Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.09.22 21:57
マドリード通信
リーガ初戦終えたレアル・マドリード、得点力不足が浮き彫りに
ジダン

レアル・マドリードはリーガ初戦、レアル・ソシエダと対戦しスコアレスドローで終えたが、昨季同様に得点力不足という問題が浮き彫りになっている。

今現在、チームにはCFとして4選手(ベンゼマ、ヨヴィッチ、マジョラル、マリアーノ)がいるが、ジダンにとって信頼できる選手がベンゼマのみであることをスペイン紙ASが伝えている。

なぜならレアル・ソシエダ戦では得点が必要な中、ベンチにヨヴィッチとマジョラルがいたにもかかわらず、ジダンが起用したのはカンテラーノのマルヴィンとアリーバスだったことは、2選手に信頼を寄せていないことへの証しとなった。

またマリアーノは扁桃腺炎で招集外だったが、ジダンにとって戦力外であるため、クラブが放出に向けて今夏ずっと動いている。

2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団後、チームがゴールに苦しみ続けているのは明らかであり、2018/19シーズンの1試合平均得点は1.8ゴール(合計101得点)だった。

昨シーズンはリーガとスーペルコパ優勝を達成したものの、1試合平均得点は1.9ゴール(合計99得点)となっている。

一方、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリード最後の2シーズンの成績を見てみると、16/17シーズンは1試合平均2.5ゴール(合計152得点)、17/18シーズンは1試合平均2.8ゴール(合計170得点)だった。

今現在、ジダンはレアル・ソシエダ戦を負傷欠場したアザールとアセンシオの復帰を待ちわびる一方、過去、アデバヨールを獲得した時のように、得点力不足解消に向け、格安で獲得できる経験豊富なCFを求める可能性があるとのことだが、全てはメルカド最終日までの結果次第になると見られている。

またクラブには今後、パリ・サンジェルマンのムバッペを来夏、ドルトムントのハーランドを2022年に獲得するという計画がある。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.09.22 21:57
マドリード通信
リーガ初戦終えたレアル・マドリード、得点力不足が浮き彫りに
ジダン

レアル・マドリードはリーガ初戦、レアル・ソシエダと対戦しスコアレスドローで終えたが、昨季同様に得点力不足という問題が浮き彫りになっている。

今現在、チームにはCFとして4選手(ベンゼマ、ヨヴィッチ、マジョラル、マリアーノ)がいるが、ジダンにとって信頼できる選手がベンゼマのみであることをスペイン紙ASが伝えている。

なぜならレアル・ソシエダ戦では得点が必要な中、ベンチにヨヴィッチとマジョラルがいたにもかかわらず、ジダンが起用したのはカンテラーノのマルヴィンとアリーバスだったことは、2選手に信頼を寄せていないことへの証しとなった。

またマリアーノは扁桃腺炎で招集外だったが、ジダンにとって戦力外であるため、クラブが放出に向けて今夏ずっと動いている。

2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団後、チームがゴールに苦しみ続けているのは明らかであり、2018/19シーズンの1試合平均得点は1.8ゴール(合計101得点)だった。

昨シーズンはリーガとスーペルコパ優勝を達成したものの、1試合平均得点は1.9ゴール(合計99得点)となっている。

一方、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリード最後の2シーズンの成績を見てみると、16/17シーズンは1試合平均2.5ゴール(合計152得点)、17/18シーズンは1試合平均2.8ゴール(合計170得点)だった。

今現在、ジダンはレアル・ソシエダ戦を負傷欠場したアザールとアセンシオの復帰を待ちわびる一方、過去、アデバヨールを獲得した時のように、得点力不足解消に向け、格安で獲得できる経験豊富なCFを求める可能性があるとのことだが、全てはメルカド最終日までの結果次第になると見られている。

またクラブには今後、パリ・サンジェルマンのムバッペを来夏、ドルトムントのハーランドを2022年に獲得するという計画がある。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.09.22 21:57
マドリード通信
リーガ初戦終えたレアル・マドリード、得点力不足が浮き彫りに
ジダン

レアル・マドリードはリーガ初戦、レアル・ソシエダと対戦しスコアレスドローで終えたが、昨季同様に得点力不足という問題が浮き彫りになっている。

今現在、チームにはCFとして4選手(ベンゼマ、ヨヴィッチ、マジョラル、マリアーノ)がいるが、ジダンにとって信頼できる選手がベンゼマのみであることをスペイン紙ASが伝えている。

なぜならレアル・ソシエダ戦では得点が必要な中、ベンチにヨヴィッチとマジョラルがいたにもかかわらず、ジダンが起用したのはカンテラーノのマルヴィンとアリーバスだったことは、2選手に信頼を寄せていないことへの証しとなった。

またマリアーノは扁桃腺炎で招集外だったが、ジダンにとって戦力外であるため、クラブが放出に向けて今夏ずっと動いている。

2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団後、チームがゴールに苦しみ続けているのは明らかであり、2018/19シーズンの1試合平均得点は1.8ゴール(合計101得点)だった。

昨シーズンはリーガとスーペルコパ優勝を達成したものの、1試合平均得点は1.9ゴール(合計99得点)となっている。

一方、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリード最後の2シーズンの成績を見てみると、16/17シーズンは1試合平均2.5ゴール(合計152得点)、17/18シーズンは1試合平均2.8ゴール(合計170得点)だった。

今現在、ジダンはレアル・ソシエダ戦を負傷欠場したアザールとアセンシオの復帰を待ちわびる一方、過去、アデバヨールを獲得した時のように、得点力不足解消に向け、格安で獲得できる経験豊富なCFを求める可能性があるとのことだが、全てはメルカド最終日までの結果次第になると見られている。

またクラブには今後、パリ・サンジェルマンのムバッペを来夏、ドルトムントのハーランドを2022年に獲得するという計画がある。

  • LINEで送る