Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.30 07:23
マドリード通信
レアル・マドリード・レンタル組の来シーズンの動向
ジダン

レアル・マドリードは現在、8月7日に再開するチャンピオンズリーグに集中しつつ、新型コロナウイルスの影響を受けた財政面をカバーするため選手放出の仕事に取り組んでいる。なぜならこのまま新シーズンのプレシーズンを開始した場合、ジダンはオーバーブッキング状態のチームに出くわすことになるため、人員整理をやらなければならない。

マドリーはすでに、アクラフ(インテル・ミラノ)、ハビ・サンチェス(バジャドリード)、デ・フルートス(レバンテ)の3選手を売却した他、ルカ・ジダンが契約切れで退団し、レンタルのアレオラはチャンピオンズリーグ終了後、パリ・サンジェルマンに戻る予定になっている。

そんな状況の中、スペイン紙MARCAはジダンの手元に一旦戻ってくる、今季レンタルでプレーした10選手の来季の去就を次のように伝えている。

GKのルニンについてはアレオラがチームを去ることにより、来季はクルトゥワの控えとしてチームに戻ることが決定的となっている。

オドリオソラ、レギロン、バジェホのDF3選手は来シーズンのレアル・マドリードで重要な地位を得ることは難しいと見られている。

そんな中、1月から所属したバイエルン・ミュンヘンでほとんど出番のなかったオドリオソラは、アクラフがすでに退団し生粋の右サイドバックがいないため、カルバハルのバックアップとしてチームに復帰する可能性がある。

レギロンは要求度の高いセビージャでレギュラーの座を勝ち取り良いシーズンを送ってきたが、マドリーの左サイドバックにはメンディとマルセロがいるため、居場所を見つけるのは難しいと推測されている。

バジェホは今季、ウルヴァーハンプトンとグラナダの2チームでプレーするも、怪我もあり全く良いシーズンにはならず、トップチーム復帰の可能性は低いと見られている。

MF陣に目を向けると、ウーデゴールは来季もう1年間、レアル・ソシエダでプレーする予定である。その理由のひとつとして、34歳のモドリッチが衰え知らずの素晴らしいパフォーマンスを見せ、健在であることが挙げられている。

ジダンとフィーリングの合わないセバージョスもウーデゴール同様、アーセナルでのレンタル期間をもう1年延長すると見られている。

セグンダに降格したマジョルカとレガネスでそれぞれ活躍した久保建英はとオスカル・ロドリゲスは、今夏のメルカドで特に人気のある選手である。

久保はEU圏外枠の問題によりチームに戻ることが非常に困難な中、セビージャやグラナダといった様々なクラブが来季のレンタル先の候補に挙がっている。

レガネスで9ゴールを決めたオスカルに関してクラブは売却を考えており、ビジャレアルが最有力候補になっている他、ヘタフェ、ミラン、セビージャという名前が移籍先として出ている。

昨夏契約を結ぶもそのままサラゴサでプレーしているアルベルト・ソロは、再びレンタルに出されることが濃厚となっている。

レバンテで8得点を決めたFWマジョラルは売却される可能性が高く、今現在、多くのクラブに興味を持たれているという。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.30 07:23
マドリード通信
レアル・マドリード・レンタル組の来シーズンの動向
ジダン

レアル・マドリードは現在、8月7日に再開するチャンピオンズリーグに集中しつつ、新型コロナウイルスの影響を受けた財政面をカバーするため選手放出の仕事に取り組んでいる。なぜならこのまま新シーズンのプレシーズンを開始した場合、ジダンはオーバーブッキング状態のチームに出くわすことになるため、人員整理をやらなければならない。

マドリーはすでに、アクラフ(インテル・ミラノ)、ハビ・サンチェス(バジャドリード)、デ・フルートス(レバンテ)の3選手を売却した他、ルカ・ジダンが契約切れで退団し、レンタルのアレオラはチャンピオンズリーグ終了後、パリ・サンジェルマンに戻る予定になっている。

そんな状況の中、スペイン紙MARCAはジダンの手元に一旦戻ってくる、今季レンタルでプレーした10選手の来季の去就を次のように伝えている。

GKのルニンについてはアレオラがチームを去ることにより、来季はクルトゥワの控えとしてチームに戻ることが決定的となっている。

オドリオソラ、レギロン、バジェホのDF3選手は来シーズンのレアル・マドリードで重要な地位を得ることは難しいと見られている。

そんな中、1月から所属したバイエルン・ミュンヘンでほとんど出番のなかったオドリオソラは、アクラフがすでに退団し生粋の右サイドバックがいないため、カルバハルのバックアップとしてチームに復帰する可能性がある。

