Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.03.20 09:04
マドリード通信
ヨヴィッチ:「もし誰かを危険にさらしたなら謝罪したい…」
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが19日、スペイン各紙をネガティブなことで賑わしている。その理由は新型コロナウイルスの影響によるレアル・マドリードでの2週間の自宅待機中、クラブの許可をもらい母国セルビアの首都ベオグラードに帰ったものの、薬局に行ったことなどが同国の隔離措置違反とみなされ警察当局に告発されたためである。

なぜならセルビアでは現在、スペインやイタリアのように、新型コロナウイルスが感染拡大している国々から戻った人々に対し、検疫を受け、14日~28日間の自宅での隔離措置を義務づけているためである。またヨヴィッチがガールフレンドの誕生日パーティーに参加したとことも伝えられていた。

ヨヴィッチは現在報じられていることについて、自身のインスタグラムで次のように経緯を説明している。

最初に「世界中や僕たちの国の状況が非常に困難であり、長らく記憶にないような事態であることを考慮すると、僕は自分の意見を述べ、皆を励まさなければいけない。僕がここ数日間メイントピックスになっていること、そして、この危機と戦っている主役である医師や医療機関で働く全ての人々についてではなく、僕について書かれていることを残念に思う」と綴った。

そして「僕はマドリードで新型コロナウイルスの検査を受け陰性だったんだ。そのためクラブの許可をもらい、家族の側にいることに加えて、自分の人々を助けるため、セルビアに行くことを決めたんだよ。そしてセルビアに着いた時にも検査を受け陰性だった。一部の人々がプロフェッショナルとしての仕事をせず、僕に隔離中どのように振る舞うべきか、具体的な指示を与えてくれなかったことがとても残念だ」とセルビアで遵守すべきことが教えられていなかったことを強調した。

「スペインでは、ここ(セルビア)ではできない買い物に行くことや、薬局で製品を購入することが認められている。もし僕が何らかの形で誰かを傷つけたり、危険にさらしたなら皆に謝罪したい。僕たちが一緒になり、これら全ての状況を乗り越えられることを願っている。僕の全てのサポート、セルビア、僕たち全員一緒になり、この状況から脱出するつもりだ」と締めくくっている。

ヨヴィッチには今後、セルビア警察当局により、何らかの処分が下る可能性もあるという。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.03.20 09:04
マドリード通信
ヨヴィッチ:「もし誰かを危険にさらしたなら謝罪したい…」
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが19日、スペイン各紙をネガティブなことで賑わしている。その理由は新型コロナウイルスの影響によるレアル・マドリードでの2週間の自宅待機中、クラブの許可をもらい母国セルビアの首都ベオグラードに帰ったものの、薬局に行ったことなどが同国の隔離措置違反とみなされ警察当局に告発されたためである。

なぜならセルビアでは現在、スペインやイタリアのように、新型コロナウイルスが感染拡大している国々から戻った人々に対し、検疫を受け、14日~28日間の自宅での隔離措置を義務づけているためである。またヨヴィッチがガールフレンドの誕生日パーティーに参加したとことも伝えられていた。

ヨヴィッチは現在報じられていることについて、自身のインスタグラムで次のように経緯を説明している。

最初に「世界中や僕たちの国の状況が非常に困難であり、長らく記憶にないような事態であることを考慮すると、僕は自分の意見を述べ、皆を励まさなければいけない。僕がここ数日間メイントピックスになっていること、そして、この危機と戦っている主役である医師や医療機関で働く全ての人々についてではなく、僕について書かれていることを残念に思う」と綴った。

そして「僕はマドリードで新型コロナウイルスの検査を受け陰性だったんだ。そのためクラブの許可をもらい、家族の側にいることに加えて、自分の人々を助けるため、セルビアに行くことを決めたんだよ。そしてセルビアに着いた時にも検査を受け陰性だった。一部の人々がプロフェッショナルとしての仕事をせず、僕に隔離中どのように振る舞うべきか、具体的な指示を与えてくれなかったことがとても残念だ」とセルビアで遵守すべきことが教えられていなかったことを強調した。

「スペインでは、ここ(セルビア)ではできない買い物に行くことや、薬局で製品を購入することが認められている。もし僕が何らかの形で誰かを傷つけたり、危険にさらしたなら皆に謝罪したい。僕たちが一緒になり、これら全ての状況を乗り越えられることを願っている。僕の全てのサポート、セルビア、僕たち全員一緒になり、この状況から脱出するつもりだ」と締めくくっている。

ヨヴィッチには今後、セルビア警察当局により、何らかの処分が下る可能性もあるという。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.03.20 09:04
マドリード通信
ヨヴィッチ:「もし誰かを危険にさらしたなら謝罪したい…」
ヨヴィッチ

ヨヴィッチが19日、スペイン各紙をネガティブなことで賑わしている。その理由は新型コロナウイルスの影響によるレアル・マドリードでの2週間の自宅待機中、クラブの許可をもらい母国セルビアの首都ベオグラードに帰ったものの、薬局に行ったことなどが同国の隔離措置違反とみなされ警察当局に告発されたためである。

なぜならセルビアでは現在、スペインやイタリアのように、新型コロナウイルスが感染拡大している国々から戻った人々に対し、検疫を受け、14日~28日間の自宅での隔離措置を義務づけているためである。またヨヴィッチがガールフレンドの誕生日パーティーに参加したとことも伝えられていた。

ヨヴィッチは現在報じられていることについて、自身のインスタグラムで次のように経緯を説明している。

最初に「世界中や僕たちの国の状況が非常に困難であり、長らく記憶にないような事態であることを考慮すると、僕は自分の意見を述べ、皆を励まさなければいけない。僕がここ数日間メイントピックスになっていること、そして、この危機と戦っている主役である医師や医療機関で働く全ての人々についてではなく、僕について書かれていることを残念に思う」と綴った。

そして「僕はマドリードで新型コロナウイルスの検査を受け陰性だったんだ。そのためクラブの許可をもらい、家族の側にいることに加えて、自分の人々を助けるため、セルビアに行くことを決めたんだよ。そしてセルビアに着いた時にも検査を受け陰性だった。一部の人々がプロフェッショナルとしての仕事をせず、僕に隔離中どのように振る舞うべきか、具体的な指示を与えてくれなかったことがとても残念だ」とセルビアで遵守すべきことが教えられていなかったことを強調した。

「スペインでは、ここ(セルビア)ではできない買い物に行くことや、薬局で製品を購入することが認められている。もし僕が何らかの形で誰かを傷つけたり、危険にさらしたなら皆に謝罪したい。僕たちが一緒になり、これら全ての状況を乗り越えられることを願っている。僕の全てのサポート、セルビア、僕たち全員一緒になり、この状況から脱出するつもりだ」と締めくくっている。

ヨヴィッチには今後、セルビア警察当局により、何らかの処分が下る可能性もあるという。

  • LINEで送る