Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.10.19 19:46
マドリード通信
敗北の大きな原因となるマルセロ 現地紙が指摘
12・マルセロ

土曜日、昇格組のカディスに痛恨の敗北を喫した中、マルセロが問題になっているとスペイン紙ASが伝えており、メンディにポジションを奪われている現在のコンディションは憂慮すべきものだと指摘した。

ジダンがレアル・マドリード監督に再就任した昨年3月以降、マルセロはリーガ26試合にスタメン出場してきたが、チームは8試合に敗れており、クラシコを1週間後に控えたカディス戦も同様の結果に終わっていた。一方、マルセロが先発出場していない試合は一度も負けていないという、マルセロにとっては非常に厳しいデータが残されている。

カディス戦でのマルセロのパフォーマンスを振り返ってみると危ういプレーがいくつもあり、実際にカディスの得点もマルセロのサイドからスタートしていた。マルセロは得点につながるクロスボールを入れられた際、傍観者となってプレスをかけず、容易に攻撃の起点を作られていた。

また開始2分にもマルセロのサイドがあと一歩で失点の原因になるところだった。マルセロが簡単にクロスを上げさせる不用意な守備を見せたことでネグレドに決定的なシュートを打たれたが、セルヒオ・ラモスが間一髪のことろでクリアし失点を免れた。

さらに13分にもマルセロの守備の悪さによりセルヒオ・ラモスがサイドに連れ出され、危うくネグレドにヘディングシュートを決められるところだった。

またカディス戦ではマルセロのパフォーマンスに疑問を呈す明確な数字が残されている。それはボールロスト数がチーム最多の18回というもの。また昨シーズンも2月のレアル・ソシエダ戦で26回、その次のセルタ戦で27回ボールを失い、ロックダウン後、メンディにレギュラーの座を奪われたのである。さらにマルセロは近年、フィジカル面が弱くなっており、2018/19シーズン以降、10度の怪我に悩まされている。

このような状態のマルセロが対し、AS紙は「新型コロナウイルスが今夏の移籍市場を縮小させたため、マルセロはレアル・マドリードでプレーを続けている」と、現在のレベルが欧州王者返り咲きを狙うチームにふさわしくないことを指摘。そして、「クラブは今夏、退団の仕事に取り組んだが、32歳での手取り約1,000万ユーロ(約12億5,000万円)という高額な給料が、最もマルセロ獲得に興味を持っていたインテル・ミラノやユベントス行きに待ったをかけた」と伝えている。

今現在苦境に立たされているマルセロだが、レアル・マドリードはレギロンをトッテナムに放出しており、まだクラブからの信頼があるため、今後パフォーマンスを向上させることが必須となってくる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.10.19 19:46
マドリード通信
敗北の大きな原因となるマルセロ 現地紙が指摘
12・マルセロ

土曜日、昇格組のカディスに痛恨の敗北を喫した中、マルセロが問題になっているとスペイン紙ASが伝えており、メンディにポジションを奪われている現在のコンディションは憂慮すべきものだと指摘した。

ジダンがレアル・マドリード監督に再就任した昨年3月以降、マルセロはリーガ26試合にスタメン出場してきたが、チームは8試合に敗れており、クラシコを1週間後に控えたカディス戦も同様の結果に終わっていた。一方、マルセロが先発出場していない試合は一度も負けていないという、マルセロにとっては非常に厳しいデータが残されている。

カディス戦でのマルセロのパフォーマンスを振り返ってみると危ういプレーがいくつもあり、実際にカディスの得点もマルセロのサイドからスタートしていた。マルセロは得点につながるクロスボールを入れられた際、傍観者となってプレスをかけず、容易に攻撃の起点を作られていた。

また開始2分にもマルセロのサイドがあと一歩で失点の原因になるところだった。マルセロが簡単にクロスを上げさせる不用意な守備を見せたことでネグレドに決定的なシュートを打たれたが、セルヒオ・ラモスが間一髪のことろでクリアし失点を免れた。

