Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.05.21 22:38
マドリード通信
ジダン、リーガ再開後のハードな日程に備え2チームをプランニング
ジダン

ジダンが来月再開予定のリーガに向けて、3日おきにローテーションを駆使し、2つのスタメンをプランニングして戦っていく予定だとスペイン紙MARCAが伝えている。

レアル・マドリードは現在、ハビエル・テバス会長が語ったリーガ再開予定日の6月12日に向けて調整を続けている。リーガは残り11節で、1週間に2試合という非常にハードな連戦を1ヶ月半の間強いられるため、ジダンは怪我人を極力出さないよう、再びプランAとプランBのチームを用意して臨むことを考えているという。

なぜならジダンがその状況に立ち向かうに当たり、「もし以前、全ての選手が重要だったとするならば、今ははるかに重要になる」と選手やコーチ陣に伝えているためである。実際、ジダンは過去、16/17シーズンに2プランを併用しながらシーズンを進め、リーガとチャンピオンズリーグの2冠を達成し、2チーム編成での戦いを成功させている。

また交代枠が3人から5人に増えることがジダンのプランに影響を与えることになるだろう。フィールドの半分の選手を試合中に入れ替えることが可能になることにより、今季ここまで出場機会に恵まれなかったブラヒムやマリアーノ、コロナウイルスの感染拡大直前、戦力にほとんど入っていなかったベイルやハメスにチャンスが与えられることになる。

ジダンが2チームを構成する場合、替えの効かないカゼミーロをどう休まれるかが一番の問題となる。一方、他のポジションは全てバックアップが存在し、様々なオプションを持っている。

FW陣を見てみると、ベンゼマ、ヴィニシウス、ロドリゴ、ブラヒム、ベイル、ルーカス・バスケスに、アセンシオとアザールが怪我から合流し、いずれも先発になれる8選手が揃っている。さらに現在負傷中のヨヴィッチ(全治2ヶ月)とマリアーノ(間もなく復帰予定)が回復した場合、10選手が揃い、2チームを作るに十分な戦力を備えることになる。

また中盤もカゼミーロ、クロース、モドリッチ、バルベルデ、イスコ、ハメスと、世界有数の選手たちが揃っているため、首位バルセロナとの勝ち点2差を逆転するための陣容をジダンは抱えていると言えるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.05.21 22:38
マドリード通信
ジダン、リーガ再開後のハードな日程に備え2チームをプランニング
ジダン

ジダンが来月再開予定のリーガに向けて、3日おきにローテーションを駆使し、2つのスタメンをプランニングして戦っていく予定だとスペイン紙MARCAが伝えている。

レアル・マドリードは現在、ハビエル・テバス会長が語ったリーガ再開予定日の6月12日に向けて調整を続けている。リーガは残り11節で、1週間に2試合という非常にハードな連戦を1ヶ月半の間強いられるため、ジダンは怪我人を極力出さないよう、再びプランAとプランBのチームを用意して臨むことを考えているという。

なぜならジダンがその状況に立ち向かうに当たり、「もし以前、全ての選手が重要だったとするならば、今ははるかに重要になる」と選手やコーチ陣に伝えているためである。実際、ジダンは過去、16/17シーズンに2プランを併用しながらシーズンを進め、リーガとチャンピオンズリーグの2冠を達成し、2チーム編成での戦いを成功させている。

また交代枠が3人から5人に増えることがジダンのプランに影響を与えることになるだろう。フィールドの半分の選手を試合中に入れ替えることが可能になることにより、今季ここまで出場機会に恵まれなかったブラヒムやマリアーノ、コロナウイルスの感染拡大直前、戦力にほとんど入っていなかったベイルやハメスにチャンスが与えられることになる。

ジダンが2チームを構成する場合、替えの効かないカゼミーロをどう休まれるかが一番の問題となる。一方、他のポジションは全てバックアップが存在し、様々なオプションを持っている。

FW陣を見てみると、ベンゼマ、ヴィニシウス、ロドリゴ、ブラヒム、ベイル、ルーカス・バスケスに、アセンシオとアザールが怪我から合流し、いずれも先発になれる8選手が揃っている。さらに現在負傷中のヨヴィッチ(全治2ヶ月)とマリアーノ(間もなく復帰予定)が回復した場合、10選手が揃い、2チームを作るに十分な戦力を備えることになる。

また中盤もカゼミーロ、クロース、モドリッチ、バルベルデ、イスコ、ハメスと、世界有数の選手たちが揃っているため、首位バルセロナとの勝ち点2差を逆転するための陣容をジダンは抱えていると言えるだろう。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.05.21 22:38
マドリード通信
ジダン、リーガ再開後のハードな日程に備え2チームをプランニング
ジダン

ジダンが来月再開予定のリーガに向けて、3日おきにローテーションを駆使し、2つのスタメンをプランニングして戦っていく予定だとスペイン紙MARCAが伝えている。

レアル・マドリードは現在、ハビエル・テバス会長が語ったリーガ再開予定日の6月12日に向けて調整を続けている。リーガは残り11節で、1週間に2試合という非常にハードな連戦を1ヶ月半の間強いられるため、ジダンは怪我人を極力出さないよう、再びプランAとプランBのチームを用意して臨むことを考えているという。

なぜならジダンがその状況に立ち向かうに当たり、「もし以前、全ての選手が重要だったとするならば、今ははるかに重要になる」と選手やコーチ陣に伝えているためである。実際、ジダンは過去、16/17シーズンに2プランを併用しながらシーズンを進め、リーガとチャンピオンズリーグの2冠を達成し、2チーム編成での戦いを成功させている。

また交代枠が3人から5人に増えることがジダンのプランに影響を与えることになるだろう。フィールドの半分の選手を試合中に入れ替えることが可能になることにより、今季ここまで出場機会に恵まれなかったブラヒムやマリアーノ、コロナウイルスの感染拡大直前、戦力にほとんど入っていなかったベイルやハメスにチャンスが与えられることになる。

ジダンが2チームを構成する場合、替えの効かないカゼミーロをどう休まれるかが一番の問題となる。一方、他のポジションは全てバックアップが存在し、様々なオプションを持っている。

FW陣を見てみると、ベンゼマ、ヴィニシウス、ロドリゴ、ブラヒム、ベイル、ルーカス・バスケスに、アセンシオとアザールが怪我から合流し、いずれも先発になれる8選手が揃っている。さらに現在負傷中のヨヴィッチ(全治2ヶ月)とマリアーノ(間もなく復帰予定)が回復した場合、10選手が揃い、2チームを作るに十分な戦力を備えることになる。

また中盤もカゼミーロ、クロース、モドリッチ、バルベルデ、イスコ、ハメスと、世界有数の選手たちが揃っているため、首位バルセロナとの勝ち点2差を逆転するための陣容をジダンは抱えていると言えるだろう。

  • LINEで送る