Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.09.24 20:40
マドリード通信
ジダン、開幕戦でカゼミーロをベンチに置く“サプライズ”決定
カゼミーロ

ジダンは「一時的なもの」と試合後の会見で説明したものの、リーガ開幕のレアル・ソシエダ戦でカゼミーロがベンチスタートになったことは大きな驚きとなった。

ジダンは2016年1月のレアル・マドリード監督初就任時、カゼミーロに信頼を置いておらず、中盤にモドリッチ、クロース、イスコ、前線にBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)を起用した攻撃的な4-3-3に賭けていた。一方、カゼミーロはリーガ最初の8試合全てが控えだった。

しかしホームのアトレティコ戦に0-1で敗れた後、ジダンはカゼミーロを初めて先発起用した。そこから今季のレアル・ソシエダ戦に至るまでのリーガ175試合、カゼミーロは不動を地位を得ており、監督判断で外されたのはわずか11試合である。

そしてリーガ優勝を成し遂げた昨シーズン、監督判断で外されたのはバレンシア戦の1試合のみだったが、それはクラシコに向けてイエローカードの累積出場停止を避けるためだった。

カゼミーロはベンゼマに次ぐ、リーガでチーム2番目の3,091分間に出場し、議論の余地のないレギュラーであったため、リーガ開幕戦でのジダンの決定はサプライズとなったのである。

スペイン紙MARCAは今季、ジダンには3通りのオプションがあると予想している。1番目はこれまで通りの4-3-3だが、ウーデゴールやバルベルデの台頭により、カゼミーロ同様にクロースやモドリッチがスタメンの座を外れる可能性がある。

2番目は4-4-2。カゼミーロ、モドリッチ、クロースにプラスして、ジダンはウーデゴール を起用する可能性がある。

3番目はレアル・ソシエダ戦で採用した4-2-3-1。ジダンはウーデゴールをベンゼマの下に置く一方、サイドに入るロドリゴやヴィニシウスに代わり、他のMFを起用する可能性がある。さらにはダブルボランチでカゼミーロを外すという選択肢が今後もあるかもしれない。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.09.24 20:40
マドリード通信
ジダン、開幕戦でカゼミーロをベンチに置く“サプライズ”決定
カゼミーロ

ジダンは「一時的なもの」と試合後の会見で説明したものの、リーガ開幕のレアル・ソシエダ戦でカゼミーロがベンチスタートになったことは大きな驚きとなった。

ジダンは2016年1月のレアル・マドリード監督初就任時、カゼミーロに信頼を置いておらず、中盤にモドリッチ、クロース、イスコ、前線にBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)を起用した攻撃的な4-3-3に賭けていた。一方、カゼミーロはリーガ最初の8試合全てが控えだった。

しかしホームのアトレティコ戦に0-1で敗れた後、ジダンはカゼミーロを初めて先発起用した。そこから今季のレアル・ソシエダ戦に至るまでのリーガ175試合、カゼミーロは不動を地位を得ており、監督判断で外されたのはわずか11試合である。

そしてリーガ優勝を成し遂げた昨シーズン、監督判断で外されたのはバレンシア戦の1試合のみだったが、それはクラシコに向けてイエローカードの累積出場停止を避けるためだった。

カゼミーロはベンゼマに次ぐ、リーガでチーム2番目の3,091分間に出場し、議論の余地のないレギュラーであったため、リーガ開幕戦でのジダンの決定はサプライズとなったのである。

スペイン紙MARCAは今季、ジダンには3通りのオプションがあると予想している。1番目はこれまで通りの4-3-3だが、ウーデゴールやバルベルデの台頭により、カゼミーロ同様にクロースやモドリッチがスタメンの座を外れる可能性がある。

2番目は4-4-2。カゼミーロ、モドリッチ、クロースにプラスして、ジダンはウーデゴール を起用する可能性がある。

3番目はレアル・ソシエダ戦で採用した4-2-3-1。ジダンはウーデゴールをベンゼマの下に置く一方、サイドに入るロドリゴやヴィニシウスに代わり、他のMFを起用する可能性がある。さらにはダブルボランチでカゼミーロを外すという選択肢が今後もあるかもしれない。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.09.24 20:40
マドリード通信
ジダン、開幕戦でカゼミーロをベンチに置く“サプライズ”決定
カゼミーロ

ジダンは「一時的なもの」と試合後の会見で説明したものの、リーガ開幕のレアル・ソシエダ戦でカゼミーロがベンチスタートになったことは大きな驚きとなった。

ジダンは2016年1月のレアル・マドリード監督初就任時、カゼミーロに信頼を置いておらず、中盤にモドリッチ、クロース、イスコ、前線にBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)を起用した攻撃的な4-3-3に賭けていた。一方、カゼミーロはリーガ最初の8試合全てが控えだった。

しかしホームのアトレティコ戦に0-1で敗れた後、ジダンはカゼミーロを初めて先発起用した。そこから今季のレアル・ソシエダ戦に至るまでのリーガ175試合、カゼミーロは不動を地位を得ており、監督判断で外されたのはわずか11試合である。

そしてリーガ優勝を成し遂げた昨シーズン、監督判断で外されたのはバレンシア戦の1試合のみだったが、それはクラシコに向けてイエローカードの累積出場停止を避けるためだった。

カゼミーロはベンゼマに次ぐ、リーガでチーム2番目の3,091分間に出場し、議論の余地のないレギュラーであったため、リーガ開幕戦でのジダンの決定はサプライズとなったのである。

スペイン紙MARCAは今季、ジダンには3通りのオプションがあると予想している。1番目はこれまで通りの4-3-3だが、ウーデゴールやバルベルデの台頭により、カゼミーロ同様にクロースやモドリッチがスタメンの座を外れる可能性がある。

2番目は4-4-2。カゼミーロ、モドリッチ、クロースにプラスして、ジダンはウーデゴール を起用する可能性がある。

3番目はレアル・ソシエダ戦で採用した4-2-3-1。ジダンはウーデゴールをベンゼマの下に置く一方、サイドに入るロドリゴやヴィニシウスに代わり、他のMFを起用する可能性がある。さらにはダブルボランチでカゼミーロを外すという選択肢が今後もあるかもしれない。

  • LINEで送る