Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.04.24 07:08
マドリード通信
レアル・マドリード史上最も重要な10の瞬間 ディ・ステファノ入団、ペレス会長就任、CL3連覇…
フロレンティーノ・ペレス

スペイン紙MARCA23日、レアル・マドリード史上、最も重要な10の瞬間を次のように伝えている。

1番目はクラブ誕生の時代。レアル・マドリード創設は1902年3月6日。それから118年が経過し、世界最高のクラブに君臨し続けている。

2番目はサンティアゴ・ベルナベウ会長就任。ホームスタジアムの名前にもなっているベルナベウは選手としてプレーした後、1943年から1978年まで長きに渡り会長職を務め、数々のタイトルを獲得してレアル・マドリードを欧州一のクラブにまで押し上げた。

3番目はディ・ステファノ入団。1953年からレアル・マドリードのユニフォームを纏い、チャンピオンズカップ5連覇の中心選手となった。

4番目は最初6回のチャンピオンズカップ優勝。ディ・ステファノ、ヘント、コパ、プスカシュなどにより、1955年のチャンピオンズカップ創設から5連覇を達成。そして1966年にアマンシオ、ベラスケス、ピッリなどで6回目の優勝を成し遂げた。

5番目はキンタ・デル・ブイトレ。ブトラゲーニョを筆頭とした“ハゲワシ部隊”は1980年代、ミチェル、マルティン・バスケス、サンチス、パルデサとともにリーガ5連覇を達成した。

6番目はチャンピオンズリーグ7~9回目の優勝。ブトラゲーニョが去った後、ラウールが頭角を現し、1998年に32年ぶりとなる7回目の欧州制覇を果たした。そして2年後の2000年に8回目、さらに2年後の2002年、ジダンやフィーゴを擁し9回目の優勝を成し遂げている。

7番目はガラクティコ。2000年のフロレンティーノ・ペレス会長就任後、莫大な資金を費やしてフィーゴ、ジダン、ロナウド、ベッカム、オーウェンを立て続けに獲得し、ガラクティコを形成してサッカー界を席巻した。

8番目はクリスティアーノ・ロナウド入団。2009年夏、フロレンティーノ・ペレスが会長復帰を果たしクリスティアーノ・ロナウドを当時の移籍金最高額で獲得した。その後の活躍は誰もが知るところで、クラブ史上の最多得点となる公式戦438試合451得点と1試合平均1ゴール以上を記録し、4度のチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。

9番目はデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ制覇)。2002年を最後に長きに渡りヨーロッパで成功を収められていなかったレアル・マドリードは2014年、同じ街のライバル、アトレティコ・マドリード相手にセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、マルセロなどの活躍により12年ぶりの優勝を果たした。

10番目はチャンピオンズリーグ3連覇。ジダン監督の下、クリスティアーノ・ロナウド、ラモス、ベイル、モドリッチなどを擁するチームは2016年に再びアトレティコ・マドリードを破ると、2017年にユベントス、2018年にリバプールを倒し、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.04.24 07:08
マドリード通信
レアル・マドリード史上最も重要な10の瞬間 ディ・ステファノ入団、ペレス会長就任、CL3連覇…
フロレンティーノ・ペレス

スペイン紙MARCA23日、レアル・マドリード史上、最も重要な10の瞬間を次のように伝えている。

1番目はクラブ誕生の時代。レアル・マドリード創設は1902年3月6日。それから118年が経過し、世界最高のクラブに君臨し続けている。

2番目はサンティアゴ・ベルナベウ会長就任。ホームスタジアムの名前にもなっているベルナベウは選手としてプレーした後、1943年から1978年まで長きに渡り会長職を務め、数々のタイトルを獲得してレアル・マドリードを欧州一のクラブにまで押し上げた。

3番目はディ・ステファノ入団。1953年からレアル・マドリードのユニフォームを纏い、チャンピオンズカップ5連覇の中心選手となった。

4番目は最初6回のチャンピオンズカップ優勝。ディ・ステファノ、ヘント、コパ、プスカシュなどにより、1955年のチャンピオンズカップ創設から5連覇を達成。そして1966年にアマンシオ、ベラスケス、ピッリなどで6回目の優勝を成し遂げた。

5番目はキンタ・デル・ブイトレ。ブトラゲーニョを筆頭とした“ハゲワシ部隊”は1980年代、ミチェル、マルティン・バスケス、サンチス、パルデサとともにリーガ5連覇を達成した。