さらに13分にもマルセロの守備の悪さによりセルヒオ・ラモスがサイドに連れ出され、危うくネグレドにヘディングシュートを決められるところだった。

またカディス戦ではマルセロのパフォーマンスに疑問を呈す明確な数字が残されている。それはボールロスト数がチーム最多の18回というもの。また昨シーズンも2月のレアル・ソシエダ戦で26回、その次のセルタ戦で27回ボールを失い、ロックダウン後、メンディにレギュラーの座を奪われたのである。さらにマルセロは近年、フィジカル面が弱くなっており、2018/19シーズン以降、10度の怪我に悩まされている。

このような状態のマルセロが対し、AS紙は「新型コロナウイルスが今夏の移籍市場を縮小させたため、マルセロはレアル・マドリードでプレーを続けている」と、現在のレベルが欧州王者返り咲きを狙うチームにふさわしくないことを指摘。そして、「クラブは今夏、退団の仕事に取り組んだが、32歳での手取り約1,000万ユーロ(約12億5,000万円)という高額な給料が、最もマルセロ獲得に興味を持っていたインテル・ミラノやユベントス行きに待ったをかけた」と伝えている。

今現在苦境に立たされているマルセロだが、レアル・マドリードはレギロンをトッテナムに放出しており、まだクラブからの信頼があるため、今後パフォーマンスを向上させることが必須となってくる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.10.19 19:46
マドリード通信
敗北の大きな原因となるマルセロ 現地紙が指摘
12・マルセロ

土曜日、昇格組のカディスに痛恨の敗北を喫した中、マルセロが問題になっているとスペイン紙ASが伝えており、メンディにポジションを奪われている現在のコンディションは憂慮すべきものだと指摘した。

ジダンがレアル・マドリード監督に再就任した昨年3月以降、マルセロはリーガ26試合にスタメン出場してきたが、チームは8試合に敗れており、クラシコを1週間後に控えたカディス戦も同様の結果に終わっていた。一方、マルセロが先発出場していない試合は一度も負けていないという、マルセロにとっては非常に厳しいデータが残されている。

カディス戦でのマルセロのパフォーマンスを振り返ってみると危ういプレーがいくつもあり、実際にカディスの得点もマルセロのサイドからスタートしていた。マルセロは得点につながるクロスボールを入れられた際、傍観者となってプレスをかけず、容易に攻撃の起点を作られていた。

また開始2分にもマルセロのサイドがあと一歩で失点の原因になるところだった。マルセロが簡単にクロスを上げさせる不用意な守備を見せたことでネグレドに決定的なシュートを打たれたが、セルヒオ・ラモスが間一髪のことろでクリアし失点を免れた。

さらに13分にもマルセロの守備の悪さによりセルヒオ・ラモスがサイドに連れ出され、危うくネグレドにヘディングシュートを決められるところだった。

またカディス戦ではマルセロのパフォーマンスに疑問を呈す明確な数字が残されている。それはボールロスト数がチーム最多の18回というもの。また昨シーズンも2月のレアル・ソシエダ戦で26回、その次のセルタ戦で27回ボールを失い、ロックダウン後、メンディにレギュラーの座を奪われたのである。さらにマルセロは近年、フィジカル面が弱くなっており、2018/19シーズン以降、10度の怪我に悩まされている。

このような状態のマルセロが対し、AS紙は「新型コロナウイルスが今夏の移籍市場を縮小させたため、マルセロはレアル・マドリードでプレーを続けている」と、現在のレベルが欧州王者返り咲きを狙うチームにふさわしくないことを指摘。そして、「クラブは今夏、退団の仕事に取り組んだが、32歳での手取り約1,000万ユーロ(約12億5,000万円)という高額な給料が、最もマルセロ獲得に興味を持っていたインテル・ミラノやユベントス行きに待ったをかけた」と伝えている。

今現在苦境に立たされているマルセロだが、レアル・マドリードはレギロンをトッテナムに放出しており、まだクラブからの信頼があるため、今後パフォーマンスを向上させることが必須となってくる。

  • LINEで送る