Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.08.02 10:54
マドリード通信
マジョラル、来季のCL出場権持つラツィオ移籍の可能性浮上
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードは今夏、新型コロナウイルスの影響により選手の補強よりも放出に力を入れており、すでにアクラフ、ハビ・サンチェス、デ・フルートス、ダニ・ゴメスの4選手を売却し、5000万ユーロ近い収入を得ている。

しかしクラブの人員整理のプランは止まることなく、今度は2年間レバンテに貸し出していたFWマジョラルのオペレーションに取り組んでいるとスペイン紙MARCAが報じている。

マジョラルは今季、レバンテで素晴らしいパフォーマンスを見せたもののジダンの来季の戦力に入ることはなく、今現在、移籍先の有力候補として来季のチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたラツィオが挙がっている。

すでに選手本人とラツィオの話し合いは大きく進んでおり、残すはクラブ間合意のみと見られている。またこの交渉が成立した場合、移籍金は2000万ユーロになると見積もられている。

マジョラル同様、レンタル先のセビージャで良いシーズンを送ったレギロンにもスペイン国内外から多くのオファーが届いている。

マルセロとメンディがいるため、レギロンの来季のトップチーム復帰の可能性は非常に低く、セビージャが1年間のレンタル延長を求めているが、クラブは2000万ユーロでの売却を望んでいるとのことだ。

仮にマジョラルやレギロンを売却した場合でも、マドリーは完全に権利を手放すつもりはないとのこと。2選手に将来、移籍先で新たなオファーが届き、第3クラブに移籍の可能性が浮上した場合、マドリーはそれと同じ条件で優先的に買い戻すことができる権利を契約条項に含む予定であるとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.08.02 10:54
マドリード通信
マジョラル、来季のCL出場権持つラツィオ移籍の可能性浮上
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードは今夏、新型コロナウイルスの影響により選手の補強よりも放出に力を入れており、すでにアクラフ、ハビ・サンチェス、デ・フルートス、ダニ・ゴメスの4選手を売却し、5000万ユーロ近い収入を得ている。

しかしクラブの人員整理のプランは止まることなく、今度は2年間レバンテに貸し出していたFWマジョラルのオペレーションに取り組んでいるとスペイン紙MARCAが報じている。

マジョラルは今季、レバンテで素晴らしいパフォーマンスを見せたもののジダンの来季の戦力に入ることはなく、今現在、移籍先の有力候補として来季のチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたラツィオが挙がっている。

すでに選手本人とラツィオの話し合いは大きく進んでおり、残すはクラブ間合意のみと見られている。またこの交渉が成立した場合、移籍金は2000万ユーロになると見積もられている。

マジョラル同様、レンタル先のセビージャで良いシーズンを送ったレギロンにもスペイン国内外から多くのオファーが届いている。

マルセロとメンディがいるため、レギロンの来季のトップチーム復帰の可能性は非常に低く、セビージャが1年間のレンタル延長を求めているが、クラブは2000万ユーロでの売却を望んでいるとのことだ。

仮にマジョラルやレギロンを売却した場合でも、マドリーは完全に権利を手放すつもりはないとのこと。2選手に将来、移籍先で新たなオファーが届き、第3クラブに移籍の可能性が浮上した場合、マドリーはそれと同じ条件で優先的に買い戻すことができる権利を契約条項に含む予定であるとのことだ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.08.02 10:54
マドリード通信
マジョラル、来季のCL出場権持つラツィオ移籍の可能性浮上
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードは今夏、新型コロナウイルスの影響により選手の補強よりも放出に力を入れており、すでにアクラフ、ハビ・サンチェス、デ・フルートス、ダニ・ゴメスの4選手を売却し、5000万ユーロ近い収入を得ている。

しかしクラブの人員整理のプランは止まることなく、今度は2年間レバンテに貸し出していたFWマジョラルのオペレーションに取り組んでいるとスペイン紙MARCAが報じている。

マジョラルは今季、レバンテで素晴らしいパフォーマンスを見せたもののジダンの来季の戦力に入ることはなく、今現在、移籍先の有力候補として来季のチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたラツィオが挙がっている。

すでに選手本人とラツィオの話し合いは大きく進んでおり、残すはクラブ間合意のみと見られている。またこの交渉が成立した場合、移籍金は2000万ユーロになると見積もられている。

マジョラル同様、レンタル先のセビージャで良いシーズンを送ったレギロンにもスペイン国内外から多くのオファーが届いている。

マルセロとメンディがいるため、レギロンの来季のトップチーム復帰の可能性は非常に低く、セビージャが1年間のレンタル延長を求めているが、クラブは2000万ユーロでの売却を望んでいるとのことだ。

仮にマジョラルやレギロンを売却した場合でも、マドリーは完全に権利を手放すつもりはないとのこと。2選手に将来、移籍先で新たなオファーが届き、第3クラブに移籍の可能性が浮上した場合、マドリーはそれと同じ条件で優先的に買い戻すことができる権利を契約条項に含む予定であるとのことだ。

  • LINEで送る