Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.02.14 17:57
マドリード通信
クリスティアーノ・ロナウド退団後の鍵はゴールの分担
ベンゼマ

クリスティアーノ・ロナウド退団後、好調レアル・マドリードの鍵となるのは堅固な守備とゴールの分担である。一人に頼らず、チーム全体でゴールを決めていることが今シーズン成功の要因のひとつとなっている。

守備面はリーガ最少失点を誇るほど安定しており、得点面ではジダンが起用できるフィールド22選手中19選手が公式戦でゴールを記録している。一方、ライバルのバルセロナを見てみると、わずか14選手しかゴールを決めておらず、メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンの偏っている。

クリスティアーノ・ロナウドの役割を果たしているのはベンゼマ。18ゴールを決めチーム得点王になっている。チームの得点ランキング2位はロドリゴで7ゴール、3位はラモスで6ゴール、4位はモドリッチで5ゴール。

その他、カゼミーロ、クロースが4ゴールで5位、ヴァラン、ヴィニシウス、ベイル、ルーカス・バスケスが3ゴールで7位、ヨヴィッチ、イスコ、バルベルデ、ナチョが2ゴールで11位、カルバハル、マルセロ、ハメス、ブラヒム、アザールが1ゴールで15位となっている。

一方、ゴールを決めていないのはメンディ、ミリトン、マリアーノの3選手のみ(長期負傷のアセンシオとGKを除く)。前者2選手はDFで、FWのマリアーノは今季ジダンの戦力に入っておらず、スーペルコパ2試合、合計44分間プレーしただけである。

マドリーの今シーズンのリーグ戦総得点は44ゴール。これはフランストップのPSGの63ゴール、イングランドトップのリバプールの60ゴールと比べ、低い数字だが、高い守備力がそれを補っている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.02.14 17:57
マドリード通信
クリスティアーノ・ロナウド退団後の鍵はゴールの分担
ベンゼマ

クリスティアーノ・ロナウド退団後、好調レアル・マドリードの鍵となるのは堅固な守備とゴールの分担である。一人に頼らず、チーム全体でゴールを決めていることが今シーズン成功の要因のひとつとなっている。

守備面はリーガ最少失点を誇るほど安定しており、得点面ではジダンが起用できるフィールド22選手中19選手が公式戦でゴールを記録している。一方、ライバルのバルセロナを見てみると、わずか14選手しかゴールを決めておらず、メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンの偏っている。

クリスティアーノ・ロナウドの役割を果たしているのはベンゼマ。18ゴールを決めチーム得点王になっている。チームの得点ランキング2位はロドリゴで7ゴール、3位はラモスで6ゴール、4位はモドリッチで5ゴール。

その他、カゼミーロ、クロースが4ゴールで5位、ヴァラン、ヴィニシウス、ベイル、ルーカス・バスケスが3ゴールで7位、ヨヴィッチ、イスコ、バルベルデ、ナチョが2ゴールで11位、カルバハル、マルセロ、ハメス、ブラヒム、アザールが1ゴールで15位となっている。

一方、ゴールを決めていないのはメンディ、ミリトン、マリアーノの3選手のみ(長期負傷のアセンシオとGKを除く)。前者2選手はDFで、FWのマリアーノは今季ジダンの戦力に入っておらず、スーペルコパ2試合、合計44分間プレーしただけである。

マドリーの今シーズンのリーグ戦総得点は44ゴール。これはフランストップのPSGの63ゴール、イングランドトップのリバプールの60ゴールと比べ、低い数字だが、高い守備力がそれを補っている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.02.14 17:57
マドリード通信
クリスティアーノ・ロナウド退団後の鍵はゴールの分担
ベンゼマ

クリスティアーノ・ロナウド退団後、好調レアル・マドリードの鍵となるのは堅固な守備とゴールの分担である。一人に頼らず、チーム全体でゴールを決めていることが今シーズン成功の要因のひとつとなっている。

守備面はリーガ最少失点を誇るほど安定しており、得点面ではジダンが起用できるフィールド22選手中19選手が公式戦でゴールを記録している。一方、ライバルのバルセロナを見てみると、わずか14選手しかゴールを決めておらず、メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンの偏っている。

クリスティアーノ・ロナウドの役割を果たしているのはベンゼマ。18ゴールを決めチーム得点王になっている。チームの得点ランキング2位はロドリゴで7ゴール、3位はラモスで6ゴール、4位はモドリッチで5ゴール。

その他、カゼミーロ、クロースが4ゴールで5位、ヴァラン、ヴィニシウス、ベイル、ルーカス・バスケスが3ゴールで7位、ヨヴィッチ、イスコ、バルベルデ、ナチョが2ゴールで11位、カルバハル、マルセロ、ハメス、ブラヒム、アザールが1ゴールで15位となっている。

一方、ゴールを決めていないのはメンディ、ミリトン、マリアーノの3選手のみ(長期負傷のアセンシオとGKを除く)。前者2選手はDFで、FWのマリアーノは今季ジダンの戦力に入っておらず、スーペルコパ2試合、合計44分間プレーしただけである。

マドリーの今シーズンのリーグ戦総得点は44ゴール。これはフランストップのPSGの63ゴール、イングランドトップのリバプールの60ゴールと比べ、低い数字だが、高い守備力がそれを補っている。

  • LINEで送る