Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.03.25 07:09
マドリード通信
シーズン再開後の鍵を握る男バルベルデ
バルベルデ

コロナウイルスの影響により自宅待機が続くレアル・マドリードはシーズンを再開させた場合、マンチェスター・シティ相手のチャンピオンズリーグ、バルセロナ相手のリーガという2つの難しい戦いに直面することになる。

そんな中、重要視されるのはバルベルデの存在だろう。今シーズンの公式戦、バルベルデがスタメン出場した23試合中、敗れたのはわずか2敗、敗北率は8%と低い。一方、スタメン入りしなかったチームの敗北数は16試合で4敗、敗北率25%と高くなっており、数字が全てを物語っているのである。

さらにバルベルデがピッチにいた時、マドリーの成績は2.21得点0.73失点であるのに対し、ピッチにいない時は1.31得点1.37失点と非常に悪くなっている。

マドリーにとって自宅待機前、最後の試合となったベティス戦、ジダンはバルベルデをベンチに置き、モドリッチ、カゼミーロ、クロースというチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたクラシックな中盤3枚で臨んだが2-1で敗れた。モドリッチとクロースのパフォーマンスはいいものではなく、チーム自体が今季最低の烙印を押されたのである。

そのためこのベティス戦はバルベルデがカゼミーロと中盤を形成する必要があることが浮き彫りになっただけでなく、その重要性を再認識させるに十分な試合となっている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.03.25 07:09
マドリード通信
シーズン再開後の鍵を握る男バルベルデ
バルベルデ

コロナウイルスの影響により自宅待機が続くレアル・マドリードはシーズンを再開させた場合、マンチェスター・シティ相手のチャンピオンズリーグ、バルセロナ相手のリーガという2つの難しい戦いに直面することになる。

そんな中、重要視されるのはバルベルデの存在だろう。今シーズンの公式戦、バルベルデがスタメン出場した23試合中、敗れたのはわずか2敗、敗北率は8%と低い。一方、スタメン入りしなかったチームの敗北数は16試合で4敗、敗北率25%と高くなっており、数字が全てを物語っているのである。

さらにバルベルデがピッチにいた時、マドリーの成績は2.21得点0.73失点であるのに対し、ピッチにいない時は1.31得点1.37失点と非常に悪くなっている。

マドリーにとって自宅待機前、最後の試合となったベティス戦、ジダンはバルベルデをベンチに置き、モドリッチ、カゼミーロ、クロースというチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたクラシックな中盤3枚で臨んだが2-1で敗れた。モドリッチとクロースのパフォーマンスはいいものではなく、チーム自体が今季最低の烙印を押されたのである。

そのためこのベティス戦はバルベルデがカゼミーロと中盤を形成する必要があることが浮き彫りになっただけでなく、その重要性を再認識させるに十分な試合となっている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.03.25 07:09
マドリード通信
シーズン再開後の鍵を握る男バルベルデ
バルベルデ

コロナウイルスの影響により自宅待機が続くレアル・マドリードはシーズンを再開させた場合、マンチェスター・シティ相手のチャンピオンズリーグ、バルセロナ相手のリーガという2つの難しい戦いに直面することになる。

そんな中、重要視されるのはバルベルデの存在だろう。今シーズンの公式戦、バルベルデがスタメン出場した23試合中、敗れたのはわずか2敗、敗北率は8%と低い。一方、スタメン入りしなかったチームの敗北数は16試合で4敗、敗北率25%と高くなっており、数字が全てを物語っているのである。

さらにバルベルデがピッチにいた時、マドリーの成績は2.21得点0.73失点であるのに対し、ピッチにいない時は1.31得点1.37失点と非常に悪くなっている。

マドリーにとって自宅待機前、最後の試合となったベティス戦、ジダンはバルベルデをベンチに置き、モドリッチ、カゼミーロ、クロースというチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたクラシックな中盤3枚で臨んだが2-1で敗れた。モドリッチとクロースのパフォーマンスはいいものではなく、チーム自体が今季最低の烙印を押されたのである。

そのためこのベティス戦はバルベルデがカゼミーロと中盤を形成する必要があることが浮き彫りになっただけでなく、その重要性を再認識させるに十分な試合となっている。

  • LINEで送る