レギロンは要求度の高いセビージャでレギュラーの座を勝ち取り良いシーズンを送ってきたが、マドリーの左サイドバックにはメンディとマルセロがいるため、居場所を見つけるのは難しいと推測されている。

バジェホは今季、ウルヴァーハンプトンとグラナダの2チームでプレーするも、怪我もあり全く良いシーズンにはならず、トップチーム復帰の可能性は低いと見られている。

MF陣に目を向けると、ウーデゴールは来季もう1年間、レアル・ソシエダでプレーする予定である。その理由のひとつとして、34歳のモドリッチが衰え知らずの素晴らしいパフォーマンスを見せ、健在であることが挙げられている。

ジダンとフィーリングの合わないセバージョスもウーデゴール同様、アーセナルでのレンタル期間をもう1年延長すると見られている。

セグンダに降格したマジョルカとレガネスでそれぞれ活躍した久保建英はとオスカル・ロドリゲスは、今夏のメルカドで特に人気のある選手である。

久保はEU圏外枠の問題によりチームに戻ることが非常に困難な中、セビージャやグラナダといった様々なクラブが来季のレンタル先の候補に挙がっている。

レガネスで9ゴールを決めたオスカルに関してクラブは売却を考えており、ビジャレアルが最有力候補になっている他、ヘタフェ、ミラン、セビージャという名前が移籍先として出ている。

昨夏契約を結ぶもそのままサラゴサでプレーしているアルベルト・ソロは、再びレンタルに出されることが濃厚となっている。

レバンテで8得点を決めたFWマジョラルは売却される可能性が高く、今現在、多くのクラブに興味を持たれているという。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.30 07:23
マドリード通信
レアル・マドリード・レンタル組の来シーズンの動向
ジダン

レアル・マドリードは現在、8月7日に再開するチャンピオンズリーグに集中しつつ、新型コロナウイルスの影響を受けた財政面をカバーするため選手放出の仕事に取り組んでいる。なぜならこのまま新シーズンのプレシーズンを開始した場合、ジダンはオーバーブッキング状態のチームに出くわすことになるため、人員整理をやらなければならない。

マドリーはすでに、アクラフ(インテル・ミラノ)、ハビ・サンチェス(バジャドリード)、デ・フルートス(レバンテ)の3選手を売却した他、ルカ・ジダンが契約切れで退団し、レンタルのアレオラはチャンピオンズリーグ終了後、パリ・サンジェルマンに戻る予定になっている。

そんな状況の中、スペイン紙MARCAはジダンの手元に一旦戻ってくる、今季レンタルでプレーした10選手の来季の去就を次のように伝えている。

GKのルニンについてはアレオラがチームを去ることにより、来季はクルトゥワの控えとしてチームに戻ることが決定的となっている。

オドリオソラ、レギロン、バジェホのDF3選手は来シーズンのレアル・マドリードで重要な地位を得ることは難しいと見られている。

そんな中、1月から所属したバイエルン・ミュンヘンでほとんど出番のなかったオドリオソラは、アクラフがすでに退団し生粋の右サイドバックがいないため、カルバハルのバックアップとしてチームに復帰する可能性がある。

レギロンは要求度の高いセビージャでレギュラーの座を勝ち取り良いシーズンを送ってきたが、マドリーの左サイドバックにはメンディとマルセロがいるため、居場所を見つけるのは難しいと推測されている。

バジェホは今季、ウルヴァーハンプトンとグラナダの2チームでプレーするも、怪我もあり全く良いシーズンにはならず、トップチーム復帰の可能性は低いと見られている。

MF陣に目を向けると、ウーデゴールは来季もう1年間、レアル・ソシエダでプレーする予定である。その理由のひとつとして、34歳のモドリッチが衰え知らずの素晴らしいパフォーマンスを見せ、健在であることが挙げられている。

ジダンとフィーリングの合わないセバージョスもウーデゴール同様、アーセナルでのレンタル期間をもう1年延長すると見られている。

セグンダに降格したマジョルカとレガネスでそれぞれ活躍した久保建英はとオスカル・ロドリゲスは、今夏のメルカドで特に人気のある選手である。

久保はEU圏外枠の問題によりチームに戻ることが非常に困難な中、セビージャやグラナダといった様々なクラブが来季のレンタル先の候補に挙がっている。

レガネスで9ゴールを決めたオスカルに関してクラブは売却を考えており、ビジャレアルが最有力候補になっている他、ヘタフェ、ミラン、セビージャという名前が移籍先として出ている。

昨夏契約を結ぶもそのままサラゴサでプレーしているアルベルト・ソロは、再びレンタルに出されることが濃厚となっている。

レバンテで8得点を決めたFWマジョラルは売却される可能性が高く、今現在、多くのクラブに興味を持たれているという。

  • LINEで送る