Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.02.13 18:49
マドリード通信
ジダンのスタメンDF陣、今季の失点はわずか4ゴール
クルトゥワ

今現在、ジダンの守備陣のスタメンは、クルトワ、カルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディになっているが、攻撃陣の得点力不足をしっかりと補っていることを数字が証明している。

この5選手が揃ってピッチにいた時間はこれまで、公式戦1,041分間となっているが、その間の許した失点はわずか4ゴール。260.25分に1失点、約3試合に1失点と非常に低いものになっており、まさに鉄壁の守備を構築していると言えるだろう。

これまで公式戦12試合を戦っているが、失点したのはリーガのビジャレアル戦(2失点)、レアル・ソシエダ戦(1失点)、オサスナ戦(1失点)の3試合のみ。それ以外、リーガのセビージャ、ベティス、エイバル、エスパニョール、バルセロナ、アトレティコ、CLのガラタサライ、スーペルコパのバレンシア、アトレティコ戦の9試合を無失点に抑えている。

一方、5選手が揃ってピッチにいなかった時間は2,049分間。その間の失点数は24、85.375分に1失点と非常に成績が悪い。その中で最多は国王杯のレアル・ソシエダ戦の4失点だった。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.02.13 18:49
マドリード通信
ジダンのスタメンDF陣、今季の失点はわずか4ゴール
クルトゥワ

今現在、ジダンの守備陣のスタメンは、クルトワ、カルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディになっているが、攻撃陣の得点力不足をしっかりと補っていることを数字が証明している。

この5選手が揃ってピッチにいた時間はこれまで、公式戦1,041分間となっているが、その間の許した失点はわずか4ゴール。260.25分に1失点、約3試合に1失点と非常に低いものになっており、まさに鉄壁の守備を構築していると言えるだろう。

これまで公式戦12試合を戦っているが、失点したのはリーガのビジャレアル戦(2失点)、レアル・ソシエダ戦(1失点)、オサスナ戦(1失点)の3試合のみ。それ以外、リーガのセビージャ、ベティス、エイバル、エスパニョール、バルセロナ、アトレティコ、CLのガラタサライ、スーペルコパのバレンシア、アトレティコ戦の9試合を無失点に抑えている。

一方、5選手が揃ってピッチにいなかった時間は2,049分間。その間の失点数は24、85.375分に1失点と非常に成績が悪い。その中で最多は国王杯のレアル・ソシエダ戦の4失点だった。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.02.13 18:49
マドリード通信
ジダンのスタメンDF陣、今季の失点はわずか4ゴール
クルトゥワ

今現在、ジダンの守備陣のスタメンは、クルトワ、カルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディになっているが、攻撃陣の得点力不足をしっかりと補っていることを数字が証明している。

この5選手が揃ってピッチにいた時間はこれまで、公式戦1,041分間となっているが、その間の許した失点はわずか4ゴール。260.25分に1失点、約3試合に1失点と非常に低いものになっており、まさに鉄壁の守備を構築していると言えるだろう。

これまで公式戦12試合を戦っているが、失点したのはリーガのビジャレアル戦(2失点)、レアル・ソシエダ戦(1失点)、オサスナ戦(1失点)の3試合のみ。それ以外、リーガのセビージャ、ベティス、エイバル、エスパニョール、バルセロナ、アトレティコ、CLのガラタサライ、スーペルコパのバレンシア、アトレティコ戦の9試合を無失点に抑えている。

一方、5選手が揃ってピッチにいなかった時間は2,049分間。その間の失点数は24、85.375分に1失点と非常に成績が悪い。その中で最多は国王杯のレアル・ソシエダ戦の4失点だった。

  • LINEで送る