6番目はチャンピオンズリーグ7~9回目の優勝。ブトラゲーニョが去った後、ラウールが頭角を現し、1998年に32年ぶりとなる7回目の欧州制覇を果たした。そして2年後の2000年に8回目、さらに2年後の2002年、ジダンやフィーゴを擁し9回目の優勝を成し遂げている。

7番目はガラクティコ。2000年のフロレンティーノ・ペレス会長就任後、莫大な資金を費やしてフィーゴ、ジダン、ロナウド、ベッカム、オーウェンを立て続けに獲得し、ガラクティコを形成してサッカー界を席巻した。

8番目はクリスティアーノ・ロナウド入団。2009年夏、フロレンティーノ・ペレスが会長復帰を果たしクリスティアーノ・ロナウドを当時の移籍金最高額で獲得した。その後の活躍は誰もが知るところで、クラブ史上の最多得点となる公式戦438試合451得点と1試合平均1ゴール以上を記録し、4度のチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。

9番目はデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ制覇)。2002年を最後に長きに渡りヨーロッパで成功を収められていなかったレアル・マドリードは2014年、同じ街のライバル、アトレティコ・マドリード相手にセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、マルセロなどの活躍により12年ぶりの優勝を果たした。

10番目はチャンピオンズリーグ3連覇。ジダン監督の下、クリスティアーノ・ロナウド、ラモス、ベイル、モドリッチなどを擁するチームは2016年に再びアトレティコ・マドリードを破ると、2017年にユベントス、2018年にリバプールを倒し、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.04.24 07:08
マドリード通信
レアル・マドリード史上最も重要な10の瞬間 ディ・ステファノ入団、ペレス会長就任、CL3連覇…
フロレンティーノ・ペレス

スペイン紙MARCA23日、レアル・マドリード史上、最も重要な10の瞬間を次のように伝えている。

1番目はクラブ誕生の時代。レアル・マドリード創設は1902年3月6日。それから118年が経過し、世界最高のクラブに君臨し続けている。

2番目はサンティアゴ・ベルナベウ会長就任。ホームスタジアムの名前にもなっているベルナベウは選手としてプレーした後、1943年から1978年まで長きに渡り会長職を務め、数々のタイトルを獲得してレアル・マドリードを欧州一のクラブにまで押し上げた。

3番目はディ・ステファノ入団。1953年からレアル・マドリードのユニフォームを纏い、チャンピオンズカップ5連覇の中心選手となった。

4番目は最初6回のチャンピオンズカップ優勝。ディ・ステファノ、ヘント、コパ、プスカシュなどにより、1955年のチャンピオンズカップ創設から5連覇を達成。そして1966年にアマンシオ、ベラスケス、ピッリなどで6回目の優勝を成し遂げた。

5番目はキンタ・デル・ブイトレ。ブトラゲーニョを筆頭とした“ハゲワシ部隊”は1980年代、ミチェル、マルティン・バスケス、サンチス、パルデサとともにリーガ5連覇を達成した。

6番目はチャンピオンズリーグ7~9回目の優勝。ブトラゲーニョが去った後、ラウールが頭角を現し、1998年に32年ぶりとなる7回目の欧州制覇を果たした。そして2年後の2000年に8回目、さらに2年後の2002年、ジダンやフィーゴを擁し9回目の優勝を成し遂げている。

7番目はガラクティコ。2000年のフロレンティーノ・ペレス会長就任後、莫大な資金を費やしてフィーゴ、ジダン、ロナウド、ベッカム、オーウェンを立て続けに獲得し、ガラクティコを形成してサッカー界を席巻した。

8番目はクリスティアーノ・ロナウド入団。2009年夏、フロレンティーノ・ペレスが会長復帰を果たしクリスティアーノ・ロナウドを当時の移籍金最高額で獲得した。その後の活躍は誰もが知るところで、クラブ史上の最多得点となる公式戦438試合451得点と1試合平均1ゴール以上を記録し、4度のチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。

9番目はデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ制覇)。2002年を最後に長きに渡りヨーロッパで成功を収められていなかったレアル・マドリードは2014年、同じ街のライバル、アトレティコ・マドリード相手にセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル、マルセロなどの活躍により12年ぶりの優勝を果たした。

10番目はチャンピオンズリーグ3連覇。ジダン監督の下、クリスティアーノ・ロナウド、ラモス、ベイル、モドリッチなどを擁するチームは2016年に再びアトレティコ・マドリードを破ると、2017年にユベントス、2018年にリバプールを倒し、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。

  • LINEで送る