Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.06.26 17:54
マドリード通信
ジダン、不可能とみられていたヴィニシウスとアザール併用を決断
ヴィニシウス

これまでヴィニシウスとアザールの共存が不可能という意見が出ていた。その理由に、アザールにとって左サイドが聖域であること、ヴィニシウスが右サイドで輝けないことが挙がっていた。

しかしジダンはマジョルカ戦、カゼミーロがイエローカードの累積で出場停止だったこともあり、その意見を覆す決断を下した。それは普段採用している4-3-3や4-4-2のシステムを捨て4-2-3-1に変更するというものだった。

ベイルを右サイドハーフ、アザールをトップ下、ヴィニシウスを左サイドハーフ、ベンゼマをワントップに配置する超攻撃布陣で臨み、モドリッチとバルベルデがその後ろでFW4枚を支える役割を果たした。

その結果、左サイドで水を得た魚のようにプレーしたヴィニシウスがマドリーの攻撃を牽引し、マジョルカの堅固な守備に苦しむ中、得点前のカルバハルのダニ・ロドリゲスへのチャージが物議を醸し出したものの19分に先制した。

ジダンはマジョルカ戦前日の記者会見ですでに2選手の共存について、「不可能ではないと思うが、我々は選手たちができる限り快適いられるように努めている。ヴィニのポジションはエデンと同じだが、それは何の意味もない。私は選手を各々のポジションに置くことを好むが、彼らは試合で一緒にプレーできる」と語り、2選手の同時起用を示唆していた。

リーガ再開後、ジダンは初めての試みを行なったが、試合にも2-0で勝利し、ヴィニシウスとアザール併用の4-2-3-1のシステムは及第点の成果を挙げたと見られている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.06.26 17:54
マドリード通信
ジダン、不可能とみられていたヴィニシウスとアザール併用を決断
ヴィニシウス

これまでヴィニシウスとアザールの共存が不可能という意見が出ていた。その理由に、アザールにとって左サイドが聖域であること、ヴィニシウスが右サイドで輝けないことが挙がっていた。

しかしジダンはマジョルカ戦、カゼミーロがイエローカードの累積で出場停止だったこともあり、その意見を覆す決断を下した。それは普段採用している4-3-3や4-4-2のシステムを捨て4-2-3-1に変更するというものだった。

ベイルを右サイドハーフ、アザールをトップ下、ヴィニシウスを左サイドハーフ、ベンゼマをワントップに配置する超攻撃布陣で臨み、モドリッチとバルベルデがその後ろでFW4枚を支える役割を果たした。

その結果、左サイドで水を得た魚のようにプレーしたヴィニシウスがマドリーの攻撃を牽引し、マジョルカの堅固な守備に苦しむ中、得点前のカルバハルのダニ・ロドリゲスへのチャージが物議を醸し出したものの19分に先制した。

ジダンはマジョルカ戦前日の記者会見ですでに2選手の共存について、「不可能ではないと思うが、我々は選手たちができる限り快適いられるように努めている。ヴィニのポジションはエデンと同じだが、それは何の意味もない。私は選手を各々のポジションに置くことを好むが、彼らは試合で一緒にプレーできる」と語り、2選手の同時起用を示唆していた。

リーガ再開後、ジダンは初めての試みを行なったが、試合にも2-0で勝利し、ヴィニシウスとアザール併用の4-2-3-1のシステムは及第点の成果を挙げたと見られている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.06.26 17:54
マドリード通信
ジダン、不可能とみられていたヴィニシウスとアザール併用を決断
ヴィニシウス

これまでヴィニシウスとアザールの共存が不可能という意見が出ていた。その理由に、アザールにとって左サイドが聖域であること、ヴィニシウスが右サイドで輝けないことが挙がっていた。

しかしジダンはマジョルカ戦、カゼミーロがイエローカードの累積で出場停止だったこともあり、その意見を覆す決断を下した。それは普段採用している4-3-3や4-4-2のシステムを捨て4-2-3-1に変更するというものだった。

ベイルを右サイドハーフ、アザールをトップ下、ヴィニシウスを左サイドハーフ、ベンゼマをワントップに配置する超攻撃布陣で臨み、モドリッチとバルベルデがその後ろでFW4枚を支える役割を果たした。

その結果、左サイドで水を得た魚のようにプレーしたヴィニシウスがマドリーの攻撃を牽引し、マジョルカの堅固な守備に苦しむ中、得点前のカルバハルのダニ・ロドリゲスへのチャージが物議を醸し出したものの19分に先制した。

ジダンはマジョルカ戦前日の記者会見ですでに2選手の共存について、「不可能ではないと思うが、我々は選手たちができる限り快適いられるように努めている。ヴィニのポジションはエデンと同じだが、それは何の意味もない。私は選手を各々のポジションに置くことを好むが、彼らは試合で一緒にプレーできる」と語り、2選手の同時起用を示唆していた。

リーガ再開後、ジダンは初めての試みを行なったが、試合にも2-0で勝利し、ヴィニシウスとアザール併用の4-2-3-1のシステムは及第点の成果を挙げたと見られている。

  • LINEで送る