがあったし、最終的にここで勝ち点3を獲得できて嬉しいよ。ここ数日間、我々は批判を受けたが今は楽しむ必要がある。

シャフタール・ドネツク戦との違い
説明できない時もある。考えなければいけないのは今日我々がやったことだ。昨シーズンやったように、我々は今日やったことを繰り返し行いたい。この流れをつなげる必要がある。

チームへの信頼
我々は口を塞ぐためにいるのではない。我々は自分たちのことをするため、そして自分たちのことを信じるためにいる。そしてそれが我々のやってきたことだよ。私は自分たちのやったことを誇りに感じている。バルサのようなチーム相手に我々はコンパクトに守り、スペースを使って攻撃したんだ。

セルヒオ・ラモス
我々は選手としてだけではなく、セルヒオがどんな存在か、そして彼が代表していること、チームにとってポジティブなことを知っている。我々は常に彼にチームにいて欲しい。チームのことを考えると嬉しいし、今日やったようにプレーするチームを見ることが重要だ。そしてセルヒオに問題がなかったのは良いことだよ。

PK
主審がいてモニターを確認しに行きPKの笛を吹いたんだ。私は決して審判のことを話さないし、今日もそれをするつもりはない。あのプレーに関係なく我々は勝利するに値した。我々は1-3で勝利し、さらに得点を決めるチャンスもあった。バルサにもチャンスはあったけどね。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.10.25 04:16
記者会見
ジダン:「PKに関係なく我々は勝利するに値した」
ジダン

ジダンが今シーズン最初のクラシコ終了後、記者会見に出席した。

批判
それが妥当かどうか私には分からない。私が言えるのは自分のチームに誇りを感じているということだ。我々は常に相手を苦しめるバルセロナに対して素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。クルトワが2度セーブしなければならなかったが、我々にも4点決めるチャンスがあったし、最終的にここで勝ち点3を獲得できて嬉しいよ。ここ数日間、我々は批判を受けたが今は楽しむ必要がある。

シャフタール・ドネツク戦との違い
説明できない時もある。考えなければいけないのは今日我々がやったことだ。昨シーズンやったように、我々は今日やったことを繰り返し行いたい。この流れをつなげる必要がある。

チームへの信頼
我々は口を塞ぐためにいるのではない。我々は自分たちのことをするため、そして自分たちのことを信じるためにいる。そしてそれが我々のやってきたことだよ。私は自分たちのやったことを誇りに感じている。バルサのようなチーム相手に我々はコンパクトに守り、スペースを使って攻撃したんだ。

セルヒオ・ラモス
我々は選手としてだけではなく、セルヒオがどんな存在か、そして彼が代表していること、チームにとってポジティブなことを知っている。我々は常に彼にチームにいて欲しい。チームのことを考えると嬉しいし、今日やったようにプレーするチームを見ることが重要だ。そしてセルヒオに問題がなかったのは良いことだよ。

PK
主審がいてモニターを確認しに行きPKの笛を吹いたんだ。私は決して審判のことを話さないし、今日もそれをするつもりはない。あのプレーに関係なく我々は勝利するに値した。我々は1-3で勝利し、さらに得点を決めるチャンスもあった。バルサにもチャンスはあったけどね。

  • LINEで送る