Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.05.15 07:45
マドリード通信
ジダン、アセンシオのCF起用を検討中
アセンシオ

ジダンが長期の怪我から復帰したアセンシオをCFに起用するプランを検討しているとスペイン紙ASが伝えている。

アセンシオはコロナウイルスの影響で中断していたチーム練習再開後、3日間のトレーニングに問題なく参加しているだけでなく、そのコンディションの良さでコーチ陣を驚かせている。

そのためジダンはベンゼマのバックアップや怪我のオプションとして、CF起用を考えているという。またヨヴィッチが全治2~3ヶ月の怪我を負ったこと、マリアーノがほとんど戦力に含まれていないことも理由に挙げている。

アセンシオはジダン指揮の下、これまで得点面で素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。2016/17シーズンは出場時間がチーム内で17番目だったにもかかわらず10ゴールを決め、チームの得点ランキング6位だった。そして2017/18シーズンは出場時間13番目の中で11ゴールを記録し、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、ベンゼマに次ぐ4位につけていた。

アセンシオのベストポジションが右ウイングなのは間違いないが、CFとしても機能すると見られている。レアル・マドリードで過去に1度だけ“偽の9番”としてプレーしたことがあった。それはロペテギ指揮下の2018/19シーズンのプレシーズンのことで、ユベントス戦で2ゴールを決め申し分ない出来だった。

またロペテギはスペイン代表監督時代にもアセンシオをベルナベウで行われたイタリア戦に“偽の9番”として起用した。チームが3-0で大勝した中、アセンシオは大活躍を見せていた。

今シーズンのチーム得点王はベンゼマで19得点。これに続く攻撃の選手が不足しており、CBのセルヒオ・ラモスが7ゴール(4ゴールがPK)で2位となっている。そのためアセンシオには得点力不足を解消する大きん役割が求められることになる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.05.15 07:45
マドリード通信
ジダン、アセンシオのCF起用を検討中
アセンシオ

ジダンが長期の怪我から復帰したアセンシオをCFに起用するプランを検討しているとスペイン紙ASが伝えている。

アセンシオはコロナウイルスの影響で中断していたチーム練習再開後、3日間のトレーニングに問題なく参加しているだけでなく、そのコンディションの良さでコーチ陣を驚かせている。

そのためジダンはベンゼマのバックアップや怪我のオプションとして、CF起用を考えているという。またヨヴィッチが全治2~3ヶ月の怪我を負ったこと、マリアーノがほとんど戦力に含まれていないことも理由に挙げている。

アセンシオはジダン指揮の下、これまで得点面で素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。2016/17シーズンは出場時間がチーム内で17番目だったにもかかわらず10ゴールを決め、チームの得点ランキング6位だった。そして2017/18シーズンは出場時間13番目の中で11ゴールを記録し、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、ベンゼマに次ぐ4位につけていた。

アセンシオのベストポジションが右ウイングなのは間違いないが、CFとしても機能すると見られている。レアル・マドリードで過去に1度だけ“偽の9番”としてプレーしたことがあった。それはロペテギ指揮下の2018/19シーズンのプレシーズンのことで、ユベントス戦で2ゴールを決め申し分ない出来だった。

またロペテギはスペイン代表監督時代にもアセンシオをベルナベウで行われたイタリア戦に“偽の9番”として起用した。チームが3-0で大勝した中、アセンシオは大活躍を見せていた。

今シーズンのチーム得点王はベンゼマで19得点。これに続く攻撃の選手が不足しており、CBのセルヒオ・ラモスが7ゴール(4ゴールがPK)で2位となっている。そのためアセンシオには得点力不足を解消する大きん役割が求められることになる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.05.15 07:45
マドリード通信
ジダン、アセンシオのCF起用を検討中
アセンシオ

ジダンが長期の怪我から復帰したアセンシオをCFに起用するプランを検討しているとスペイン紙ASが伝えている。

アセンシオはコロナウイルスの影響で中断していたチーム練習再開後、3日間のトレーニングに問題なく参加しているだけでなく、そのコンディションの良さでコーチ陣を驚かせている。

そのためジダンはベンゼマのバックアップや怪我のオプションとして、CF起用を考えているという。またヨヴィッチが全治2~3ヶ月の怪我を負ったこと、マリアーノがほとんど戦力に含まれていないことも理由に挙げている。

アセンシオはジダン指揮の下、これまで得点面で素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。2016/17シーズンは出場時間がチーム内で17番目だったにもかかわらず10ゴールを決め、チームの得点ランキング6位だった。そして2017/18シーズンは出場時間13番目の中で11ゴールを記録し、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、ベンゼマに次ぐ4位につけていた。

アセンシオのベストポジションが右ウイングなのは間違いないが、CFとしても機能すると見られている。レアル・マドリードで過去に1度だけ“偽の9番”としてプレーしたことがあった。それはロペテギ指揮下の2018/19シーズンのプレシーズンのことで、ユベントス戦で2ゴールを決め申し分ない出来だった。

またロペテギはスペイン代表監督時代にもアセンシオをベルナベウで行われたイタリア戦に“偽の9番”として起用した。チームが3-0で大勝した中、アセンシオは大活躍を見せていた。

今シーズンのチーム得点王はベンゼマで19得点。これに続く攻撃の選手が不足しており、CBのセルヒオ・ラモスが7ゴール(4ゴールがPK)で2位となっている。そのためアセンシオには得点力不足を解消する大きん役割が求められることになる。

  • LINEで送る