Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.02.20 06:43
マドリード通信
マルセロ出場の功罪 攻撃力の向上と守備力の著しい低下
マルセロ

ジダンは今現在、モドリッチやイスコ、ヴィニシウスなど、シーズン開幕時に調子の良くなかった選手たちのパフォーマンスを回復させている。その一方、マルセロは今シーズンのリーガわずか8試合にしか出場しておらず、今やメンディにポジションを奪われている。

マルセロのリーガ8試合の成績を見てみると、唯一の無失点試合は5-0の大勝を飾ったレガネス戦のみ。それ以外の7試合でマドリーは合計16失点、1試合平均2.3失点と守備面の成績が非常に悪いものになっている。

ジダンは2-2で引き分けた先週末のセルタ戦後の記者会見、先発起用したマルセロについて「彼の守備は良かった。君たちはデータを持ち出すが、我々は試合に出場した全員に満足しているし、全てのために戦い続けるつもりだ」と擁護したものの、守備面の悪さを数字が物語っている。

マルセロは今シーズンの公式戦1,256分出場し、チーム成績は36得点17失点。一方、マルセロ不在の試合時間は1,924分間、チーム成績は37得点13失点となっている。

チーム成績を比較すると数字面に大差はないが、マルセロの出場時間に大きな差が出ている。すなわち、マルセロを擁したマドリーは35分ごとに1得点、74分ごとに1失点、マルセロ不在時は52分ごとに1得点、148分ごとに1失点となっている。これらのデータは、マルセロが攻撃力を少し上げているのに対し、守備力を著しく低下させていることを表している。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.02.20 06:43
マドリード通信
マルセロ出場の功罪 攻撃力の向上と守備力の著しい低下
マルセロ

ジダンは今現在、モドリッチやイスコ、ヴィニシウスなど、シーズン開幕時に調子の良くなかった選手たちのパフォーマンスを回復させている。その一方、マルセロは今シーズンのリーガわずか8試合にしか出場しておらず、今やメンディにポジションを奪われている。

マルセロのリーガ8試合の成績を見てみると、唯一の無失点試合は5-0の大勝を飾ったレガネス戦のみ。それ以外の7試合でマドリーは合計16失点、1試合平均2.3失点と守備面の成績が非常に悪いものになっている。

ジダンは2-2で引き分けた先週末のセルタ戦後の記者会見、先発起用したマルセロについて「彼の守備は良かった。君たちはデータを持ち出すが、我々は試合に出場した全員に満足しているし、全てのために戦い続けるつもりだ」と擁護したものの、守備面の悪さを数字が物語っている。

マルセロは今シーズンの公式戦1,256分出場し、チーム成績は36得点17失点。一方、マルセロ不在の試合時間は1,924分間、チーム成績は37得点13失点となっている。

チーム成績を比較すると数字面に大差はないが、マルセロの出場時間に大きな差が出ている。すなわち、マルセロを擁したマドリーは35分ごとに1得点、74分ごとに1失点、マルセロ不在時は52分ごとに1得点、148分ごとに1失点となっている。これらのデータは、マルセロが攻撃力を少し上げているのに対し、守備力を著しく低下させていることを表している。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.02.20 06:43
マドリード通信
マルセロ出場の功罪 攻撃力の向上と守備力の著しい低下
マルセロ

ジダンは今現在、モドリッチやイスコ、ヴィニシウスなど、シーズン開幕時に調子の良くなかった選手たちのパフォーマンスを回復させている。その一方、マルセロは今シーズンのリーガわずか8試合にしか出場しておらず、今やメンディにポジションを奪われている。

マルセロのリーガ8試合の成績を見てみると、唯一の無失点試合は5-0の大勝を飾ったレガネス戦のみ。それ以外の7試合でマドリーは合計16失点、1試合平均2.3失点と守備面の成績が非常に悪いものになっている。

ジダンは2-2で引き分けた先週末のセルタ戦後の記者会見、先発起用したマルセロについて「彼の守備は良かった。君たちはデータを持ち出すが、我々は試合に出場した全員に満足しているし、全てのために戦い続けるつもりだ」と擁護したものの、守備面の悪さを数字が物語っている。

マルセロは今シーズンの公式戦1,256分出場し、チーム成績は36得点17失点。一方、マルセロ不在の試合時間は1,924分間、チーム成績は37得点13失点となっている。

チーム成績を比較すると数字面に大差はないが、マルセロの出場時間に大きな差が出ている。すなわち、マルセロを擁したマドリーは35分ごとに1得点、74分ごとに1失点、マルセロ不在時は52分ごとに1得点、148分ごとに1失点となっている。これらのデータは、マルセロが攻撃力を少し上げているのに対し、守備力を著しく低下させていることを表している。

  • LINEで送る