Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.05.29 06:00
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「アトレティコとのCL決勝はパネンカをやるに相応しいタイミングではなかった」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがUEFAのインタビューを受け、優勝から4年が経過したアトレティコ・マドリード相手の11回目のチャンピオンズリーグ優勝を次のように振り返った。

ジダン
ジダンは僕たちに、冷静さを保ち、ゲームをコントロールして支配する必要があるし、少しずつチャンスが現れてくると言ったんだ。そして僕たちを誇りに感じていたし、あのチャンピオンズリーグが再び僕たちのものになる必要があると言ったんだ。

15分に先制
僕たちは相手の長所を知るチームであるし、戦術面で僕たちは相手にどのようにダメージを与えるかをずっと前から演習してきた。僕たちには素晴らしいヘディングのシューターがいるし、それが利益を与えてくれることを知っていた。1-0の時、僕はつま先で軽く触り、最終的にゴールを決めたんだ。

PK戦
パネンカでPKを蹴ることは、そのリスクを負う時に素晴らしい方法だが、しかしそれは人々が僕がそのように蹴らないと考えている時だけだ。オブラクと僕はお互いを良く知っているので、パネンカをやるに相応しいタイミングではなかった。最終的にゴールを決めたことが重要だ。

ライバル関係
試合前に僕は、フアンフランやコケ、フェルナンド・トレースなど代表で関わりのあるアトレティコの選手の誰とも話さなかったよ。僕たち全員がとても集中していたし、多くのものを賭けていたので話す時間がなかったんだ。

試合終了
試合終了時、アトレティコのみんなに挨拶しに行き、特にフアンフランを励ましたよ。PK失敗後、人はさらに強くなり、サッカーで経験せざるを得ないことを克服する必要がある。チームメイトとスポーツマンシップを持たなければいけないし、あのような瞬間に助け合わなければいけない。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.05.29 06:00
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「アトレティコとのCL決勝はパネンカをやるに相応しいタイミングではなかった」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがUEFAのインタビューを受け、優勝から4年が経過したアトレティコ・マドリード相手の11回目のチャンピオンズリーグ優勝を次のように振り返った。

ジダン
ジダンは僕たちに、冷静さを保ち、ゲームをコントロールして支配する必要があるし、少しずつチャンスが現れてくると言ったんだ。そして僕たちを誇りに感じていたし、あのチャンピオンズリーグが再び僕たちのものになる必要があると言ったんだ。

15分に先制
僕たちは相手の長所を知るチームであるし、戦術面で僕たちは相手にどのようにダメージを与えるかをずっと前から演習してきた。僕たちには素晴らしいヘディングのシューターがいるし、それが利益を与えてくれることを知っていた。1-0の時、僕はつま先で軽く触り、最終的にゴールを決めたんだ。

PK戦
パネンカでPKを蹴ることは、そのリスクを負う時に素晴らしい方法だが、しかしそれは人々が僕がそのように蹴らないと考えている時だけだ。オブラクと僕はお互いを良く知っているので、パネンカをやるに相応しいタイミングではなかった。最終的にゴールを決めたことが重要だ。

ライバル関係
試合前に僕は、フアンフランやコケ、フェルナンド・トレースなど代表で関わりのあるアトレティコの選手の誰とも話さなかったよ。僕たち全員がとても集中していたし、多くのものを賭けていたので話す時間がなかったんだ。

試合終了
試合終了時、アトレティコのみんなに挨拶しに行き、特にフアンフランを励ましたよ。PK失敗後、人はさらに強くなり、サッカーで経験せざるを得ないことを克服する必要がある。チームメイトとスポーツマンシップを持たなければいけないし、あのような瞬間に助け合わなければいけない。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.05.29 06:00
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「アトレティコとのCL決勝はパネンカをやるに相応しいタイミングではなかった」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがUEFAのインタビューを受け、優勝から4年が経過したアトレティコ・マドリード相手の11回目のチャンピオンズリーグ優勝を次のように振り返った。

ジダン
ジダンは僕たちに、冷静さを保ち、ゲームをコントロールして支配する必要があるし、少しずつチャンスが現れてくると言ったんだ。そして僕たちを誇りに感じていたし、あのチャンピオンズリーグが再び僕たちのものになる必要があると言ったんだ。

15分に先制
僕たちは相手の長所を知るチームであるし、戦術面で僕たちは相手にどのようにダメージを与えるかをずっと前から演習してきた。僕たちには素晴らしいヘディングのシューターがいるし、それが利益を与えてくれることを知っていた。1-0の時、僕はつま先で軽く触り、最終的にゴールを決めたんだ。

PK戦
パネンカでPKを蹴ることは、そのリスクを負う時に素晴らしい方法だが、しかしそれは人々が僕がそのように蹴らないと考えている時だけだ。オブラクと僕はお互いを良く知っているので、パネンカをやるに相応しいタイミングではなかった。最終的にゴールを決めたことが重要だ。

ライバル関係
試合前に僕は、フアンフランやコケ、フェルナンド・トレースなど代表で関わりのあるアトレティコの選手の誰とも話さなかったよ。僕たち全員がとても集中していたし、多くのものを賭けていたので話す時間がなかったんだ。

試合終了
試合終了時、アトレティコのみんなに挨拶しに行き、特にフアンフランを励ましたよ。PK失敗後、人はさらに強くなり、サッカーで経験せざるを得ないことを克服する必要がある。チームメイトとスポーツマンシップを持たなければいけないし、あのような瞬間に助け合わなければいけない。

  • LINEで送る