Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.07 19:28
マドリード通信
VARなき世界でもマドリーがバルサに勝ち点4差でリーガ首位
ライブレアルマドリード

リーガ再開後、特にレアル・マドリードがVARに関する判定で恩恵を受けていると対戦相手、さらにはバルサ陣営から不満の声が挙がっている。しかしASが今シーズンのマドリーとバルサのVARの判定を比較したところ、現在の勝ち点4差は変わらないと分析した。

マドリーは今シーズン、VARで5回有利な判定を受けている。その中で結果に影響を与えたのは2試合。引き分けから勝利に結果が変わり合計で勝ち点4多く獲得している。それはレアル・マドリード2-1セビージャ(もしVARがない場合、2-2の引き分け)、アスレティック0-1レアル・マドリード(もしVARがない場合、0-0で引き分け)である。

一方、VARで5回不利な判定を受けた。その中で2試合が勝利から引き分けと結果が変化し合計で勝ち点4落としている。それはビジャレアル2-2レアル・マドリード(もしVARがない場合、1-2で勝利)、レアル・マドリード0-0ベティス(もしVARがない場合、1-0で勝利)。そのため勝ち点の差し引きは0となる。

バルセロナはVARで有利な判定を3回受けている。その中で1試合は引き分けから勝利に結果が変わり勝ち点2多く獲得している。その試合はバルサ2-1ヘタフェ(もしVARがない場合、2-2で引き分け)。

一方、VARで不利な判定を7回受けた。その中で1試合が勝利から引き分けに変わり勝ち点2落としている。それはバルサ2-2アトレティコ(もしVARがない場合、2-1で勝利)。そのためマドリー同様、勝ち点を差し引きすると0となっている。

これらの結果により、リーガ第34節終了時点で、マドリーが勝ち点77で首位、バルサが勝ち点73で2位という状況を変わらないと分析されている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.07 19:28
マドリード通信
VARなき世界でもマドリーがバルサに勝ち点4差でリーガ首位
ライブレアルマドリード

リーガ再開後、特にレアル・マドリードがVARに関する判定で恩恵を受けていると対戦相手、さらにはバルサ陣営から不満の声が挙がっている。しかしASが今シーズンのマドリーとバルサのVARの判定を比較したところ、現在の勝ち点4差は変わらないと分析した。

マドリーは今シーズン、VARで5回有利な判定を受けている。その中で結果に影響を与えたのは2試合。引き分けから勝利に結果が変わり合計で勝ち点4多く獲得している。それはレアル・マドリード2-1セビージャ(もしVARがない場合、2-2の引き分け)、アスレティック0-1レアル・マドリード(もしVARがない場合、0-0で引き分け)である。

一方、VARで5回不利な判定を受けた。その中で2試合が勝利から引き分けと結果が変化し合計で勝ち点4落としている。それはビジャレアル2-2レアル・マドリード(もしVARがない場合、1-2で勝利)、レアル・マドリード0-0ベティス(もしVARがない場合、1-0で勝利)。そのため勝ち点の差し引きは0となる。

バルセロナはVARで有利な判定を3回受けている。その中で1試合は引き分けから勝利に結果が変わり勝ち点2多く獲得している。その試合はバルサ2-1ヘタフェ(もしVARがない場合、2-2で引き分け)。

一方、VARで不利な判定を7回受けた。その中で1試合が勝利から引き分けに変わり勝ち点2落としている。それはバルサ2-2アトレティコ(もしVARがない場合、2-1で勝利)。そのためマドリー同様、勝ち点を差し引きすると0となっている。

これらの結果により、リーガ第34節終了時点で、マドリーが勝ち点77で首位、バルサが勝ち点73で2位という状況を変わらないと分析されている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.07 19:28
マドリード通信
VARなき世界でもマドリーがバルサに勝ち点4差でリーガ首位
ライブレアルマドリード

リーガ再開後、特にレアル・マドリードがVARに関する判定で恩恵を受けていると対戦相手、さらにはバルサ陣営から不満の声が挙がっている。しかしASが今シーズンのマドリーとバルサのVARの判定を比較したところ、現在の勝ち点4差は変わらないと分析した。

マドリーは今シーズン、VARで5回有利な判定を受けている。その中で結果に影響を与えたのは2試合。引き分けから勝利に結果が変わり合計で勝ち点4多く獲得している。それはレアル・マドリード2-1セビージャ(もしVARがない場合、2-2の引き分け)、アスレティック0-1レアル・マドリード(もしVARがない場合、0-0で引き分け)である。

一方、VARで5回不利な判定を受けた。その中で2試合が勝利から引き分けと結果が変化し合計で勝ち点4落としている。それはビジャレアル2-2レアル・マドリード(もしVARがない場合、1-2で勝利)、レアル・マドリード0-0ベティス(もしVARがない場合、1-0で勝利)。そのため勝ち点の差し引きは0となる。

バルセロナはVARで有利な判定を3回受けている。その中で1試合は引き分けから勝利に結果が変わり勝ち点2多く獲得している。その試合はバルサ2-1ヘタフェ(もしVARがない場合、2-2で引き分け)。

一方、VARで不利な判定を7回受けた。その中で1試合が勝利から引き分けに変わり勝ち点2落としている。それはバルサ2-2アトレティコ(もしVARがない場合、2-1で勝利)。そのためマドリー同様、勝ち点を差し引きすると0となっている。

これらの結果により、リーガ第34節終了時点で、マドリーが勝ち点77で首位、バルサが勝ち点73で2位という状況を変わらないと分析されている。

  • LINEで送る