Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.26 07:20
マドリード通信
クロース:「現在のベイルの状況は皆にとって満足いくものではない」
クロース

クロースがドイツのポッドキャスト「Lauschangriff Endlich was mit Sport!」でベイルの件やレアル・マドリード入団時のことについて語っている。

リーガ再開後、ベイルの控えという立場や、ベンチでの良くない姿勢をメディアに指摘されている現在の状況について問われ、クロースは「実際のところ、皆にとって満足いく状況ではない。ベイルは今のように少しだけプレーするために契約したのではないからね。彼は当初、昨夏に退団したがっていたし、クラブがイエスと言った後、今度はノーと言ったんだと思う。僕には彼がまだそのことを怒っているのかは分からない。実際に良く分からないんだ。でもそれが難しいテーマであるのは間違いない…」と見解を述べていた。

しかし、「その件についてそこまで重要性を与える必要はない。みんな、チームでいい状態だし、ベイルはここ6年間、多くのものを勝ち取るために僕たちを助けてくれている」とフォローした。

2014年夏のレアル・マドリード入団時について、「マンチェスター・ユナイテッドがワールドカップ(2014年ブラジル)前、僕に興味を持ってくれて、入団間近だった。でも代理人が電話してきて、マドリーのことを教えてくれたんだ。そしてマドリーが現れた時、マンチェスターは2番手になったんだ。その後、ワールドカップでレーヴ(ドイツ代表監督)が僕に、マドリーに行くかどうかを聞いてきたので、そののことを伝えたよ。彼は喜んでくれたし、もし大会中に何らかの交渉を行う必要があったとしても問題ないと言ってくれたんだ」と明かしていた。

ブラジルワールドカップを制したクロースは現在、レアル・マドリードで6年目を過ごし、すでにチャンピオンズリーグ3連覇を含む14タイトルを獲得している。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.26 07:20
マドリード通信
クロース:「現在のベイルの状況は皆にとって満足いくものではない」
クロース

クロースがドイツのポッドキャスト「Lauschangriff Endlich was mit Sport!」でベイルの件やレアル・マドリード入団時のことについて語っている。

リーガ再開後、ベイルの控えという立場や、ベンチでの良くない姿勢をメディアに指摘されている現在の状況について問われ、クロースは「実際のところ、皆にとって満足いく状況ではない。ベイルは今のように少しだけプレーするために契約したのではないからね。彼は当初、昨夏に退団したがっていたし、クラブがイエスと言った後、今度はノーと言ったんだと思う。僕には彼がまだそのことを怒っているのかは分からない。実際に良く分からないんだ。でもそれが難しいテーマであるのは間違いない…」と見解を述べていた。

しかし、「その件についてそこまで重要性を与える必要はない。みんな、チームでいい状態だし、ベイルはここ6年間、多くのものを勝ち取るために僕たちを助けてくれている」とフォローした。

2014年夏のレアル・マドリード入団時について、「マンチェスター・ユナイテッドがワールドカップ(2014年ブラジル)前、僕に興味を持ってくれて、入団間近だった。でも代理人が電話してきて、マドリーのことを教えてくれたんだ。そしてマドリーが現れた時、マンチェスターは2番手になったんだ。その後、ワールドカップでレーヴ(ドイツ代表監督)が僕に、マドリーに行くかどうかを聞いてきたので、そののことを伝えたよ。彼は喜んでくれたし、もし大会中に何らかの交渉を行う必要があったとしても問題ないと言ってくれたんだ」と明かしていた。

ブラジルワールドカップを制したクロースは現在、レアル・マドリードで6年目を過ごし、すでにチャンピオンズリーグ3連覇を含む14タイトルを獲得している。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.26 07:20
マドリード通信
クロース:「現在のベイルの状況は皆にとって満足いくものではない」
クロース

クロースがドイツのポッドキャスト「Lauschangriff Endlich was mit Sport!」でベイルの件やレアル・マドリード入団時のことについて語っている。

リーガ再開後、ベイルの控えという立場や、ベンチでの良くない姿勢をメディアに指摘されている現在の状況について問われ、クロースは「実際のところ、皆にとって満足いく状況ではない。ベイルは今のように少しだけプレーするために契約したのではないからね。彼は当初、昨夏に退団したがっていたし、クラブがイエスと言った後、今度はノーと言ったんだと思う。僕には彼がまだそのことを怒っているのかは分からない。実際に良く分からないんだ。でもそれが難しいテーマであるのは間違いない…」と見解を述べていた。

しかし、「その件についてそこまで重要性を与える必要はない。みんな、チームでいい状態だし、ベイルはここ6年間、多くのものを勝ち取るために僕たちを助けてくれている」とフォローした。

2014年夏のレアル・マドリード入団時について、「マンチェスター・ユナイテッドがワールドカップ(2014年ブラジル)前、僕に興味を持ってくれて、入団間近だった。でも代理人が電話してきて、マドリーのことを教えてくれたんだ。そしてマドリーが現れた時、マンチェスターは2番手になったんだ。その後、ワールドカップでレーヴ(ドイツ代表監督)が僕に、マドリーに行くかどうかを聞いてきたので、そののことを伝えたよ。彼は喜んでくれたし、もし大会中に何らかの交渉を行う必要があったとしても問題ないと言ってくれたんだ」と明かしていた。

ブラジルワールドカップを制したクロースは現在、レアル・マドリードで6年目を過ごし、すでにチャンピオンズリーグ3連覇を含む14タイトルを獲得している。

  • LINEで送る