Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.09.13 08:17
マドリード通信
ロドリゴとルニン、今シーズンの選手登録がカスティージャに
ロドリゴ

レアル・マドリードは今夏、多くの選手を他クラブに出しているものの、マジョラル、レギロン、ベイル、マリアーノの放出候補選手の将来はまだ決まっておらず、トップチームには現在、27選手が在籍している。

そのためクラブはロドリゴとルニンをカスティージャに登録することを決定している。この中でロドリゴは公式サイト上、トップチームの選手にリストアップされているが、両選手ともラウール指揮下のチームの登録となっている。

下部組織のチームに登録し、トップチームで起用するという手法は近年、レアル・マドリードが常用している正当な手段である。実際、ヴィニシウスも入団時、18歳だったためフベニールAに登録され、トップチームでプレーした。そして久保建英も同様に昨夏、同じ戦略が取られ、最終的にマジョルカにレンタル移籍している。

ロドリゴは昨シーズンもカスティージャに登録されており、トップチームで出番を失った際はカスティージャで起用されていた。

一方、ルニンはカスティージャ登録になるものの、ロドリゴのように出場機会を求めてカスティージャでプレーすることはなく、クルトゥワの控えとなり、第2GKとしてトップチームでずっとプレーすることになるとのことだ。

そして第3GKは昨シーズン同様、カスティージャでプレーするアルトゥーベが務めることになる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.09.13 08:17
マドリード通信
ロドリゴとルニン、今シーズンの選手登録がカスティージャに
ロドリゴ

レアル・マドリードは今夏、多くの選手を他クラブに出しているものの、マジョラル、レギロン、ベイル、マリアーノの放出候補選手の将来はまだ決まっておらず、トップチームには現在、27選手が在籍している。

そのためクラブはロドリゴとルニンをカスティージャに登録することを決定している。この中でロドリゴは公式サイト上、トップチームの選手にリストアップされているが、両選手ともラウール指揮下のチームの登録となっている。

下部組織のチームに登録し、トップチームで起用するという手法は近年、レアル・マドリードが常用している正当な手段である。実際、ヴィニシウスも入団時、18歳だったためフベニールAに登録され、トップチームでプレーした。そして久保建英も同様に昨夏、同じ戦略が取られ、最終的にマジョルカにレンタル移籍している。

ロドリゴは昨シーズンもカスティージャに登録されており、トップチームで出番を失った際はカスティージャで起用されていた。

一方、ルニンはカスティージャ登録になるものの、ロドリゴのように出場機会を求めてカスティージャでプレーすることはなく、クルトゥワの控えとなり、第2GKとしてトップチームでずっとプレーすることになるとのことだ。

そして第3GKは昨シーズン同様、カスティージャでプレーするアルトゥーベが務めることになる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.09.13 08:17
マドリード通信
ロドリゴとルニン、今シーズンの選手登録がカスティージャに
ロドリゴ

レアル・マドリードは今夏、多くの選手を他クラブに出しているものの、マジョラル、レギロン、ベイル、マリアーノの放出候補選手の将来はまだ決まっておらず、トップチームには現在、27選手が在籍している。

そのためクラブはロドリゴとルニンをカスティージャに登録することを決定している。この中でロドリゴは公式サイト上、トップチームの選手にリストアップされているが、両選手ともラウール指揮下のチームの登録となっている。

下部組織のチームに登録し、トップチームで起用するという手法は近年、レアル・マドリードが常用している正当な手段である。実際、ヴィニシウスも入団時、18歳だったためフベニールAに登録され、トップチームでプレーした。そして久保建英も同様に昨夏、同じ戦略が取られ、最終的にマジョルカにレンタル移籍している。

ロドリゴは昨シーズンもカスティージャに登録されており、トップチームで出番を失った際はカスティージャで起用されていた。

一方、ルニンはカスティージャ登録になるものの、ロドリゴのように出場機会を求めてカスティージャでプレーすることはなく、クルトゥワの控えとなり、第2GKとしてトップチームでずっとプレーすることになるとのことだ。

そして第3GKは昨シーズン同様、カスティージャでプレーするアルトゥーベが務めることになる。

  • LINEで送る