Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.02.12 08:22
マドリード通信
アザール、セルタ戦でついに戦列復帰へ
アザール

アザールの復帰時期が決定したとスペイン紙MARCAが伝えている。その日付は2月16日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるリーガ第24節セルタ戦。

昨年11月26日にホームで行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦での足首の負傷後、約2ヶ月のリハビリを経て、1月30日より全体練習に合流している。

しかしジダンは怪我再発のリスクを冒すことなく、リーガのマドリードダービー、国王杯のレアル・ソシエダ戦、リーガのオサスナ戦と招集メンバー入りを見送ってきたが、ついにセルタ戦で復帰すると見られている。これは全て2月26日に開催されるチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦マンチェスター・シティ戦を見越したものと考えられる。

そしてアザールが復帰した場合、ジダンがどのように戦うかで様々な推測が出ている。そんな中、MARCAがウェブ上で「アザール復帰で誰が最も被害を受けるか?」というアンケートを実施したところ、アザールと同じ4-3-3の左ウイングでプレーするヴィニシウスが55%と最も高かった。続いてベイルが28%、イスコが11%、ロドリゴが6%となっている(全回答約53,000人)。

またアザールのポジションについてのアンケートでは、イスコと一緒にプレーする4-5-1を望む声が一番多く36%となっていた(アザールが左サイドハーフ、イスコがトップ下)。

続いて左ウイングでプレーする4-3-3が29%、ベンゼマの下のセカンドトップでプレーする4-4-2が27%、イスコを外した4-5-1の左サイドでのプレーが8%となっている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.02.12 08:22
マドリード通信
アザール、セルタ戦でついに戦列復帰へ
アザール

アザールの復帰時期が決定したとスペイン紙MARCAが伝えている。その日付は2月16日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるリーガ第24節セルタ戦。

昨年11月26日にホームで行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦での足首の負傷後、約2ヶ月のリハビリを経て、1月30日より全体練習に合流している。

しかしジダンは怪我再発のリスクを冒すことなく、リーガのマドリードダービー、国王杯のレアル・ソシエダ戦、リーガのオサスナ戦と招集メンバー入りを見送ってきたが、ついにセルタ戦で復帰すると見られている。これは全て2月26日に開催されるチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦マンチェスター・シティ戦を見越したものと考えられる。

そしてアザールが復帰した場合、ジダンがどのように戦うかで様々な推測が出ている。そんな中、MARCAがウェブ上で「アザール復帰で誰が最も被害を受けるか?」というアンケートを実施したところ、アザールと同じ4-3-3の左ウイングでプレーするヴィニシウスが55%と最も高かった。続いてベイルが28%、イスコが11%、ロドリゴが6%となっている(全回答約53,000人)。

またアザールのポジションについてのアンケートでは、イスコと一緒にプレーする4-5-1を望む声が一番多く36%となっていた(アザールが左サイドハーフ、イスコがトップ下)。

続いて左ウイングでプレーする4-3-3が29%、ベンゼマの下のセカンドトップでプレーする4-4-2が27%、イスコを外した4-5-1の左サイドでのプレーが8%となっている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.02.12 08:22
マドリード通信
アザール、セルタ戦でついに戦列復帰へ
アザール

アザールの復帰時期が決定したとスペイン紙MARCAが伝えている。その日付は2月16日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるリーガ第24節セルタ戦。

昨年11月26日にホームで行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦での足首の負傷後、約2ヶ月のリハビリを経て、1月30日より全体練習に合流している。

しかしジダンは怪我再発のリスクを冒すことなく、リーガのマドリードダービー、国王杯のレアル・ソシエダ戦、リーガのオサスナ戦と招集メンバー入りを見送ってきたが、ついにセルタ戦で復帰すると見られている。これは全て2月26日に開催されるチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦マンチェスター・シティ戦を見越したものと考えられる。

そしてアザールが復帰した場合、ジダンがどのように戦うかで様々な推測が出ている。そんな中、MARCAがウェブ上で「アザール復帰で誰が最も被害を受けるか?」というアンケートを実施したところ、アザールと同じ4-3-3の左ウイングでプレーするヴィニシウスが55%と最も高かった。続いてベイルが28%、イスコが11%、ロドリゴが6%となっている(全回答約53,000人)。

またアザールのポジションについてのアンケートでは、イスコと一緒にプレーする4-5-1を望む声が一番多く36%となっていた(アザールが左サイドハーフ、イスコがトップ下)。

続いて左ウイングでプレーする4-3-3が29%、ベンゼマの下のセカンドトップでプレーする4-4-2が27%、イスコを外した4-5-1の左サイドでのプレーが8%となっている。

  • LINEで送る