Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.28 07:48
マドリード通信
レアル・マドリード、セビージャCBクンデに興味も獲得に3500万ユーロが必要
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードの今夏の方針として、新型コロナウイルスの影響を財政面に受けていること、そしてリーガを制し戦力面で来季に向けて問題ないとフロレンティーノ・ペレス会長が判断していることにより、莫大な資金を費やしての選手補強を行わず、レンタル選手含め30選手以上の大所帯の人員整理を行うと報じられている。

そんな中、マドリーが現在、セビージャに所属するU-21フランス代表CBジュール・クンデ(20)に興味を示しているとアメリカのメディアESPNが報じた。

クンデは今季、元マドリー監督ロペテギ指揮下のセビージャで素晴らしいシーズンを送っており、ジエゴ・カルロスとともにリーガおよび欧州最高のCBコンビのひとつに挙げられている。

今季、ミリトンが莫大な移籍金で入団しているが、マドリーはそのパフォーマンスに完全には納得しておらず、ナチョの来季の去就も不透明なため、新たなCBを探しているとのことだ。またジダンはすでにボルドーに所属していた昨季よりクンデに興味を示しているとも伝えられている。

2024年6月30日までセビージャとの契約の残るクンデは現在、欧州の多くのクラブに注目されている逸材となっている。マドリーはその獲得レースに勝つことを目指しているものの、移籍金として見積もられている3500万ユーロがネックになる可能性があるという。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.28 07:48
マドリード通信
レアル・マドリード、セビージャCBクンデに興味も獲得に3500万ユーロが必要
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードの今夏の方針として、新型コロナウイルスの影響を財政面に受けていること、そしてリーガを制し戦力面で来季に向けて問題ないとフロレンティーノ・ペレス会長が判断していることにより、莫大な資金を費やしての選手補強を行わず、レンタル選手含め30選手以上の大所帯の人員整理を行うと報じられている。

そんな中、マドリーが現在、セビージャに所属するU-21フランス代表CBジュール・クンデ(20)に興味を示しているとアメリカのメディアESPNが報じた。

クンデは今季、元マドリー監督ロペテギ指揮下のセビージャで素晴らしいシーズンを送っており、ジエゴ・カルロスとともにリーガおよび欧州最高のCBコンビのひとつに挙げられている。

今季、ミリトンが莫大な移籍金で入団しているが、マドリーはそのパフォーマンスに完全には納得しておらず、ナチョの来季の去就も不透明なため、新たなCBを探しているとのことだ。またジダンはすでにボルドーに所属していた昨季よりクンデに興味を示しているとも伝えられている。

2024年6月30日までセビージャとの契約の残るクンデは現在、欧州の多くのクラブに注目されている逸材となっている。マドリーはその獲得レースに勝つことを目指しているものの、移籍金として見積もられている3500万ユーロがネックになる可能性があるという。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.28 07:48
マドリード通信
レアル・マドリード、セビージャCBクンデに興味も獲得に3500万ユーロが必要
ライブレアルマドリード

レアル・マドリードの今夏の方針として、新型コロナウイルスの影響を財政面に受けていること、そしてリーガを制し戦力面で来季に向けて問題ないとフロレンティーノ・ペレス会長が判断していることにより、莫大な資金を費やしての選手補強を行わず、レンタル選手含め30選手以上の大所帯の人員整理を行うと報じられている。

そんな中、マドリーが現在、セビージャに所属するU-21フランス代表CBジュール・クンデ(20)に興味を示しているとアメリカのメディアESPNが報じた。

クンデは今季、元マドリー監督ロペテギ指揮下のセビージャで素晴らしいシーズンを送っており、ジエゴ・カルロスとともにリーガおよび欧州最高のCBコンビのひとつに挙げられている。

今季、ミリトンが莫大な移籍金で入団しているが、マドリーはそのパフォーマンスに完全には納得しておらず、ナチョの来季の去就も不透明なため、新たなCBを探しているとのことだ。またジダンはすでにボルドーに所属していた昨季よりクンデに興味を示しているとも伝えられている。

2024年6月30日までセビージャとの契約の残るクンデは現在、欧州の多くのクラブに注目されている逸材となっている。マドリーはその獲得レースに勝つことを目指しているものの、移籍金として見積もられている3500万ユーロがネックになる可能性があるという。

  • LINEで送る