Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.31 05:57
マドリード通信
ジダン、マンチェスター・シティ戦で下すべき4つの決断
ジダン

チャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦まで約1週間に迫る中、ホームでの1-2の敗北を逆転するためのメンバーについて、ジダンには下すべき4つの決断があるとスペイン紙MARCAが伝えている。

1番目は左サイドバック。これがおそらくジダンにとって最も大きな迷いが生じるポジションとなる。リーガ終盤、メンディが重要な役割を果たしたのに対し、マルセロは負傷していた。しかし現在、マルセロはすでに怪我が癒え、攻撃面で大きな貢献を果たすことができるが、スターリングやガブリエウ・ジェズスなどのスピードに苦しめられる可能性が高いため、ジダンは攻撃と守備のどちらを重視するか選択しなければならない。すなわち、最低2ゴールが必要な戦いの中、攻めに出る場合はマルセロ、守備を考慮する場合はメンディを選ぶことになる。

2番目は中盤。シティ戦には4-4-2で臨む可能性が高いと見られており、カゼミーロ、モドリッチ、クロースが確定で、最後のひと枠をバルベルデとイスコが争うことになる。バルベルデが中盤に運動量をもたらすことができるのに対し、グアルディオラのチーム相手にボールキープで対抗する場合、イスコを擁してゲームコントロールを目指すことができる。

3番目は前線。ジダンが怪我もあり調子が上がらないながらも絶対的な存在であるアザールと、アザール欠場時にチームの攻撃を牽引したヴィニシウスのどちらを起用するかで注目が集まる。しかし優勝を決めたビジャレアル戦で先発起用したことでも分かる通り、ジダンはアザールに絶対的な信頼を置いている。そのため全てはアザールの調子次第となるだろう。4-4-2の場合はベンゼマと2トップ、4-3-3の場合は左ウイングでプレーすることになる。

4番目は4-3-3で臨む場合の右ウイング。ジダンはその場合、ベイルが戦力外のため、ロドリゴと怪我から復帰したアセンシオのどちらかを選択することになる。そんな中、守備面の献身性およびシティの攻撃力を考慮すると、ロドリゴが一歩リードしていると見てられている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.31 05:57
マドリード通信
ジダン、マンチェスター・シティ戦で下すべき4つの決断
ジダン

チャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦まで約1週間に迫る中、ホームでの1-2の敗北を逆転するためのメンバーについて、ジダンには下すべき4つの決断があるとスペイン紙MARCAが伝えている。

1番目は左サイドバック。これがおそらくジダンにとって最も大きな迷いが生じるポジションとなる。リーガ終盤、メンディが重要な役割を果たしたのに対し、マルセロは負傷していた。しかし現在、マルセロはすでに怪我が癒え、攻撃面で大きな貢献を果たすことができるが、スターリングやガブリエウ・ジェズスなどのスピードに苦しめられる可能性が高いため、ジダンは攻撃と守備のどちらを重視するか選択しなければならない。すなわち、最低2ゴールが必要な戦いの中、攻めに出る場合はマルセロ、守備を考慮する場合はメンディを選ぶことになる。

2番目は中盤。シティ戦には4-4-2で臨む可能性が高いと見られており、カゼミーロ、モドリッチ、クロースが確定で、最後のひと枠をバルベルデとイスコが争うことになる。バルベルデが中盤に運動量をもたらすことができるのに対し、グアルディオラのチーム相手にボールキープで対抗する場合、イスコを擁してゲームコントロールを目指すことができる。

3番目は前線。ジダンが怪我もあり調子が上がらないながらも絶対的な存在であるアザールと、アザール欠場時にチームの攻撃を牽引したヴィニシウスのどちらを起用するかで注目が集まる。しかし優勝を決めたビジャレアル戦で先発起用したことでも分かる通り、ジダンはアザールに絶対的な信頼を置いている。そのため全てはアザールの調子次第となるだろう。4-4-2の場合はベンゼマと2トップ、4-3-3の場合は左ウイングでプレーすることになる。

4番目は4-3-3で臨む場合の右ウイング。ジダンはその場合、ベイルが戦力外のため、ロドリゴと怪我から復帰したアセンシオのどちらかを選択することになる。そんな中、守備面の献身性およびシティの攻撃力を考慮すると、ロドリゴが一歩リードしていると見てられている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.31 05:57
マドリード通信
ジダン、マンチェスター・シティ戦で下すべき4つの決断
ジダン

チャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦マンチェスター・シティ戦まで約1週間に迫る中、ホームでの1-2の敗北を逆転するためのメンバーについて、ジダンには下すべき4つの決断があるとスペイン紙MARCAが伝えている。

1番目は左サイドバック。これがおそらくジダンにとって最も大きな迷いが生じるポジションとなる。リーガ終盤、メンディが重要な役割を果たしたのに対し、マルセロは負傷していた。しかし現在、マルセロはすでに怪我が癒え、攻撃面で大きな貢献を果たすことができるが、スターリングやガブリエウ・ジェズスなどのスピードに苦しめられる可能性が高いため、ジダンは攻撃と守備のどちらを重視するか選択しなければならない。すなわち、最低2ゴールが必要な戦いの中、攻めに出る場合はマルセロ、守備を考慮する場合はメンディを選ぶことになる。

2番目は中盤。シティ戦には4-4-2で臨む可能性が高いと見られており、カゼミーロ、モドリッチ、クロースが確定で、最後のひと枠をバルベルデとイスコが争うことになる。バルベルデが中盤に運動量をもたらすことができるのに対し、グアルディオラのチーム相手にボールキープで対抗する場合、イスコを擁してゲームコントロールを目指すことができる。

3番目は前線。ジダンが怪我もあり調子が上がらないながらも絶対的な存在であるアザールと、アザール欠場時にチームの攻撃を牽引したヴィニシウスのどちらを起用するかで注目が集まる。しかし優勝を決めたビジャレアル戦で先発起用したことでも分かる通り、ジダンはアザールに絶対的な信頼を置いている。そのため全てはアザールの調子次第となるだろう。4-4-2の場合はベンゼマと2トップ、4-3-3の場合は左ウイングでプレーすることになる。

4番目は4-3-3で臨む場合の右ウイング。ジダンはその場合、ベイルが戦力外のため、ロドリゴと怪我から復帰したアセンシオのどちらかを選択することになる。そんな中、守備面の献身性およびシティの攻撃力を考慮すると、ロドリゴが一歩リードしていると見てられている。

  • LINEで送る